新型プリウス2022発表・サイズ・スペック・発売日と価格納期はどうなるか

TOYOTAは2022年11月16日13時30分、新型「プリウス」を世界初公開。

シリーズパラレルハイブリッド車(HEV)は今冬、プラグインハイブリッド車(PHEV)は2023年春頃と少し時期を濁しているものの、私の事前のスクープ通りのスケジュールであり、現場の実態と日本市場向けには多少遅れる可能性も含ませている感じです。

ワールドプレミア時点で既に生産・納期の遅れを匂わせているので、購入検討中の方は早めにディーラーにContactを取りましょう。

遂にワールドプレミアだがしかし

新型プリウス、発売時期を少し濁しているものの、決まっていることが一つ。

付属のスマートキーが1つ、ということ(笑)

半導体不足での暫定的な対応ではあるものの、鬼気迫るものと言えばそうかも。

納期についてもかなり気になる部分でもあるので、その辺はブログの後半に掲載していきます。

新型プリウスの外観デザインのポイント

先進的なイメージを継承し大胆さを前面に出してきました。

思いの外、見た目的に平べったい感じでボディパネルのうねりも合わさってヌメッとした質感もあるかしら。

このフロントウィンドウの角度とボンネットとの繋がり、半端じゃない。

プリウスのフロントウィンドウの角度がスゴイ

フロント周りのアクの強さは未来的でもあり、若干威圧的、攻撃的にも見えます。

ただ、4代目プリウスの初期のようなやっちまった感は無い。

クリーンでシンプルなフロントはEVっぽい

全体的にシャープで直線・鋭角なラインが見えるからかもしえれません。

新型プリウスには遅れてPHEVモデルも登場する

運転席の低く構えている感じでけっこうスポーティな感じかも。

50系プリウスの初期型はエグいデザインで好みが相当分かれたものの、今回はそこまでの酷評とはならないかもしれませんね。

かなりクーペ的なシルエットではあるものの、意外にもリアの頭上スペースは確保されていそう。

逆に、フロントの頭上スペースがかなり厳しそうに見えます。

リアドアの取っ手、レバーはドアパネルになく、Cピラー・リアウィンドウに有ります。

見た目重視でリアドアの存在感を薄くする処理として良く用いられる手法で、トヨタ内で言うならC-HRっぽい感じですね。

新型プリウスのサイズ感・スペック

ワールドプレミアやオンラインライブ発表会では具体的な数値につい触れていませんが、
フルモデルチェンジ版新型プリウスの全長×全幅×全高は
4600 × 1780 × 1420~1430 mm と言われています。(報道関係者用資料には記載があるらしい?)

サイドからのシルエットはシャープさと滑らかさがある

旧型モデルとなった50系プリウスのサイズは全長 4,575 mm x 全幅 1,760 mm x 全高 1,470 mm
新型と比較するとワイド・ローなボディ全体の扁平なバランスの違いが際立ちます。

50プリウス後期

近いサイズ感の現行車種ではインプレッサスポーツのボディサイズで、全長が4460mm、全幅が1775mm、全高が1480mm とか。
Mazda3:全長4460mm、全幅1795mm、全高1440mmとかも、全長が少し短いけど、似ているかしら。

ガチニアピンだと、2000年代のDセグメント(全長4600前後×全幅1800前後とかのサイズ感のクラス)のCクラス・3シリーズ・A4などと近く、ドンピシャサイズはプジョー406セダンV6の4600mm×1780mm×1430mmですね。

やはりトヨタはプジョー追いなのか(笑) 

往年のプジョー406と言えばフランス映画のTaxi シリーズが有名ですね。

新型プリウスの外観の見所では19インチアルミホイールの存在感と、フェンダー周りの処理が注目ポイントです。

北米仕様・プロトタイププリウスHEVのフェンダーの処理

フェンダー周りの処理については以前のブログで仕向け地やグレード毎に全幅を変更するために変化を付けてくると予想してたものが的中、塗装済み黒のフェンダーでタイヤ周りを覆い、ややSUV的な処理を入れてきたとも言えそうです。

世界市場ではフェンダー周りの処理を変えて1800㎜のモデルとかも登場する可能性もあるのかもしれません。

https://caranddrive.net/2022111423586080-2/

廉価モデルでは未塗装樹脂のフェンダーとなるのか、ボディ同色カスタムが流行るかとか、GRやTRDでこの辺のフェンダー周りのカスタムの提案があるかも気になる所です。

新型プリウスのハイブリッドのスペック・価格・発売時期・納期など、か…詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ