BMW i4クーペボディで航続距離とサイズ最高速は?EV化で逆にM50がお安い価格とか

EVでもクーペ

BMW新型i4は2022年2月16日に日本発売。

ミドルクラスの4ドアクーペの新型BMW i4は、BMW4シリーズ グランクーペをベースにしたバッテリーで走行するEV:電気自動車です。

BMWはiX、ⅰXM60、ⅰX3とバッテリー積載スペースと乗員スペースの両立がしやすいSUVベースばかりだったEVに、BMWらしく、クーペモデルをラインナップ。

EVとして成立させるには、パフォーマンスだけでなく、バッテリーサイズと航続距離、乗員スペースに荷質容量などクリアしないといけません。

意地でもEVクーペ、4ドアでも5ドアであろうとも、走りのBMWはEVでも健在といった感じです。

i4のデザイン

i4基本的なスタイルはベース車と共通ですが、定番のキドニーグリルはエンジンが搭載されていないので冷却の必要が無く開口部は有りません。

冷却の必要はないのに、デカいキドニーグリルをつけちゃったりするのがBMW。

デザインとしてのアイコン。

そして、一応機能性もあるのかも。

スタンダードな3シリーズセダンに対しスポーティスタイルを強調した4シリーズグランクーペをベースにすることで、電動パワートレインによる高い走行性能でスポーツクーペをEVで成立させたいというのがコンセプトでしょう。

グランクーペにiXのカーブドディスプレイ

基本的にインテリアもベース車と比べ変化はわりませんが、メーターパネルとコントロールパネル一体型ディスプレイは、SAVタイプ BEVのiXに採用されているカーブドディスプレイと共通です。

第8世代のBMW iDriveが搭載され、12.3インチのデジタルメーターと14.9インチタッチ対応のインフォテインメントディスプレイを合わせたワイドスクリーンが装備されて未来風に。

左ハンドル 

ドアトリムやダッシュボードに淡い光で間接照明的なアンビエントライトが点いており、華やかさもある。

ドライバーを囲むような未来感溢れる装備は、EVの専売特許としてではなく、2シリーズや3シリーズの新世代のモデルから順次BMWの新しいアイコンとして備わっていっています。

ドライバーにむかってやや湾曲した液晶パネル、ブルーアクセントのホーンリングとシフトレバーなど、EV的な演出もされています。

めっちゃ近未来なスタイルを当たり前にしていく感じですね。

i4の居住性と荷室

フロアはベース車より25mm高いのですが、これは床下にバッテリーを搭載しているためで、リアシートに関しては大人2人でも十分にくつろげる空間が確保されています。

ベースとなる4シリーズもグランクーペモデルではリアシート、ラゲッジスペースの確保ができているので、その美点は引き継いでいると言えそうです。

従来であれば電気自動車で圧迫されて少なくなってしまうことが多いラゲッジスペースの容量については、バッテリーをフロア下に配置することで、通常時470Lの容量を有し、後部座席を収納することで最大1290Lの容量を実現しました。

また、使い勝手を上げる、電動大型テールゲートも採用されています。

バッテリーをフロア下に敷き詰めるのはもはやEVであれば当たり前の設計ではありますが、乗り心地の重厚感と低重心でコーナリング時の安定感などに寄与するなどメリットもあります。

デメリットは重量。メリットと相殺されるかどうかは、モーターのパワーとブレーキの味付け・性能、そして航続距離といったトータルでの性能になりますね。

パワーと0-100km /h加速

標準モデルのi4は1モーターのRWDですが、BMWのEV車で初めてのMモデルを冠することとなるM50は、フロントとリアにモーターを搭載した4WD仕様となります。

このシステムの出力は、ガソリンの方のMモデル群のハイスペックモデルであるM3・M5コンペティション510馬力を凌ぐほどで、M50は544馬力となかなかに振り切った設定のEVとなります。

544馬力で0−100加速は3.9秒程度、スーパーカーレベルの瞬足で、1000万円ちょっとだとしたら、お安い感じしませんか?実際は安くはないけれども、EVのパワーウォーズの中では、EV以外をひっくるめても、相対的にはお安い設定のようにも思います。

最高速は250㎞/h程度にリミッターで制限されるようで、そこまで加速すると電費も良くないですし、最高速を求めるよりも、加速フィールで駆け抜ける悦びを感じる車かも知れません。

新型i4の航続距離やパワー・加速などなど、詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ