新型X1試乗記、走りはどうなのか? インプレッション前編

FFのSUV


FFベースのSUV、それで果たしてBMWなのか?スポーティなセダンやクーペを愛好するBMWファンからすると謎に見える仕立てかもしれません。

BMW的な適度なスポーティさとアグレッシブなデザインを備え、ビーエムしている車、2015年末に日本導入となった新型X1について、Xdrive20i XLineモデルに試乗してきたのでまとめたいと思います。


以前に書いた記事、BMW X1 旧型モデルについての記事も参照ください。

X1のサイズ感


駐車場事情によっては旧型が良い場合もあるかもしれないと前記事にて記しましたが、

全長×全幅×全高=4455×1820×1610mmと、高さや幅で機械式駐車場の制限に引っかかる可能性があります。

FF化したことと、サイズが旧型よりも広く、高くなったことで、室内の快適性は大幅に向上しています。

リアシートのスペースに関しては上位モデルであるX3・X5よりも広くて快適なのではないか?と思わせるほどの足元と頭上の空間がある印象です。

これは2シリーズも同様で上位の3シリーズよりもリアシート周りは広く感じ、FFベースの方がリアの空間でいうと上位モデルよりも広い、というヒエラルキーの逆転が起きていると思います。

座り心地や乗り心地はまたクラスごとの差はありますが、静的には広さ関係は不満はないレベルになっていると思います。


新型X1にはFFで1.5リッターのS18i、Xdrive(4WD)の2リッターで馬力違いでXdrive20i/25iがラインナップされていて、数字が大きくなると性能も値段も上がります(笑)

この見た目でFF(笑)というのもありますが、実用上必要なければFFでも十分な性能と走り、BMWについて語られる時によくFR信奉論が出てくるようですが、FFかFRかなんて大きな問題じゃないと言ってもいいと思います。

エンジンの性能と乗り心地と

2リッターのターボはふけ上がりや回転感がシューンと突き抜けて滑らかですがチューニングカーといった趣ではなく、必要以上にスポーツカーみたいに走る背高グルマほどではないですが、乗り心地はやや硬めです。

オプションやグレードによってタイヤサイズが異なるので、マイルドなのを求めるなら17インチのモデルを、スポーティなのを求めるなら18インチ、見た目の迫力なら19インチ以上、といったところです。

3種類のドライビングモードのセレクトができて、ECO PROやコンフォートモードなども乗り心地を含めて自然で、スポーツモードは演出過剰な印象で、アクセルのオンオフでギクシャクするかもしれません。

カタログ燃費は14~15くらいですが、試乗車のオンボードコンピュータの燃費は8~9Km/Lといったところで、街乗りだと伸びないのは仕方ない感じですね。


見た目と内装のテイストとして、クロスオーバーモデルの風味を強く出したXline「エックスライン」が一押しだそうです。

価格帯は385万円~591万円+オプション代金、個人的にはアクティブ・クルーズ・コントロール(停止・発信制御機能付)とヘッドアップディスプレイなどの先進安全装備をオススメしたいとことろです。

追突予防自動ブレーキは標準装備、それ以外のオプションは加飾過多に感じなくもないですね。

もちろん予算が許せば、敢えてBMW最小SUVを最高級の内外装に仕立てるということも可能ではあると思います。

ガソリンエンジンの性能に不満はありませんが、BMWのディーゼルエンジンはデキが良いと思うので、年内の導入されるかもしれないと言われている、ディーゼルモデルの追加設定に期待したいところです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です