デミオのディーゼルは欧州コンパクトを超えた!と言い切れるのか?

デミオ2014ディーゼルは良い

2014年秋にデビューして、高い質感と欧州車にも負けない走行性能、ハンドルやシート、アクセルペダルなどの人と車の接点を美しくつないだと思われるポジションのおさまりの良さ、などが好評を博し、人気車種となったマツダデミオ2014年以降の現行型。

年次改良と称し、毎年のようにめマイナーチェンジしてその商品力を高めているそうです。

その2016年・ディーゼルモデルに試乗しました。



サイズは全長x全幅x全高:4060x1695x1500mm

とコンパクトカーの平均的なサイズ、マーチやアクアなどと同じくらいのサイズで、ヨーロッパ車だとワーゲンポロや、フィアットパンダくらいのサイズ感といったところ。

クラスを感じさせないインテリア

中は広くなく、フィットやヴィッツには遠く及びません。

アクア、ポロ、と同じくらいの室内空間といった感じです。

小さな高級車を目指して、空間効率を売りにするより、走りやインテリアの質感の高さで勝負しています。



評判のマツダのディーゼルエンジン、静かで、そして加速感も非常に良いですね。

大人3人乗っての試乗でしたが、アクセルを踏み込んだ時の加速は素晴らしく、ドンッ!と押されたように感じるほど。持て余すくらい速いと感じます。コンパクトカーで随一の加速と言ってもいいでしょう。


1.5リッターディーゼルターボで105馬力・トルク:25.5kg-mカタログ燃費では26.4km/L街乗りでは18km/L前後です。

ハイブリッド車には及びませんが、軽油は燃料代が安いのと、ディーゼルは高速道路を走れば燃費はかなり期待できそうな性能に感じます。


ドラゴンボールで言うところのスカウターのような物に映し出す、ヘッドアップディスプレイなど、ドライバーのための装備や、衝突予防安全装備も最低限のものが装備されるなど、コンパクトカーとしての基本性能はすごく高いものと思います。

内装でレザーを選ぶとホワイトレザーも選べるなど、ビビるような仕立ても出来ます。

これで前車追従クルーズコントロールなどが備われば最高ですが、この分野はマツダ車はあまり得意でないのかあまり積極的で現時点ではアダプティブクルーズコントロールの設定はないようです。

欠点はロードノイズ 価格に対して狭いリアシート

200万円前後の価格設定ですが、かなり頑張っていて、ワーゲンポロやゴルフをライバルと言っていいようなヨーロピアンな車だと思います。

値引きは10~20万円くらいだそうで、人気車ではありますが生産が追い付かないということは無く、納期は1か月前後と標準的なようです。


欠点でいうと、ロードノイズがうるさくて50KM/h超えると一気に低級感が漂います。

タイヤの問題か、タイヤハウスの遮音材不足かと思われます。エンジンはそこまでやかましくないのでこれは改善すべきです。


後部座席やラゲッジはフィットなどとは較べるべくもないレベルで狭く、便利な車とは言い難い。ハイト系軽自動車にも負けるレベルで狭い印象です。

マツダコネクトとかいうナビが操作性が悪い、マツコネと略すそうですが、デキの悪いナビの代名詞にような使われ方をする口コミサイトも多いようですが、ソフトウェアのアップデートなどで今後多少は改善されるのかと思われます。改悪はされないことを祈りたい。

人車一体感を謳う割にはナビのインターフェースやインフォティテントの詰めが甘いように感じます。

シートやポジションのデキだけでなく、メルセデスのコマンドシステムのようなセンターコンソールやクライメートコントロールなどの操作性を学ぶべきです。


ライバルはヨーロッパ車だと言えるエンジンの性能や内装の頑張り具合ではありますが、快適性やナビ、自動ブレーキも作動条件的にスバルや外国車には性能では及ばず、と気になる点もあります。

しかし、総合的には欧州でも認められた日本車離れしたポテンシャルをもった車として、一度見てみても良い車だと思います。

アクアと決め打ちせずに、比較してみると面白いと思いますよ。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。