Bクラス VS 2シリーズアクティブツアラー どっちが良いと思う?

ガチンコ比較!Bクラと2シリAT

メルセデスベンツBクラスは


全長×全幅×全高は4,400×1,785×1,545mm


燃費16.7㎞


4気筒1.6リッターターボで


B180は313万円~



2シリーズアクティブツアラーは


全長×全幅×全高は4350×1800×1550mm


燃費16.8㎞


3気筒1.5リッターターボ136ps


218iは332万円~、218dディーゼルモデルが8AT、353万円(燃費や軽油でのサイクルコストは安いが価格が上昇)



この2車種、サイズもスペックもガチンコ対決しているんですね。

共に機械式駐車場対応を謳う

日本の立体駐車場やマンションの駐車場基準に適した全幅1800以下と全高1550以下になっているのもライバルとして合わせてきていると言えます。


この2モデルの成り立ちと構成は微妙に違い、コンパクトになったAクラスの新型に対して、旧型のAクラスからのフォルムとランクアップした広大な室内が売りのBクラスと、ブランニューモデルで新しいジャンルに切り込んできて、FFモデルで更に7人乗りのグランツアラーを控える2シリーズアクティブツアラー、と、下に兄弟がいるか、上に兄弟がいるか、の違いがあります。

メルセデスでの7人乗りワンボックスだとVクラスになって車格や価格帯が大幅に違い、棲み分けすることもあってBクラスの7人乗り版はありません。

対してBMWはプラス20~30万円で7人乗りバージョンが選べるということで、グランツアラーも人気が出てきているようです。

BMWは全般的に評判に良いディーゼル仕様の登場も人気を後押ししているみたいですね。



一つ二つ上のクラスと同じくらいのリアシートの広さや使いやすいラゲッジルームは共通した美点です。

Bクラスは二つ上のカテゴリ・セグメントののEクラスと同等のリアシートスペースを確保していると謳っていたと思います。

安全装備は上級車種並みで、オプションでさらに先進機能が付加できるのは両車とも共通です。

リアシートは同様に広いですが、高級感や着座間でBクラスの方が落ち着いた印象で優位に感じます。

高級感のメルセデスベンツ・スポーティなBMW


走りの性能はアクティブツアラーの方が軽快感があり(2シリーズアクティブツアラー試乗記参照)BクラスはAクラス同様に出だしが鈍い(Aクラス試乗記参照)ような印象です。


メルセデスベンツやBMWの高級なセグメントやグレードを選ぶ場合は、どちらかのブランドが好きであまり比較して買うわけではないかもしれませんが、300万円前後の車選びであれば、正直なところコスパの良い方が売れる、ということが起こり得るそうです。

輸入車は手が届かないと思っていた層にも魅力をPRしていくモデルたちだということで、Aクラス、Bクラス、2シリーズとCMや販売に力を入れているとのことで、甲乙つけがたいですね。

イメージで行くと、高級感で自慢できるBクラス、カジュアル・スポーティで燃費が(ちょっと)良いBMWといったところでしょうか?


両車とも値引きはあまりなしというのは変わらず、売れ行きとしては2シリーズの方が好調なようですが、中古車価格で値落ちが少ないのはBクラス(中古の買い取りも若干2シリーズより高いのかも)という傾向もあるようです。

売る時に若干差がつくこともあるかもしれないので、乗り方、車との付き合い方、手放す時の参考になれば幸いです。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。




90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。