GLA250 試乗インプレッション SUVシリーズの末弟の実力はいかに?

適度な大きさのGLA

プラットフォームはAクラスと共通で、エンジンはGLCと共通、車の価値をクロスオーバーするコンパクトSUV、日本車を基準にすると横幅がある方ですが扱いに困らない大きさの車と言えます。


2014年に登場したメルセデスAクラス派生車種の一つGLAクラス。

コンパクトハッチのAクラス、トールプチバンのBクラス、セダンとワゴンになったCLAクラス、そしてSUVになったGLA、とモデルタイプを拡充してきて、その中でも一番のデキの良さと言えるかもしません。

サイズとスペック

試乗したのはGLA250 4MATICの通常グレード。

全長x全幅x全高:4455x1805x1505mmのAクラスより大型化したボディに、2リッターのターボモデルで4WD、7ATを組み合わせたモデルです。

全高が低めでSUVの割にはマンションなどの機械式駐車場び収まりそうではありますが、全幅が1805㎜と、5㎜オーバーする可能性があるので要チェックです。

実車で機械式駐車場に収まるか実証してみるのことも必要かもしれません。

グレード的には車高が1㎝ダウンするスポーツグレード、車高が3㎝アップするオフロードグレード、と通常グレードの3種展開。

GLA180も同様に車高による三種展開ですが、搭載エンジンが1.6リッターのターボのFFになります。

Aクラスより大きくなったボディの分が荷室と前後座席の頭上空間に割り当てられているとのことで、Aクラスでは最小限のスペースだったものが、そこそこの荷室とリアシートの開放感になっていると思います。

特にリアシートは足元のスペースはそこまで広くありませんが、頭や肩などの上部の空間のゆとりがAクラスより増しているように感じました。

1.6は非力2リッターがベター

以前にAクラスに試乗した際には正直なところ1.6リッターターボエンジンでは力不足のように感じ、車重も増えたGLAに1.6リッターの組み合わせは非力に感じる可能性がありますが、Aクラスの派生車種それぞれ年次改良で少しずつでも改善されているようなので、最新のメルセデスが最良と言えるかもしれません。

メルセデス自体が俊敏性をウリにしているわけではないと思いますが、BMWやアウディ、ワーゲンに比べて走りがかったるく感じる可能性があるので確認が必要です。今回試乗したGLA250に関しては、GLCに搭載している2リッターターボとスペックは同じで211psでトルク35.7kg-m、GLCよりサイズがコンパクトで車重が軽い分かなりパワフルに感じます。

乗り心地に関しては大らかなフラット感と言うより、スポーティさの方が印象に残りました。Aクラスよりか柔らかく、GLCより硬く、BMW X1と同じくらいかやや柔らかいか、レンジローバーイヴォークよりは柔らかく、と言った具合で乗り心地とスポーティさを程よくバランスしている印象です。

GLCとGLAで250であればエンジンは共通ですが、GLCは9速、GLAは7速のATとなり、燃費性能はあまり差がありません。

カタログ燃費はGLCで13.4㎞/L、GLAで14.0㎞/Lとなっています。

GLCはボディサイズがGLAに対して 全長+約20㎝ 全幅+約8㎝ 全高+約14㎝ とかなり大きくなっていて、+約200万円となっています。

コンパクトでスポーティでフレッシュなGLAか、ゆったりとしたラグジュアリーさでコンサバティブなGLCか、悩ましいところですね。

ちなみにインテリアはGLAはAクラスと共通、GLCはCクラスと共通ですが、インパネのセンターにipadのようなモニターを備えてエアコンの吹き出し口が円形でセンターに3つあるなどクラスを超えた共通イメージも垣間見えます。

高級感は価格相応に変化しますが、使い勝手や洗練された美しさは共通していると思います。

GLAの価格帯

GLAはエントリーグレードのFFモデルであればおよそ350万円~
2リッターターボの4WDで500万円~
GLCだと700万円~
となっていて、手軽さのあるFFモデルも魅力的です。

ただしエンジンのパワー感に不足があると思うので、ぜひ試乗して確かめて下さい。

バランスの良さではGLA250がオススメですが、4WDが必要かどうか、走りの質感をどこまで求めるかを見極めましょう。

自動ブレーキを含むレーダーセーフティパッケージなど先進安全装備は絶対につけましょう。

高速でも渋滞でも疲れにくいディストロニックプラス(前車追従クルーズコントロール)などもせっかくのメルセデスであれば装着をオススめします。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ