ETC2.0ってご存じですか? 

高速道路などの有料道路でのノンストップ自動料金支払いシステム、ETC(エレクトリックトールコレクション)は2001年に全国の高速道路で一般利用が開始されて、15年かけて累計5000万台を超えるほどの装着があるという、中々の普及を果たしたシステムです。高速道路などでのETC利用率は90%を超えるほどだそうです。
Sign_showing_lanes_with_ETC_system.jpg
表題のETC2.0(DSRC)と言うのは2009年ごろから誕生した第2世代のETCシステムで、道路上やサービスエリア、その他ITSスポットでの高速・大容量、双方向通信で、路車協調システムにおける各種情報のやり取りによって、、交通が特定の時間や場所に集中するのを減らしたり、事故を未然に防いだり、道路の劣化の緩和など、交通インフラにもプラスになるように活用できるとか。限られた道路ネットワークでも、より効率的に、長期的に使える「賢い使い方」ができるようにと、普及を進めているシステムだそうです。
ETC2.0の通信により、安全運転支援としては、落下物や合流注意地点、先の見えない急カーブなどを事前に図形や音声での注意喚起を行い、ドライブ中のヒヤリをなくす、予防安全としての効果や、渋滞回避支援としては、最大で1,000km分の道路交通情報が提供されるため、郊外から首都圏に入る時点で、首都圏全体の交通所要時間情報を受信して、ETC2.0連動カーナビゲーションであれば、遠回りでも空いているルートの早期の提起などおで最適なルート選択ができるようになりつつあるようです。災害発生と同時に災害発生状況と併せて、支援情報を提供するなど一応災害支援と言える機能もついているようです。
初期型ETCが5000万台ほど普及に対し、第2世代のETCの普及は100万台ほどだそうです。各種自動車メーカーでの新車装着とアフターパーツマーケットを中心に普及を図っているそうで、ここ最近新車を購入された方は車載器のチェックもしてみると良いかもしれません。これから車を購入される方は、おそらくETC2.0の車載器を勧められるか、メーカーやディーラーで着けるナビと連動するものを勧められと思うので販売員の方に聞いてみると良いと思います。ナビ連動でない安めのETCが選択肢に上ることもあるかもしれませんが、通信機能などで各種情報を多く受け入れれる状態で使うことは快適性と安全性にプラスに働くものなので、是非ETC2.0車載器でナビと連動するように設置しましょう!

ちなみに2輪車のETC普及率は10%台と低く、ETC2.0のようなナビ連動の情報を受けるなどは出来ないようで・・・2輪車ほど料金所の支払いでもたつくものもないと思うので、防水性や対振動性など技術面でハードルが高くて4輪ほど市場が大きくないとしても、国からの助成など、普及の後押しがあるといいんですけどね・・
ETCレーンを通行するときは20㎞/h以下で、
通信技術の向上などで、今後は通行速度が引き上げられることもあるもあるかもしれませんが、今のところは20㎞/h以下ですね。バーへの接触などはつまらないので、通過時の速度超過はダメですよ!


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です