チェーン義務化 でも案ずることはない?

2018年11月のニュースリリース

冬季積雪時のチェーン義務化!

日本列島に激震が走った国土交通省の報道は2018年11月のリリースでした。

いつから?と疑問思った方も多いですよね。

対象区間や規制の在り方などに先立って発表されただけあって今回のタイヤチェーン義務化(チェーン規制ではない)に関する報道で、仕事やプライベートで日常的に車を使う雪国の人にとっては、チェーンがないと通ってはいけない道が現れること、罰則が付されたことなどもあって大きな混乱を招いたのは記憶に新しいですね。

ちなみにチェーン規制=冬用タイヤ規制とは違います。冬用タイヤ(スタッドレスタイヤなど)またはタイヤチェーンなどの滑り止め装置を装着しないと走行できないのが冬用タイヤ規制です。チェーン義務化=チェーンが無いと(スタッドレスでも)特定の区間は走ってはダメという違いがあります。

規制が出た裏事情


1シーズン中に「大雪警報が出て、指定された高速道または国道の通行止」に出くわすことは決して多くない実情と、昨季の大雪立ち往生の報道が大きく報じられた影響を鑑みて、先行リリースされたのが実情です。

スタッドレスタイヤで動けなくなるような大雪で「タイヤチェーン着けたら走れるの?」という疑問が頭をよぎった雪国の方も多かったのではないでしょうか?

そういう実情をある程度反映して北海道地方は、今季の規制が見送られたという、本州とは異なる 雪 の事情が考慮されたケースもあるようです。


ちなみに対象となる時期は大雪特別警報や大雪に対する緊急発表が行われるような異例の降雪時平成29年度は大雪に対する緊急発表は3回あったようで、警報はなかったようです。

チェーン規制の対象となる場所・区間は勾配の大きい峠道でこれまでに大規模な立ち往生などが発生した区間を対象、従来であれば通行止めとなる状況においてタイヤチェーン装着車のみ通行を可能とするものという解釈です。

あくまで本来は全面通行止めが前提の場所と状況だけどもチェーンを付ければ許可をする、という着地点・見解です。

高速道路のチェーン規制が起きる可能性があるのは

現時点で、国土交通省と警察において調整しているチェーン規制区間・場所は全国13区間( 高速道路7区間・国道で6区間)

高速道路
・長野県信濃町ICから新潟県新井PA間の25km
・山梨県須玉ICと長坂IC間の9km
・長野県飯田山本ICと園原IC間の10km
・福井県丸岡ICと石川県加賀IC間18km
・滋賀県木之本ICと福井県今庄IC間の45km
・岡山県湯原ICと鳥取県江府IC間の34km
・島根県旭ICと広島県大朝IC間の27km

一般国道のチェーン規制が起きる可能性があるのは

国道
・国道112号線の山形県西川町志津から鶴岡市上名川の27km
・国道138号線の山梨県山中湖村平野から静岡県小山町須走字御登口の9km
・国道7号線の新潟県村上市の大須戸から上大鳥の16km
・国道8号線の福井県あわら市熊坂から笹岡の4km
・国道54号線の広島県三次市布野町上布野から島根県飯南町上赤名の12km
・国道56号線の愛媛県西予市宇和町から大洲市松尾の7km

そして罰則も用意され、6か月以下の懲役または30万円以下の科料(罰金)が課されることになっています。


しかし、ご安心ください。


対象の区間は全国でもかなり限定されていて、比較的都市部は対象外となっています。

県をまたぐ山間部などが多い印象です。長野・新潟や広島・島根にお住まいであるからと言って絶対にチェーンが必要、とも言い切れません。対象の道路を通るかどうかでその必要性が決まります。

毎日のように通るのであれば天候の変化で緊急に必要となる可能性もあるので必需品となるかもしれませんね。

カーショップに相談を


オートバックスやイエローハットなどのカー用品店の店員さんであればこういった国土交通省発表の情報を正確に把握して整理してくれているので、お住いの地域や活動範囲に対象のエリアがあるかを相談してチェーンの必要性を考慮すればいいと思います。

個人的には通常の雪道に関してはスタッドレスで十分だと思います。


お住いの地域によっては積雪が年に数回などのケースではオールシーズンタイヤでも十分かとも思います。

かなりサマータイヤ寄りの雪道も走れないこともないタイヤみたいなイメージです。

M+S(マッドプラススノー)などと表記されいることもあり、純正で装着されていることもあるのでご自身のタイヤをチェックしてみましょう。


ただチェーンを履いた時の走破性の向上もあるので、必要に応じて購入を検討するといいと思います。


チェーンを装着すると30㎞/h以上出したりはできなくなりますが、圧雪路や凍結路などでもFFでもFRでもそこそこ走れるようになります。

セダンにサマータイヤでチェーンの組合せで場所によってはスキー場なども行けないこともないです。あまりオススメはしませんが・・スタッドレスに更に深い雪などからの脱出用に緊急用にチェーンが最高だとは思います。

一度でも使うことがあるなら、その一度で事故を起こしたり、立ち往生したりで悲しい思いをしないためにも携行しておいてもいいでしょう。


ただ、スタッドレスやオールシーズンタイヤの購入の方がいろんな面でメリットが大きいと思いますけども。

今後も各年の状況などを踏まえて規制となる場所や規制の在り方など、国土交通省からの通達・発表が行われる可能性があります。

いつから、そしてどこで?罰則は?など情報のアンテナは高く張っておかないといけませんね!


スタッドレス要らず!? オールシーズンタイヤのススメ!


過去記事も参考になればと思います!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ