ベーシックカーにトコットで事足りるか?インプレ!

無印良品的なシンプルなのにちょっとお洒落、そして手頃な価格の車(約110万円~)として売り出し中のダイハツ・トコット。

ミラの派生車種としてデビューしておりますが、メーカーとしては人気があれば独立した車種名を当てがいたいという思惑もある、ちょっとがんばって開発した軽自動車です。

エフォートレスとかノームコアとか、ちょっと前のアパレル向けの流行り言葉のようなものをテーマにしていますが、つまるところシンプルイズザベスト、シンプルビューティーってことです。

Mira トコット というブランドになるか

イメージロゴにも実はmiraってすっごい小さく入れてあったりします。

100万円を切るグレードで自動ブレーキを装備した安さがウリのリーズナブルなミライースを、オシャレな外観にしてお値段上げたら意味あるのか?と思いつつ長時間試乗したのでインプレにしたいと思います。

見た目の特徴としては、角を落としながらもスクエアさを残し少しボクシーに、ヘッドライトは丸目でミニやフィアットっぽく、女子向けすぎない可愛いだけでない北欧テイスト、もしくはニトリの中のちょっとオシャレなライン的な感じです。

ブリキのオシャレな雑貨っぽい感じを狙っているのかもしれません。


可愛さを前面に押し出した女性向けだけではない、というテーマとしては分からないことはないですが、やはり男性が乗るにはちと微妙かもしれません。ユニセックスではあっても、進んで男性が乗るべきデザインとまでは言えないかも。

カラーリングバリエーションもソリッド系の色味で且つ彩度を抑えた渋めな感じもラインナップするなど、雑貨っぽいセンスが良い雰囲気はカタログやネット上ではアピールしてます。

ウェブページでも人や街並みやおしゃれ感をフィーチャーしており、車の画像は小さめ。車というモノを売る、というよりもオシャレさやライフスタイルのイメージを売る感じです。

モノよりコト、みたいなのを表現しようと若い世代に訴求を試みていますね。

トコットの走行性能は?

実際走らせてみると、エンジン音うるさく、ビビりや振動などはかなりチープでガッカリです。

CVTのセッティングも走り出しはかなり盛大なノイズを発しつつも車体が前に進まない感じで、物足りなさがあります。

スズキやホンダのNAに負けちまうぞ、これじゃあ、と心配になりますね。

50キロまでも時間がかかりうるさいですが、50km/hで巡航するようになればエンジン音は静かになります。

CVTも大人しくなりクルージングモードか、としかし、そこからはロードノイズのボリュームが上がり、ちょっとゲンナリ。

フロアの防音が薄く、タイヤのノイズがかなりキャビンに入り込んできます。

高速道路を100㎞/hで走行することも動力性能的に無理ではないですが、あまり快適ではなく、そして得意でもないと言ってもいいでしょう。

遠出はストレスになりそうなので、狭い路地のある都市部、地方都市でのアシ代わり、というのが主な使い道と思われます。

トコットのインテリア

内装もシンプル。直線基調なのと、塗装パネルの質感や色味など、コストをかけてないけどそれなりには感じます。

商用車っぽくないレベルまで引き上げられている感じです。

コーナーセンサーは最廉価グレード以外には標準。

取り回しの良さと見晴らしの良さ、センサーの警告の組合せで初心者の駐車にも心強いですね。

Gグレード+パノラマモニター対応ナビでセンサーとマルチビューで駐車や細い路地などでの低速の取り扱いに関してはすごく安心感を持って運転できます。

自動ブレーキとコーナーセンサーのほとんどのグレードへの標準化、踏み間違い防止機能や、車線逸脱警告などの採用などにこの車の価値があります。初心者や運転に不慣れな方、もしくは高齢ドライバーなどにもオススメ出来るかもしれません。

これで高速道路の逆走防止機能(ナビ等でできるメーカーのもある)が付けば万全ってところです。

走行性能のチープさはターボ化と静粛性の向上、コンフォート系のタイヤの採用などでクリアできそうですが、そういった予定はないそうです。

ダイハツのキャンバスにもターボが無いなど、割り切ったラインナップを展開する車種があります。

コスト面であったり、結局バリエーションを増やしても値段をちょっと上げた上級仕様では採算とれるほど売れないなどありそうですが、軽自動車の枠の中で充実させていかないとダイハツは厳しいのではないかと思います。

9~10万円でスィート・エレガント・クールとドレスアップしようで見た目だけちょい買えるアクセサリーパッケージでおためごかしをしています。

内装はハンドルの表皮とシフトノブの一部だけの変更、外装もちょっとのメッキや塗装パーツと色違いのホイールキャップを用意するだけで、下取り価格にもほぼプラスにならず、安い車両価格に対して1割近い価格の上乗せ、となるとあまり勧められたパッケージではありませんね・・

お薦めは安いグレードで自動ブレーキ付きの物。


クルマの使い方によりますが、この価格帯でこの走りの性能であれば、ナビを付けるのは勿体ないと正直思います。


安く手に入れて、安く使いこなすのが正しい部類の車種かと思います。カタログ燃費的には29㎞/Lくらいとなってますが、エンジン結構回して走ることになってあまり実燃費は良くないと思います。3割欠けるくらいでしょう。


白物家電的に使う、若者とかにもしかしたら向いているクルマかも??


フロアマットなんかも安く手に入れたりとか、



ナビはポータブルナビがお薦めかな~


逆走を検知する安全・安心運転サポート付きの物もあります。



ある種のベーシックカー、スタンダードモデルとして、お安いのが魅力の車として、チェックしてみましょう。チェックしてみましょう!!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ