新型ノートクロスオーバー25mmアップで25万アップ?1700mm丁度は5ナンバー?

2021年10月、ノートのクロスオーバーSUVチックなモデルが登場。

オーテックから、新型ノートオーテッククロスオーバー というネーミングで登場です。

過去のスクープ通りではないかな・・・オーラクロスではなかったので。

解説ブログとして、気になるポイントを紹介していきます。

ノートの車高をリフトアップ

ここ最近のSUVトレンドに乗って、クロスオーバーモデルを投入するのはよくある流れです。

フィットにもクロスターというSUVルックのモデルがあるし、古いところだとスバルレガシィのグランドワゴン・現アウトバックやインプレッサグラベルEX・現XVなどがあります。

ちなみに旧ノートにはC-GEARというのがあったりして、トヨタのアクアにもクロスアーバンなどラインナップされたりしたものの、あまり売れ筋になれなかったものもあります。

日産国内向けの限られたりソースの中で、コンパクトSUVを成立させるのにはうってつけのベース車種であるノートE-POWER。

あえてのノートオーラベースでなく、ノートベースで持ってきたのは価格を抑えて成立させるためには不可欠な判断だったのでしょう。

それでも、FFが253万7700円、4WD車が279万6200円 となっていて、

比較的装備の充実したノートのXグレードのFF:218万8600円、4WDで244万5300円

ベースのノートに対して、おおよそ35万円の価格アップのイメージですね。クロスオーバーグレードによる装備品のグレードアップ分としてLEDヘッドライトが含まれており、99000円相当なので、実質の差額は25万円と言ったところです。

最低地上高は145mm(4WDは150mm)で、それぞれベースのノートから25mm高くなっているので…

1mm=1万円?

タイトルの通り、25mmアップで25万円アップってことですね。1mm当たり1万円です。

専用のサス、外観の変更点などを踏まえてなので、そこまではお高くはないと言っておきます。

むしろ、リフトアップ仕様のカスタムや、外装のドレスアップなどを含めて考えると、中々良いセンを攻めているとも言えそうです。

ちなみに、インプレッサのXVは標準のインプレッサの地上高を70mmアップ、最低地上高は200mm。同グレードアドバンスで:278万→292万となっていて14万アップくらいです。

これくらい上げ系の方が走破性は期待できそうです。

ノート・クロスオーバーのボディサイズは、全長4045×全幅1700×全高1545mmです。

最低地上高は145mmにアップされたものの、全高は1545mmにおさえられ、たいていの立体駐車場に駐車できる高さですね。

この数値の中で、全幅1700mm、ちょっと気になりますね。

全幅1700mmは5ナンバーなのかしら?

さて、フェンダーに片側2.5mmのモールを付けて、標準ノート:5ナンバー基準の1695mm → 1700mmになっています。5mmのオーバーフェンダー。

5ナンバーって1700mm以下だっけ? 1700mm未満だっけ? とちょっと迷うし、日本の工業規格的に製造誤差などを踏まえての5mmの余裕を持たせるとか無かったっけ?と、疑問に思いますよね?

結論から言うと、5ナンバーになります。 

オーテック的な見解では、ベースのノートの1695mmに、保安基準を満たす5mmのフェンダーエクステンションを付けても、全く問題なく車検などなどクリアできるとのこと。

このオーバーフェンダーに関しては、ココ最近の改正で20mmまでならそのまま車検OKとなっていますが、そこの問題だけではなくて、5ナンバー登録するならオーバーフェンダーを付けても1700mm以下でなければイケないと言うのがあるようで、今回はそこを守ったとのこと。

今回は・・・?と引っかかった方、そうなんです、旧ノートC-GEARはですね、1705mmでまさかの3ナンバー登録になったって過ちを犯しました。

シーギア登場当時に、5ナンバー信奉者からは問い合わせが結構あったらしいので、今回はぎりぎりの1700mm5ナンバーってことです。

バリエーション増えたノートシリーズ

ノートオーテッククロスオーバーのスペックは、最高出力116ps/最大トルク28.6kg-mというモーターのパワースペック、発生回転数を含めて標準ノートと変わりはありません。

ちなみに、ノート・オーラは、発電用エンジンのパワースペックは標準ノートと同じですが、フロントモーターは136ps/30.6kg-mに、チューンアップされています。

バリエーションモデルとして、オーラクロスオーバーに発展させることも出来ます。

5ナンバーボディーにオーラのハイパワーモーターを組み合わせたクロスオーバーも容易に設定可能であるなど、今後の発展、進化に期待ですね。

正直、昨年末のノートイーパワーの登場から矢継ぎ早にバリエーション展開していますが、初期オーナーからするとちょっと残念な思いをすることもあるかも。

ただ、これまた2021年のコロナ禍×半導体不足を中心とした納期の遅延は当面続きそうですので、興味があれば早めにオーダーを入れておいて、納車の時期をコントロール出来るようにしておいた方がいいかも。車検や点検のタイミングでの買い換えも、現状の中古車相場の上昇基調で下取りや売却が叶えば、持ち出し少なくの乗り換えも可能かもしれません。

車高アップとタイヤサイズの変更、それを5ナンバーのナローボディで受け止めることになるので、どんな走りを見せるのか、試乗も楽しみなモデルです。

善き車選びを!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ