プジョー用ナビは中途半端?新型3008試乗インプレ②インテリアなども

プジョーのナビ問題

過去の私のブログで物議を醸している


プジョー2008 ナビとか内装とかどうなの? 試乗インプレ③ の記事中にあるパナソニック製のCN-Z500Dというユニットについての記事。

OEM品はアマゾンで10万円程度で売られていて、ディーラー価格は18~20万、値引き8~10万円の根拠はここか!!となる部分です。

ちなみに新車購入時の装着なのに工賃を4万円請求する辺りは中々の見積もりだったりします。販売店によるでしょうが、この辺の工賃は外注費用であったりするケースもあるようなのでなんとも言えないところかも。

工賃を値引きしようとすると営業マンの自腹の可能性が出てくるので追い詰めないように気を付けましょう。

新型3008は機能が良いから選んだと言える初のプジョー!試乗インプレ① からの続きです。ナビ以外は・・と断りを入れた方が良かったかな・・

ちなみに3008でのナビ見積もり的には20万円の本体に4万円の工賃といった設定で24万円、助手席の下に内装内張をカットして隠して設置です、とのこと。

リアの荷台の方に設置することもできるようですが、スペアタイヤを外すケースなどもあるようで、基本は助手席下に置くようです。

機能や値引き、型番などについて突っ込むと、プジョージャポンとして現状はこの機種でこの設定で・・とのことです。

DVDの再生についてはヘッドレスト取り付けタイプのモニターとプレーヤーのセットで1モニター8.5万円とのことで、装着するとそこからナビ画面の方にDVD映像を出力をするとのこと。

運転席と助手席の両方のヘッドレストモニターで17万円、というのがお勧めだそうです。

リアシートエンタイテンメントシステムは特に多人数乗車で7人みんなで楽しめるように配慮するように5008の方で検討する人が多いようですね。

そのDVDプレーヤー自体の仕様などは良く解らないですが、メーカー、というかディーラー的にはそれを着けないとDVD見れないよ、というスタンスだそう。



新型の3008についてはナビの品番を更新し、CNZU510DXBという型番になっています。10番数字が増えましたが、機能的には変わっていません(爆)

むしろナビ側のブルートゥース機能をカットするなど改悪されていたりもするようです。

ブルートゥース自体はプジョーの純正インフォティテント側で接続できるようなので関係無かったりします

が、純正のモニターに映し出すタイプのセパレートナビゲーションとしてはこれしか選択肢がない・・

TVは見れますが、DVDやCDすら再生不可、人によっては使い方がマッチするしないが別れるユニットです。

このナビではミラーリンクへの非対応やアップルカープレイやグーグルオートなどの非対応など弱い部分もあります。

スマホ画面をセンターのナビに表示させるのは今の処は無理。せっかくの全面液晶のメーターへのナビ表示の不可など、まだまだの部分も多いです。

ワーゲンやアウディの様にアクティブインフォディスプレイなどへのアップデートを期待したいところですが、次の新型モデルまではなさそうとか・・

ナビメーターインパネ周り



メーター周りの造りは上下をフラットにカットした小径のハンドルの上から見るタイプです。

慣れが必要ですが、ある意味ヘッドアップディスプレイ要らずなくらいにメータ―が機能します。

表示も4種類くらいから選ぶことが出来るだけに、ナビ表示されないのは残念。せっかくの先進的なメーター周りもあとちょっとの熟成に期待ですね。

ハンドルが小さい分、操作した時の反応もちょっと敏感でこれまた慣れが必要ですが、コーナリングのレスポンスが良く車庫入れなどの小回りなどもしやすい等のメリットと捉えることが出来るレベルにポジティブな物だと思います。

コーナーを駆け抜ける時のフィーリングの良さやちょっとしたスポーティさも感じるでしょう。



内装の仕立てに関しても、グレーのウールチックで温かみのある色味のアルカンターラをサイドドアのトリムや助手席のアッパー部分に使うなど、決して高価でないものでも上質に見える工夫がされています。

センターコンソールのメッキや金属調の加飾パネルもちょっと大げさな感じもしますが、これくらいのインパクトや主張はSUV的にOKでしょう。

パネルの色味やメッキのぎらつき具合、ペダルのステンレスカバーなどの加飾などはグレードや5008の設定と少し違ったりする部分もあるようで、好みで選んでもいいと思います。

5008の方がちょっとギラついた感じのフィニッシュかもしれませんので見比べてみると良いでしょう。



間接照明となるアンビエントライトがインテリアの各パネルや足元、カップホルダーなどを照らしてワンクラス上の車っぽく感じさせてくれます。色の明るさなどはセンターの液晶にて設定変更が可能です。

実際のところ、ナビのモニターにて空調の設定なども行うタイプでスイッチ類をかなり減らしてありますが、ちょっとやり過ぎな感じもしなくもありません。

ナビの操作もピアノタイプのスイッチで機能の切り替えをしつつ、いくつかの階層までタッチパネルで行くなど、やや煩雑な部分もあります。

ですが、テスラやボルボのXC90のようなスイッチ類をかなり減らして液晶パネルに集約するというコンセプトを400万円前後~の車種で叶えようとしているその姿勢は評価したい。

実際オーナーになれば慣れることでしょう。

本国ではアップルカープレイやミラーリンクとの連携も出来ていたりして、日本仕様はちょっとイマイチな完成度と言えるかもしれません。

購入後のナビのアップデート、というよりも純正の操作系やコンピューターのアップデートでどこまで対応できるか、気になるところです。

naviに納得いかなければ当面は待ち、で良いかもしれませんね。むしろアップルカープレイに対応できるようであればナビは不要となるかも。

相変わらずプジョーのナビは日本製を選べるのは良い反面、性能と機能的には割高と言えます。安全装備に関しては不足はないようなので、ACC付きのグレードであれば素のモデルにスマホナビで十分かも。

人気のオプションは15万円のパノラミックサンルーフ。残念ながら3008ではレザーシート仕様は選べません。

パワーシートもなし、シートヒーターもなしで、この辺りがライバル車などの快適装備で劣る部分かもしれませんね。

私が試乗した3008ディーゼルモデルであれば、見た目や走り、そしてインテリアについても申し分が無いけどプジョーはナビがちょっと・・と思います。

試乗車尽いては装備が豪華でグレードも高いものが用意されることも多いですが、インテリアや各種機能などを試してみると良いでしょう。

年次によって変更になったりすることもあるし、5008のインパネ、ナビ、など共通する部分なども見比べてみても良いかもしれませんよね。

ナビや空調の操作系だけでも弄くり倒して確認しましょう!!

プジョー3008のストロングポイントその決め手は?試乗記③へと続きます。


2019年6月追記
プジョー/シトロエン各車に装備されるナビが2018年下旬ころから順次パナソニック→カロッツェリア(パイオニア)に変更となっています。

2017年以降発表(モデルチェンジ)のモデルでセンターに7インチの操作系を集約した液晶ディスプレイを備えたモデルを対象に切り替えとなっています。今からカロッツェリアに換装することも出来るようです。


ナビメーカーなど詳しくはシトロエン グランC4スペースツアラー2019年モデル試乗インプレッション、操作系について の記事を参照いただければと思います。 

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ