MT-09はせっかちナンバーワンなのか?MTシリーズ比較試乗インプレッション

このエンジン性能とフレーム剛性、足回りのしっかり感はれっきとしたスポーツバイク。デザインとしては従来のネイキッドとモタードのテイストをミックスしたストリートの遊撃手と言ったところでしょうか。ストリートファイター風でもあります。ヤマハの気合の入ったモデルとして2014年にデビューしたMT-09の試乗インプレ、MTシリーズと比較試乗したのでまとめます。
main (1).jpg
軽量な車体に排気量846ccの直列3気筒で110psというのはトライアンフのスピードトリプルを強く意識したもので、あまりトライアンフのバイクを知らない人には3気筒っていうのはすごく新鮮なパワーユニットに思われるかもしれません。マニアックっぽくって高性能ってのも、それも一つの狙いだとか。足回りはモタードテイストで少し長めのストローク、フロントに倒立フォークを奢り、リアサスは車体と平行になるかのように寝かしてレイアウト、重量配分などにもこだわりが見えます。ショートタイプのマフラーはまとまりよく、リアはスッキリと美しく、デザイン的にも何かひきつけるものがあります。 845mm のシート高というのもあって、パッと見た感じではシート高は高めですが、跨ってみるとシートやフレームのスリムさなどあってか意外とそうでもない、っていうのも美点かもしれません。それでも足つきに不安のある方はローダウンリンクやショップによってはY’sギアのキットなどの組み付け+αで2~4㎝ダウンも可能なようです。フロントフォークの突き出しやショートサイドスタンドなどもセットでやりましょう。
point07b.jpg
このマフラーデザイン、SRXを思い出した方も多いのでは?
point08b.jpg
MT-07もデザイン的には似ていますが、MT-07はどちらかというと旧来のネイキッドのスタイル寄りな印象。ヤマハの新世代のデザインを切り開くイメージリーダーとしてはMT-09 の方がアグレッシブであり、ライダーが乗車姿勢を取るだけでよりカッコウがつくイメージです。
乗ってみての印象だと、パワフルな3気筒はトライアンフを思わせますが、なんとなく鼓動感が強めでしょうか?モードにもよりますがバイクのビートに「もっと回せ!スピードを出せ!シフトを蹴り上げろ!」と煽られるようなせっかちな印象もあるかもしれません。トライアンフの3気筒シリーズの方がムッチリした回転感というか、絞り出している感があり、それはそれでレーシーな印象かもしれません。3気筒独特のパルス感とスムース感の共生はありますが、MT-09の方がモード切替なども備え、足回りのテイストなど色んな面でナチュラルで扱いやすいのかもしれません。まぁ、癖があると言えばあります。初めての乗った時には おおっ! なんじゃこりゃ と、4気筒のXJRとかにはない軽快感や、二気筒のTRXとも違ったフィーリングに、ワクワク楽しくなるかもしれません。見た目的な物とか、モタードテイストでストロークが豊富・・かどうかは想像以上ではなく、微妙なところ。着座位置や目線が高いだけで普通のバイクのようでもあります。特にブレーキングで沈み込みが激しく癖があるってわけではありません。
軽量化やハイテクのためにメーターはデジタルでコンパクトなもの。
point05b.jpg
ライディングモードの切り替えなどのギミックもあり、DucatiやBMWへの対抗心も感じます。ムルティストラーダなんかがそういったメカニズムの先駆者かと思いますが、あると便利です。110馬力もあると繊細なスロットルワークが必要になったりしますが、モード設定で出力を抑えたりすることで多少はズボラにアクセルを開けても過敏に反応しなくて扱いやすくなります。ビッグバイクを身近にしてくれるのでイイですね。ただ、イグニッションオンで初期設定に戻るようなので、ケースによってはひと手間かもしれません。

カスタムするなら純正のイメージをうまく活かして好みに味付けを。
41qJansoWGL.jpg
トライアンフの対抗馬として、というだけでなくモタードテイストの良く走るアーバンバイクとしてヒットしているのが解ります。MT-07の方が『ちょうどいい感じ』のバイクとして販売の主力になりつつあるそうですが、MT-09の強い個性あってこそ引き立つ とも言えます。お値段は90万円ほど、トライアンフのストリートトリプルで93万円くらい、BMW F800Rが110万円くらい、ドゥカティモンスター821で130万円くらい、MVアグスタブルターレで140万円くらいと、結構いろんなモデルと価格帯で選べる魅力的なバイクが多いのがこの辺のゾーンでしょうか。Yamahaの久々のスマッシュヒットモデル、チャンスがあれば一度試乗してみることをお勧めします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です