【スクープ】5ナンバーのタント登場か!?ダイハツ新型トール プチバンデビューへ!

ソリオに対抗するためか、はたまたタントのステップアップなのか。もしくは5ナンバーのギリギリ使い切った大きさのミニバンなどからのダウンサイジングか、もしくはもしくは・・・なぜそのサイズなのか?という5ナンバー両側スライドドア5シータープチバンがデビューを控えています。11月初頭に発表予定!おそらく11月1日か2日には発表になるか、というところのようですね。
残念ながら私はリーク画像を持ち合わせていませんが、
車名はおそらく
ダイハツ トール
トヨタ ルーミー
スバル ジャスティ
になる予定だそうで、顔つきを変えてカスタム というグレードが設定される予定。
デザインとしてはノーマルグレードがタントを大きくしたようなヘッドライト周りに、エスティマっぽい台形シェイプのグリルとバンパーになる予定。
カスタムはアルファード風のヘッドライトにエスクァイア的なグリルの大き目のVシェイプを組み合わせて押し出しの強さを表す予定だそうです。
一応ダイハツのCOO(クー)、トヨタbB スバルデックス の後継車、さらにはラクティスなども販売終了して、それの後継車扱いとなるとのこと。パッケージングとしては背が高めで両側スライドドアとのこと。タントのような助手席側ピラーレスにはならないそうです。
写真はスズキのソリオ 要するにこういう感じの車になるということ。
20150907-20102556-carview-002-9-view.jpg
ダイハツの各ディーラーには事前資料がもう出回っているようで、商談の開始は11月初頭の発表を待ってからということになりそうです。
注目のエンジンはパッソ系の1リッターNAと、それにターボを組み合わせた1リッターターボの二本立て。ハイブリッドの設定は当面なし。
予想スペックとしてはターボで90psくらいで燃費は25㎞前後。
全長×全幅×全高= 4000以内×1650~1670前後×1750㎜前後 室内高は1300㎜前後とのことです。
フロントはベンチシートでリアは6:4のスライド×分割可倒式となるはず。
白いナンバーであることが重要で、軽自動車より少し大きい室内や5人乗車になることは次点での優先事項だとか。ミニバンやセダンなどの大きな車からダウンサイジングしようとしたときに、いきなりに軽自動車まで小さいクルマにするのは、心の問題か、見栄も邪魔するのか抵抗がある。そこでこのサイズが必要になってくるそうです。
タントで子育てしていた世代のベビーカー卒業とともに、乗員に対しての快適性アップや、子供の成長とともに活動範囲が変わるなどで車としてのステップアップが必要になっても、5ナンバーの大き目のミニバンはイヤ、とか、2リッターの税金が重い、とかいろいろな需要があって、その受け皿としてソリオは売れているそうです。荷室のアレンジなども勝手が良ければフリード(もしくはフリードプラス)などのモデルからも顧客を奪えるチャンスがあると、鼻息が荒くなるのも解らなくはないですね。
価格はパッソモーダと同じくらいの150万円前後からのスタートと予想され、納車は早ければ2016年内とのことです。選択肢が増えることは良いことだと思うので、登場を楽しみに待ちましょう!

トヨタ製のソリオに負けない スズキ・ソリオ試乗インプレ①

ルーミー試乗 不足するパワーをどう考えるか?インプレ①

乗り比べてきたので、良かったら参考に

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です