ダイハツキャンバス試乗 期待と物足りなさの消化不良かも

どこかで見た車

ありそでなかったニッチなマーケットにどこかにありそうなデザインの軽自動車をダイハツが作っちゃった感じのムーブキャンバス。

タントとムーブとミラココアをミクスチャー的解釈で昇華するとこうなるって感じの車で、カラーリングはワーゲンバスとの類似性を持たせるというパワープレイで来ましたね。

個人的にはモダンに解釈したワーゲンバスっぽくて好き。価格は150万円前後のグレードがメインとなっているそうで、ちょっと高いなぁと思います。

初期受注は比較的高めのグレードやカラーリングに凝ったオーダーが入るそうで単価が高いそうです。

エンジンやグレードをそろえると、タントよりも5~10万円高いくらいの値段設定です。ちなみにタントの売れ筋は130~150万くらいだとか。



ムーヴ キャンバス inspired by ワーゲンバス? の記事も読んでいただければと思います。

走りの物足りない部分は?


今どきの軽自動車の完成度は文句なし。

高速もそこそこのペースで走れるし4人乗車でもそこそこ走る。

安全性もだいぶ向上したと言えますし、自動ブレーキも搭載車が増えてきています。

様々なニーズに合わせていろんなモデルやグレード、価格帯が選ぶことができます。

反面、市場のニーズに応えたり、新たな需要を掘り起こそうと新しコンセプトのモデルが登場したりして、値段もかなり高騰している車種もあったりします。


キャンバスの仕様としては現状ではターボの設定がないというのがあって、高速走行はあまり得意ではないとお伝えしておきましょう。

ターボはいずれ投入されるかもしれないとか?

街乗りスペシャルの割には足回りが硬めで揺すられ感があり、60㎞/h以上ではロードノイズの侵入が激しく、ターボが付いてない割に40㎞/h位とかで ゛シューー” とか゛ウィーーン”とかメカニカルノイズが中々にぎやかでびっくりします。

どうやらCVTの作動音と吸気音が混じっているような感じで、気になる人は気になるかも。

軽自動車以外からの買い替えを考えているのであればターボ付きで静粛性の高いグレードが登場するのを待つか、ウェイクかタントのターボ付きの方が良いかもしれません。

カタログ燃費はFFで28.6km/Lと非常に良いですが、街乗りで5㎞前後の移動を繰り返す場合は15㎞/L前後、通勤などで幹線道路などをそこそこのペースで10~15㎞走るような使い方で20㎞/L前後となりそうなイメージです。

キャンバスのインテリア


インテリアは可愛くてパステルカラーのコントラストが似合う感じです。

上質とは言いませんがセンスが良い印象で、かわい子ぶりっ子しすぎてない女性向けに感じます。

このくらいの塩梅であれば男性でも恥ずかしくないと思います。

ナビは最大で8インチの物が収まり、パネルの光沢やシルバーの縁取り、センタのエアコン淵出し口のシルバーの加飾など、落ち着きがあって良い感じです。



日本の駐車事情ではリアのスライドドアはやはり便利です。リアシートは結構座面長が長くて座り心地が良いです。全高もそこそこ高いので室内高もそこそこ、座っていて快適です。



しかし、ウリであるリアシート下のトレイ 置きラクボックス がリアシートのスライド位置によってはかなり使い勝手が悪く、チャイルドシートを装着したり、荷室とリアシートでスぺ―スを案分して使う場合には引き出せなかったり中のフラップを起こせなかったり、改善の余地ありかと思いました。

鞄などの荷物を床にじかに置かないための工夫として発想は良いと思いますが、リアシートのスライドレバーやリクライニングレバーとの位置関係やバランスも上手くいっていないようで熟成の余地ありと言っておきます。


車のつくりやコンセプトとしては独身の20~30代の女性向け、と割り切った造りと言えます。

子育て世代のマストであるベビーカーやチャイルドシートとの相性は正直よくない。

そういった方はタントをどうぞ、となり、男性であればウェイクをどうぞ、となるそうです。

値引きに関してはホトンドなし、タントかウェイクなら安くします、みたいなスタンスでした。

納期は2か月前後とかでそこそこのスタートダッシュを切ったそうです。


全高が1655mmということでマンションの機械式駐車場などにも収まらないので、中途半端なパッケージングとも言え、今後ユーザーの声をフィードバックして熟成が進むのか、期待したいところ。

リアシートの使い勝手やその他の装備の充実、ターボの追加などがどのタイミングでどの程度行われるのかで、キャンバスを大事に育てるのか、デザインで勝負してちょっと売れるだけの一発屋なのか、ダイハツのスタンスがわかるような、そんな車かと思います。

個性的な外観でヒットになるか


しかし、この車のデザインや個性はそれだけで好きになる人もきっといるはず。

全てのグレードがスチールホイールにキャップであっても、この車の魅力は色鮮やかに映し出されています。

気になる方や、ワーゲンバスっぽいレトロだけどもモダンな車が欲しい方は一度見てみるべし。そして乗ってみるべし。


2016年11月には5ナンバーの両側スライドドアのトールプチバンが登場予定とのこと。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です