今敢えての1シリーズ 完成度の高いFRモデルの出来は?

BMWでは最小サイズに位置付けられるモデルが今一番おいしいのかもしれない。

敢えての1

新型118i(3気筒1.5ターボ)試乗しての感想。

全長は4340mm、全幅は1765mm、全高は1440mmと低めのフォルム。

フォルクスワーゲンのゴルフ7に比べると35mm狭い全幅はコンパクトカーとして常識的なサイズと言えるのかもしれません。


実用的な4/5ドアボディで、全幅が1800mmを下まわるコンパクトな後輪駆動車であり、HDDナビなどを装着した上で最廉価グレードであれば、298万円、緊急自動ブレーキや車線逸脱警報などの機能を備えたドライビングアシスト、ブレーキ機能の付いたクルーズコントロールなどの安全装備を追加して350万円ちょっとで収まるのも魅力的であります。

よりトルクフルで燃費性能も高いディーゼルモデルもありますが、キビキビ走るFRコンパクトとして、あえてのガソリンモデルというのは大いにアリかと思います。

マイナーチェンジによるエンジンの変更



2015年8月にマイナーチェンジを実施して、118iのエンジンは直列4気筒の1.6リッターターボから、直列3気筒の1.5リッターターボに変更になっていて、BMWブランドにあるミニクーパーなどと同形式のもの。

動力性能は最高出力が136馬力、最大トルクが22.4kg-mで、この数値もミニと等しいく、旧型の1.6リッターモデルと数値上は変わりなし。

カタログ燃費は、1.5リッターターボが18.1km/L、従来型の1.6リッターターボは16.6km/L、9%程度燃費が良くなっていますが、正直なところ誤差の範疇かもしれません。


エンジンの動力性能に申し分はありませんが、アイドリング時に結構振動が出ます。

アイドリングストップしていれば気にならないかもしれませんが、結構ブレーキペダルにブルブルと振動が伝わってきます。

アイドリングストップ機構の再始動時にも同様にブルン!と揺れが出るのがちょっと残念。走り出すと逆にスムーズに回るのでほんとに惜しいところかも。

マイナーチェンジでのデザインの変更


マイナーチェンジに伴い、外観もヘッドライト周りを中心に変わっています。


マイチェン前の現行1シリーズ(2代目)F20 2011年 – 2015年



マイチェン後2015年-8月以降

ヘッドライトのファニーな感じらシャープな感じに正常進化した印象。


前後輪の重量配分はほぼ50:50、コーナリング時の姿勢変化やブレーキング時の安定感などのバランスが良く上級車種に乗っているような感じです。

電動式のパワステは切り出しが異常に重く、女性には厳しいかもしれませんが、停車しての据え切りが特に重いだけで、少しでもタイヤが転がっている状態ではちょっと重めかなってくらいの印象でしょうか。

奥様や娘に買い与える車としては試乗してもらうことが必須かもしれません。

コーナリング時の操舵感は重さとフィードバックが絶妙で、小さな舵角から正確に向きを変えるイメージです。

ドライバーのシートポジションがいい



ドライバー一人乗車時などは、車体を横に見た時の、車の真ん中に人が来るので、旋回したときの車の挙動、一体感が特に高いのかなぁと思います。

乗り心地はかなりハードで、路面の状態によっては粗っぽい運転をしているような気分にもなってしまうかも。

コーナリングの爽快感とのトレードオフと考えて納得できるレベルかと思います。


FRのコンパクトBMW、もしかしたらこのモデルで最後かもしれません。次期モデルは2シリーズのようにFFがメインとなる可能性が噂されています。

2011年に登場したモデル故に初期からは5年経過、6年前後でのモデルチェンジサイクルと考えたら、1シリーズ、狙い目なのかもしれませんね。


シンプルな中に精鍛さがあり、オトナの遊び心と走る喜びを満たす走りと手ごろなサイズ感、狭い道が苦手な方にもお勧めできるぎりぎりのサイズといったところ。


上質なものをそばに置きたい、自由時間の増えたオトナにもうってつけのアイテムかもしれません。

1シリーズは定期的に限定車や特別仕様車を用意していて、好みのパッケージがあれば狙い目になるかもしれません。

一度ディーラーに足を運んで見て、ちょっと試乗してはいかがでしょう?

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ