フリードプラスの完成度は?N-BOX+との差はどんなもんだい?

フリードプラスは結構アウトドアや車中泊に使えるのか?


N-BOXプラスでもキャンピングカーベースになったり、車中泊によさげなオプションやアフターマーケットパーツのラインナップの多さやマッチするものが多いのがあったりします。



ニトリの幅100cmのマットレスがマッチするとか。


フリードプラスでもそういった使い方が出来そう。


フリードプラスでは専用のマットレスがオプション設定されていて2万円くらい。

幅としては120~140㎝くらいの物のようです。フラットでワイドで5ナンバーサイズとしてのスケールメリットを活かして、N-BOXのように1列目までギリギリ使ってのフルフラットではないので、やや余裕があります。


こういったパッケージングとして、下手にサイズがあっても座面やシートバック、荷室が凸凹していると結局のところ使い勝手が悪く、広さ=快適さが比例しないケースもありますが、フリード+であればかなり快適且つ、荷物の置き場所などにも配慮されていて過ごしやすいであろうことが予想できます。



ボードとかで居住空間と収納スペースを2段に分けるのはgood!


キャンプや車中泊、災害時のプライベートスペースとして、暮らせるフリードに化けます。


インテリアではフリード+は黒系しか選べないというウィークポイントもあったりします。


アイボリー系のインテリアを選ぶのであれば、フリードでチョイスすることになりますね。


それぞれの席がセパレートして特に2列目の快適性を重視したフリードの6人乗り、


7人乗れるキャパシティの多さが強みの7人乗り、

5人(2人?)+荷物多めに対応、フリード+


といった感じです。


ファミリーカーとして、3~4人家族であれば6人乗り仕様かフリードプラスがオススメかも。


フリード+ G・Honda SENSING FF/5人乗りで 2,120,000円


個人的にホンダセンシング前提です。

安全装備のレベルの高さをしっかりと享受しましょう。フリード全般の強みだと思います。


フリードの同グレード FF/6人乗りで 2,100,000円
FF/7人乗りで 2,121,600円

こういった価格の並び、フリードプラスがリアセクションの専用設計フレームや専用パーツの多さなどの割に価格が安いのではないかと思います。


N-BOX(G〈FF〉) 1,270,000円~ (Gは中間グレード、最廉価グレードだと119万円くらい)


N-BOX +(G〈FF〉)1,340,000円~


とエヌボックスだとグレードをそろえると約7万円の差があるのと比べればフリードは差が少なめかも。

特に軽自動車の価格差7万円は結構大きいと思うので、フリードはN-BOXのつくりのノウハウをうまく転用して作り上げた中々の意欲作と言えます。


今後はキャンピング仕様がビルダーからリリースされたりと、発展や改良に期待できるベース車かもしれません。

軽自動車ベースのキャンピング仕様からのステップアップする車として、もしかしたら注目を集めるかも?

ライバルと目されるシエンタにはない魅力というのがこのフリード+には秘められているような気がします。

気になる方はフリードプラス、チェックしといてもいいかも。展示車は非常に少なく、ディーラーには要問合せですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です