アウディA3スポーツバック 1.4リッターターボFF 試乗記 

ワーゲンゴルフの兄弟車、アウディのプレミアムコンパクトA3スポーツバック。


1996年の登場以来、ワーゲンゴルフの兄弟車と言う関係を維持しつつ、2004年に2代目、2013年に3代目となっています。

特に2代目のモデルの5ドア、いわゆるスポーツバックと呼ばれるワゴンorハッチバック?モデルが人気を博しました。

小さな高級車と言うのがテーマで、当時はアウディのエントリーモデルでした。

今ではさらにコンパクトなアウディA1の登場で影が薄くなり気味ですが、中身はさりげない進化を果たしており、サイズ的に大きすぎないこともあって今でも人気はそこそこあります。



スポーツモデルのS3も含めて1.4L〜2.0Lまで4種類のパワートレインを用意、売れ筋は1.4リッターターボのFFで400万円前後の価格帯のものが人気とのこと。

1.8リッターのクアトロ(4WD)モデルは450万円~ で S3と呼ばれる2リッターターボのクアトロ・スポーツモデルが600万円~となっているので、雪国などで4WDが必要な方や、スポーツ走行を4WDのトラクション性能で楽しみたい方はそちらのチョイスもあります。

ちなみにアウディA3は日本初のWi-Fi搭載車種というのも一つの売りだそうです。

最大8台の通信機器と接続可能で、ナビなどの機能もネットとのオンラインの通信機能を活かした専用のものが標準で装着されています。

MMIと呼ばれるインターフェースやナビの使い勝手は多少の慣れは必要かと思いますが、ナビで設定した目的地付近の天気などをお知らせしてくれるなど、新しい機軸を打ち出そうと試行錯誤している、先進アイテムとして好感が持てます。

情報の蓄積やフィードバックを通してさらにナビなど進化させていってほしいものです。


内装で気になるところとしては、エントリーグレードのファブリックシートのデキがイマイチで、オプションや上位グレードを選びたくなってしまうことです。

これは敢えてだろうかと、アウディのエントリーモデルに乗るたびに思うんですよね・・・Sラインだと文句なしのスタイリッシュさ、レザーだとこの上ない高級感を醸し出すのでなんとも言えないのですがねぇ。



アウディA3のサイズは、全長×全幅×全高=4325mm×1785mm×1450mm と言うボディサイズはゴルフ7の全長×全幅×全高=4265×1800×1460mmとほとんど変わらないです。

むしろ全幅はA3の方が細いというのが意外・・・ですが、デザインの妙か、A3の方がワイド感や踏ん張りが効いているように見えなくもないです。

逆に言えばゴルフって意外とサイズ的に幅があるのね・・・って感じですが。

1.4リッターターボは122psを発揮、7速Sトロニックと呼ばれる7ATでキビキビと変速、加減速もパワー感があります。

初期のアクセルの踏み込みに対して結構レスポンスが良いように感じました。

カタログ燃費は19.5km/L、実質の街乗りでの燃費は15㎞/L以下のようですが、悪くはないスペックと言えます。

やや重めにステアリングも反応が良く、コーナリングではロールが少ない(あまり傾かない)ような印象、高速道路では速度を上げれば上げるほどフラット感が増し、イメージ的には沈み込むような安定性を感じました。

室内の静粛性も、ロードノイズが小さいような気がする?くらいのものかもしれませんが、コンパクトカーとして見るとかなり静かな部類なのかもしれません。

ライバルのメルセデスベンツAクラスやBMW 1シリーズなども同様の懐の深さはありますが、A3は走行性能で遅れをとることなく、むしろ快適性は上かも?と思います。


兄弟車のワーゲンゴルフ7も良いですが、なぜ同じエンジンを積んでいて数十万高いアウディなのか?との問いに、「美しく心地よいものに囲まれて生活することの素晴らしさを味わいたい方の選択」とお答え出来るかな?


オススめの装備はアダプティブクルーズコントロール、セットで自動ブレーキ(アウディでの今のところの呼称はブレーキガード)が着いてきます。

一部グレードには標準ですが、ぜひ装着しましょう。

値引きに関して2013年の登場から3年、そろそろマイナーチェンジの時期であります。

本国で発表があれば数か月後には外観やインテリアに小変更が施され、現行モデルの在庫車が安く手に入る可能性が出てきます。

最新型が良い方はしばらく様子見でしょう。アウディは基本的なデザインはあまり変わらない、というか、上級モデルとも共通のデザインを長いスパンで踏襲していて古臭くなりにくいので、安全装備が充実しているモデルであれば、あまり買い時はシビアにならなくても良いかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です