初心者に優しいバイクの新潮流を作れるか?スズキSV650

発進時や半クラでの低回転走行時などにエンジン回転数をほんのちょっと上げる「ローRPMアシスト」という新しい機軸を備えた大型バイクが登場します。650ccのV型2気筒エンジン、スズキのVツイン、ゆえにSV650 という国産バイク。

発進時や低回転走行時にエンスト防止のためにエンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」というのはもしかしたら大型バイク初心者には良いアイテムかもしれません。人によってはセッティングでアイドリング回転数を高めにしたり、敢えてチョークを引いたりしたりとか、良くも悪くも色々と創意工夫して自身のバイクを扱いやすくするようにしていたりするものです。エンジン回転数、ギアポジション、スロットル開度、クラッチスイッチの情報を用いて制御し、発進時のエンジン回転の落ち込みの緩和、滞時の低速走行や、Uターンの際もエンジンの回転の落ち込みを抑えて安心感が得られるというギミック。
90°Vツインは645㏄で 76.1PSを発揮、196kgの軽量な車体と組み合わされ、カタログ上では26.6km/L(37.5km/L) の低燃費を達成しています。
シート高は785mmとなっていて普通の高さと言ったところでしょうか?
フロント120/70ZR17M/C、リヤ160/60ZR17M/CのタイヤサイズはホンダのNC750シリーズと全く同じ。MT-07は180㎜幅でスポーツ走行に主眼を置いているというか、見た目のワイド感を取って若干オーバースペックでオーバーサイズともいえる設定で有ります。
ブレーキはABS標準。正立フョークにフロントダブルディスクです。NC750はシングルで、MT07はダブルですね。正立なのは一緒。ABSは標準。ダブルディスクの方がスポーツ走行に適していて、見た目にも安定感があります。
pc (3).jpg
マフラー形状は3角形に出口の部分が5各断面風になっていて、NC750の2016年型のような感じです。
pc (2).jpg
シートもスリムでテール周りはシャープ、MTシリーズっぽい?かもしれません。
pc (1).jpg
パラレルツインに比べてコストがかかると言われているVツインですが価格は抑えめ、
“Vツイン ファン マシン”コンセプトに磨きをかけた新型 SV650 ABSは738,720円~
と公式でも紹介されています。
価格設定やスペック、デザインなど、NC750とMT07をターゲットにしつつ、両方のいいとこどりな上に個性のあるVツインで勝ちに来た!と言えそうですが、そういった良いとこどりマシンってあんまりヒットしないんですよね~ ほんのちょっとの性能や数字の差でのPR、メーカーの打ち出したい個性なんてものは割とデザインのインパクトや全体的な信頼性の高さの前に屈するケースが多いような気がします。
ですが、初心者にも扱いやすいギミックというところでどこまで訴求できるか、楽しみなバイクでもありますね。
SV650試乗インプレ ポテンシャル高くてもやはり売れないけども・・値引きがきく!? もどうぞ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です