プジョー2008 猫足のデキは? 試乗インプレ② 新エンジンとの相性も検証!

プジョーの中で順次代替わりしているエンジン、2015年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞した、ピュアテックと言う呼称の1.2リッター3気筒のターボです。110psの最高出力と、トルク:205N・m、車重は1230kg、カタログ燃費は17.3km/Lとスペック的には他社のライバルたちに、ようやく追い付いた、と言ったところです。
hero_160322.jpg
例えばワーゲンやアウディのポロやA1のようなコンパクトクラスに搭載される1.2リッターターボ4気筒と比べても、まったくパワーで見劣りはしません。3気筒らしからぬ回転のスムーズさと、3気筒ならではのトルクのパンチ感とを高い次元でバランスしているように感じます。トルクフルでエンジンの回転を回さずともスルスル加速できる実用域でのドライバビリティがあると思います。ただ、ATが6速に増え変速は滑らかとは言え、高速巡行では回転が高めになりがちとも言えます。クラスとしてはやはりコンパクトレベルのデキで、速度を上げていった時のロードノイズや風切り音などと含めてエンジン音も高まり、高速走行は苦手ではないけれども、すごく快適とは言い難いところ。それはポロやアウディA1でも大差ない高速巡行性能ではありますが、どちらかというと都市部をキビキビ走る方が得意な感じです。
市街地を走っての燃費としては12㎞/Lくらいのイメージです。なにかと話題になっているカタログ燃費と実燃費との乖離ですが、7割くらい達成できているの悪くはない数字かと。郊外でストップアンドゴーがすくなければ14㎞/Lにはなりそうだし、高速を走るとほぼカタログ通りの燃費を出しそうな感じではあります。
205/50/17サイズの17インチが標準、オフロード走行も考慮した4シーズンタイヤを装着していて低い速度域での乗り心地は硬めです。スタッドレスに履き替えるとしたら、最小で15インチまではインチダウンして履かせることが出来るそうです。17インチでは大き目の路面の段差はしなやかに通過してくれますが、低い速度で小さめの段差でゴトゴトバタバタ下回りがうるさくバタつく感じがあります。猫足と呼ばれるスムーズさは速度を上げた時の方が感じられるような気がします。ノイズの高まりとかも含め、50~80㎞/h位で走るのが快適なのかなぁと思いました。
ハンドルはお腹の前にかかえるようにして持つようなイメージです。メーターをハンドルの上に見る感じになりますね。ハンドルの重さは最初の切り出しに少し重さを感じるますが、回し始めれば低速での取り回しはかなり軽く、速度を上げるとハンドルにどっしり感が出ます。ハンドルの直径はかなり小さく、ダイレクトな感触でありながら落ち着きもある不思議な手ごたえです。ドイツ車の精密な硬さや、日本車のふにゃふにゃな柔らかさと違い、芯があって柔らかいけどコシがあるアルデンテ的な(←イタリアだね)フランス車風のスポーティさを感じます。
s_20160509_151512.jpg
エンジンは申し分ないけど、クラスを超えた走りや乗り心地とまではいかないデキです。国産、輸入モデル含めてコンパクトSUVの水準に追いついたところですね。フレンチデザインの秀逸さと、過不足のない走り、見栄えの割に意外とリーズナブルな価格設定 265万円~ と選択肢に上る可能性が高まる要素もたくさん備えています。今後の進化に期待したいモデルです。
ちなみに2016年10月前後にマイナーチェンジで外観や内装に手が加えられるとのこと。エンジンやミッションはおそらく現状のピュアテックエンジンとATを継続使用するとは思いますが、ラインナップが整理され装備品の充実や乗り心地などの改善などなどいろいろ手が入るのを期待しましょう!
プジョー2008 試乗インプレ① 遅れてきたコンパクトSUVの大本命!? 
以前の記事もよかったらどうぞ
続編は
プジョー2008 ナビとか内装とかどうなの? 試乗インプレ③

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です