サードウェーブディーゼル?ボルボV40クロスカントリーD4 SE 試乗記

2015年の夏に、サードウェーブディーゼルと銘打って登場したボルボのディーゼルモデルたち。

当時で一気に5車種にエンジンラインナップを追加したと思います。

Volvoの中ではコンパクトでエントリーグレードとなるV40シリーズにも追加され、その兄弟車ともいえるV40クロスカントリーにもディーゼルモデルが設定されています。

ガソリンモデルとの価格差は全モデルで25万円だったと大々的に謳っていたような。

d4_se.jpg

ワーゲンの不正発覚によりディーゼルエンジンの風向きも危うくなりかけているかもしれませんが、CX-5はディーゼル比率が70~80%くらいの推移で、CX-3に至ってはディーゼルモデル一択、メルセデスは、もう何年も前からEクラスにディーゼルを設定し、ここ最近はCクラスにも拡大してきて、BMWがディーゼルの320dをベースグレード+20~30万円と低価格のエクストラで発売するなど、ディーゼルエンジンへの注目は尽きません。

ワーゲンとアウディは今後ディーゼルモデルを輸入することは無いでしょうが、輸入車=ディーゼルエンジンを選べる、という位のアドバンテージになってきているように思います。

ちなみに、フレームはマツダアクセラのもので、ディーゼルの基幹システムは日本のデンソー、オートマはアイシンAWと、ジャパンテクノロジー満載のような記事をどこかで見たような・・・

V40クロスカントリーのD4に搭載されるエンジンは2リッターディーゼルのターボ、190馬力、最大トルク40.8kg-mと、さりげなくハイスペック。

2リッターディーゼルの出力としてはBMWを超えます。組み合わせるATは8速もあるので、変速も加速もスムーズで力強い印象です。

017_o.jpg

ハンドリングもクイックで、もはやボルボとは思えません。

もっとダルなのかと思ったら意外と機敏、サスも固いけども、ドイツ車ほどではないイメージで固められている印象です。

車種にもよりますが、BMWなんかに比べたら相当ソフトで、強いて言えば新型プリウスくらいの硬さ?とかでしょうか。

コーナリングを楽しめつつ、乗り心地も良い、みたいなコンパクトクラスとしては頑張ってる感じですね。

ベースのV40よりも車高を上げてバンパーをごつくしてSUVルックにしていますが、実際のところ、車高は1㎝くらいしかUPされてないので、乗り味的にはコンパクトカー的な仕上がりなのかもしれません。

見た目は本物っぽくても、ファッショナブルなアウトドアルック的な感じでしょうか?

020_o.jpg

ナビ画面が7インチ程度と小さいのが残念ですが、フローティングセンタースタックと名付けられたインパネ周りの質感はクラスを超えた高級感があります。

ちなみに上級車種にも同じようなエッセンスのインテリアが採用されています。フロントのシートは快適ですが、リアはかなり狭く、大人4人乗るのはつらいかもしれません。マツダデミオと同じくらいのリアスペースでしょうか。

018_o.jpg

安全装備に関しては書ききれないくらいですが、自動ブレーキは当然のごとく、前車追従アダプティブクルーズコントロールまでもが標準であるなど、安全性に対する根本の次元が高い車作りをしているようです。

路上の制限速度の標識などの情報を拾って表示したりと言った、ロード・サイン・インフォメーション (RSI – Road Sign Information) なるものもあります。設定次第で制限速度を超過すると警告が鳴るようになるとか。

ディーゼルモデルであれば値段は3,640,000円~ 1.5リッターのガソリンで3,390,000円~
4WDを選べるのは2リッターのガソリンターボのみで4,190,000円~
といった価格帯です。

AWDのディーゼルがあればスノーボードエクスプレスとしてボルボが取り上げられそうな気がするんですが、どの車種でも4WDはガソリンのようです・・・

値引きに関してですが、決算時期であれば35万円前後可能なようです。10%引きですね。ただし、ディーゼルのエントリーモデルは25万円以上の値引きは厳しいとか・・・と言うのが実情のようです。

見た目のテイストが似ている2017年登場のスバルXVも見比べてみてもいいかも。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です