下取りで即決するその前に!買い取りも考えよう!

3月の車買い替えシーズンということで、各ディーラーで下取り査定されることも多い時期ですね。


今の自分の車の価値が市場をベースを知るためにガリバーやビッグモーター、アップルやカーセブンなどの車買い取り業者さんにも相談してみましょう。

中古買い取り業者で現状の車の価値を知ってからの、下取り価格の交渉ができた方が良いでしょう。


mainad_button_off.jpg
ですが、、、一度一括査定申し込んだことのある方ならご存知かも知れませんが、いきなり電話がジャンジャン鳴ることもあるので、面倒なんですよね・・・という方はとりあえず、電話は出ずに、メールで連絡を受けるか留守電で対応、良い金額の提示のあった2~3社に絞ってこちらから電話、という流れがお勧めです。


その後は無料出張査定のために自宅や出先にて現車を見てもらうことになると思います。

1業者さん当たりの査定が出る時間が1時間前後、2~3時間くらいかかる計算になります。


中には押し買いとも言える、来たんだから売りなさい!今すぐ決めなさい!という業者も絶滅してはいないようなので、そういうところには早めにお引き取り願いましょう。全ての業者さんから査定を受ける前に、いくらなら売るの?とシツコク聞いてくる人にも注意しましょう。一番高いところに売る!か、下取り価格と交渉する!と断固とした態度で答えましょう。より高く買う可能性がある後続の業者を除外しようとする姑息な手段です。


中には数業者まとめて同じ時間に呼びつけ、名刺の裏にMAX金額を書かせて競わせるという猛者もいるようですが、気まずさがあるのと、その中のどこかにその場で売ることを決めることにもなり、本当に時間がなければそういう裏技もあります。

売ることが決まっていて、下取りよりもかなり高額な提示が引き出せれば、そういう競りなんかも有効かもしれませんね。


過去の経験と身近な人の体験談から、ガリバーがかなり高めに買い取ってくれると聞きますが、地域や車種によって違うこともあるそうなので、まずは申し込んでみる、ということになりそうです。

手間をかけずにネットで気軽に申し込んだものの、電話なりまくって迷惑だ、と言う方は、逆にこちらから電話をかけてメールやFAXで返答をもらうように調整するのもアリですね。

一括申し込みのように初期の手間の少なさを取るか、自分でそれぞれの業者さんにこまめに連絡して、電話が鳴らないようにするとか、できるようです。


買い取りの査定結果を元にディーラーに再度出向き、下取り額のUPや、値引きについて再度交渉すると、結果として支払額を抑えられることになります。有効に活用しましょう。場合によっては下取り額の方が高くなることもあるようです。

買い取り業者さんはスピードが命のようで、中には今日中に車を引き取りたい、とか、中々の強引さを持っている人もいるようです。

納車までのスケジュールとの兼ね合いを考えて交渉しましょう。

早期引き取りの条件に、中にはボロイ軽自動車の台車を貸してくれるケースもあるようです。

来月には車の価値が下がるから!と煽ってくることがほとんどで、おそらくその通りで月をまたぐと4%前後価値が下がることになるようです。

中には走行距離的にも3万キロ、5万キロの直前とかだと、超えないようにしてほしい、などと交渉を受けることもあるとか。

中古で売りに出す際の距離の目安で、3万キロ以下なら高く中古で売りやすいなどもあるようで、そこの境い目で価値がかなり変わることもあるとか。

普段から車を通勤などで使っている方は交渉して、良い条件を納車までキープの約束か、再査定か、台車を借りるか、どこかで着地点を見つけましょう。



長々と買い取り業者の利用方法を書きましたが、どちらかというと買い取り業者交渉対策といった感じになってしまいました。

気持ちのいい取引と、良い車との出会い、今の自分の車を最大限価値を認めてくれる買い取り行さんとの出会い、その車が次のオーナーさんとの良い出会いが果たせることを祈ります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です