2シリーズグランツアラー 今さらながら試乗記続報 メインストリームではないけども・・・

新型フォルクスワーゲントゥーランを試乗して、これは改めて2シリーズグランツアラーについても触れねばならないと思い、試乗記続報を。
以前は2シリーズグランツアラーの2リッターディーゼルのMスポーツに試乗しているので、その記事もご覧いただければと思います。
日本市場におけるの3列シートミニバンは、売れるパターンは二つしかないと言われていて、ラグジュアリーさを前面に出したラージサイズのミニバン(アルファード、ヴェルファイア・エルグランド・オデッセイなど)と、5ナンバー枠に限界までのスペースと省燃費を詰め込んだ箱型ミニバン(ノア・セレナ・ステップワゴンなど)の2種類。そこそこ低いスタイルと走りのパフォーマンス、+そこそこの実用性で緊急時に7人乗れるシートを備えたホンダ・ストリームやトヨタ・ウィッシュなどは立ち位置が中古半端で消えてしまいつつあります。ホンダはジェイドなるミニバンのようなストリームの後継車種をラインナップをしていますが、ヒットしているとは言えないみたいです。
輸入ミニバンとなると選択肢は少なく、VWのトゥーラン・シャランとメルセデスベンツのVクラス、BMWの2シリーズグランツアラー、シトロエンのC3ピカソ位で、当たり前と言うか、5ナンバーのミニバンはないですね・・・ラグジュアリーなジャンルだとべンツVクラスと、サイズが大きいとかでシャランくらいでしょうか?

2シリーズグランツアラーの3列シートは子供向けのエマージェンシーサイズと言うのは以前の2シリーズグランツアラーの試乗記にて書きましたが、新型トゥーランの試乗した後だとさらに分が悪いと思いました。実際ワーゲンも大人が7人しっかり乗れる日本的なミニバンではなく、輸入車ならではの質感、走り、ブランド性で新たな価値観を生み出していくタイプの車種と思います。ゴルフのヴァリアント→トゥーラン、3シリーズのツーリング、もしくは5シリーズのツーリングのユーザーが荷室の勝手を優先してダウングレードする可能性がある2シリーズグランツアラーと言えそうです。シートを倒して最大1820リッターとなる荷室は、ステーションワゴンを超える広さです。3列目は日本製ミニバンほど広く無い分、ラゲッジがやたら広くて実用的です。BMWとは思えないずんぐりむっくりぶりがアクティブツアラーより更に強調されているので、どうせ生活臭漂うのなら、広いグランツアラーの方がベターなチョイスかもしれません。
車高が高め、というか座面の位置がセダンやワゴンに比べると高めゆえに乗った感じは微妙にSUVっぽく感じたりもします。兄弟車であるBMWの新型X1に近い感じです。実は低く潜り込むようなセダンなどより見晴らしがよいので運転しやすいです。ドアには1.5リッターのペットボトルが入る大型ポケットや、シート下の収納(グレードによる)など日本車か!しかもそこか!と突っ込みたくなる細かな気配りもなくもないです。

BMW的にディーゼル推しではありますが、滑らかなフィーリングのガソリンエンジンも良いですね。在庫の関係からかも知れませんが、営業の方もガソリンを勧めてくるようになったような・・・2リッターの直4のグレードも良いですが、コスパでいえば1.5リッターの3気筒も良いと思います。個人的には燃費の良さでディーゼルモデル推しですが、ディーゼル特有のガラガラ音が苦手な方や、車内の静けさを重視するならガソリンモデルも全然ありと思います。
218i(ガソリンの1.5リッター3気筒)スタンダードモデルは¥3,680,000で、218i グラン ツアラー Luxury(ラグジュアリー) ¥4,180,000 と218i グラン ツアラー M Sport ¥4,140,000ではラグジュアリーの方が金額が高いですが、内装に力を入れているラグジュアリーと、外装と内装にバランス配分したMスポーツといったところでしょうか。ベースモデルとの差額は218d(2リッターディーゼル)でも変わりません。お好みで、といったところです。個人的にはスタンダードのファブリックのシートのデキがあまり好みではなく、MスポーツがBMWっぽい内外装のスポーティさでオススメと以前の記事で書きましたが、2016年3月現在ではラグジュアリーグレードの方が売れ筋だとか。外装の差別化はそこそこですが、フルレザーで内装のグレードアップがされているのでそちらの注力の仕方の方がウケがいいそうです。足回りもMスポよりソフトでキャラクターにあっているとか。ラグジュアリーグレードで他は何も付けない、と言う方が多いそうですが、追突予防安全の自動ブレーキは標準なのでアクティブクルーズコントロールやヘッドアップディスプレイなどを追加するドライビング・アシスト・プラスという安全装備の追加もオススメしたいとことです。
GranTourer_Sheet.jpg
ベージュレザーだとより内装の広々感が強調されていい雰囲気に仕上がりそうです。イルミネーションなども装備されていて、オレンジとホワイトの間接照明で優しく照らし、より高級感を引き立てていると思います。
ぜひ一度実車を見てみるのをお勧めします!


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。

90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です