新型X1のACCとステアリングアシストの完成度・試乗インプレッション

新モデルの半自動運転支援の完成度、コンパクトSUVクラスでどんなものなのか、気になりますね。


※当サイト内アフィリエイト広告等が表示されます


新型X1の運転支援

2023年に日本導入となったBMW 新型X1 U11型、事前のスクープ通りのスケジュールで2023年2月からは先行納車が始まっていて、試乗車も配備されていますね。

試乗もしてきていて、いろんな機能に触れたのは以前のブログでのインプレッションの通り。

コンパクトSUVクラスで随一の先進装備や走りの良さなどを備えて556万円からと、人気カテゴリで価値に来たとも言える新型X1。

その運転支援の制御や完成度、ブログで解説していきます。

X1のACCはアクティブの略

前者追従走行、通称ACC。

ACCはアダプティブクルーズコントロールという呼称が一般的なのですが、BMWはこだわりを持って、アクティブクルーズコントロールと銘打った機能としています。

壊れると高い修理代がかかるハイテク装備だったりしますね。

機能としてはアクティブだろうがアダプティブだろうが同じで、設定した速度の中で前走車との車間距離を調整して速度調節を行い、加速と減速を制御するもので、運転支援システムとしては普及していきますね。

最近では日本車・軽自動車クラスにまで普及してきており、自動ブレーキとも連動するような運転支援の基本となっている感じです。

アクティブクルーズコントロールの制御

新型X1のアクティブクルーズコントロールは高性能3眼カメラ&レーダーや高性能プロセッサーによる高い解析能力の最先端運転支援システムです。

アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)や衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、ペダル踏み間違い急発進抑制機能を備えており、かなりハイテクで武装している感じです。

車間距離の調整も違和感を感じさせない減速を行い、前に車両が割り込んできても、急ブレーキはかからず距離と時間の使い方が人間のようだと感じる時もある。若干接近気味でもしばらくやり過ごし、自然と減速しながら車間を開けていく感じ、自分で操作しているように思えることもある(笑)

もちろん、急激に接近しそうになると警告がなってブレーキを踏むように促し、踏めば初期の踏力が倍加されて伝わりしっかりと止めようとしてくれる感じです。(試乗車でそういうこと試しちゃダメよ)踏まなきゃ自動ブレーキがガツンと効くようですが、それは試したらアカンやつです。

アクティブクルーズコントロール作動中の減速時のブレーキは前につんのめったりしないようにリアブレーキを積極的に使う制御でドライバーが感じる姿勢変化にも配慮しているようです。

加速時もさほどエンジンを唸らせず、でも、モタつかずについていく感じで、モーターじゃないのに滑らかな制御をするもんだと感心したりします。

コーナーでも曲率に応じて必要以上に加速しないようになります。速度と横Gとハンドル切角との調整なんですかね、どこまでどの制御で曲率何Rで切角何度まで速度はどこまで許容なのかは正確に把握は難しいのですが、現実的な速度に調整されるように感じます。

そういった制御、世代の新しいBMWはより自然な運転感覚とドライバビリティをクルーズコントロールでも実現しているそうです。

走りにこだわるBMWブランドらしさはこういったところにも現れているようです。

ステアリングの制御と駐車支援のなどなど…詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

まずはお気軽にネットから♪ 楽天Car試乗

さてさて、2023年も引き続き納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年となっていますね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢が増えてきています。

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

その他にも、『一括査定は電話なりやまねーぞ!』 でおなじみの? やりとりするのは高額査定の3社(最大)のみといった2度目に選ばれるサービスだぞ!とPRするところももあります。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

ここまでの選択肢を検討し尽くせば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ