ミニクロスオーバーとX1/X2の関係性(2021)

兄弟車はいま。

BMWとMINIは同じグループで、BMWのFF車開発戦略でも相当組み合ってクルマをリリースしています。

ただ、イメージ的に旧来のファンから認めたくないというゾーンがいくつかあって、

ミニクラブマンのFFは絶賛されるのに、兄弟車であるアクティブツアラーは一部のアンチに酷評されたり、

X1は良いよね!というのに、ミニクロスオーバーはでかくなり過ぎてミニじゃない、とサイズと見た目で否定的な反応を示す人がいたり、

それぞれブランドをけん引するような車種ではありますが、評価ってのは難しいところ。

今回のブログではあまり露骨に比較されることのないミニクロスオーバーとその兄弟車のX1/X2をブログで解説していきたいと思います。

サイズ感の序列

X1 全長 4,455 mm x 全幅 1,820 mm x 全高 1,610 mm

X2 全長 4,375 mm x 全幅 1,825 mm x 全高 1,535 mm

ミニクロスオーバー 全長4,315mm x 全幅1,820mm x 全高1,595mm

ミニクロスオーバーが一番小さいのかと思いきや、全長は短い物の、全高はX1に近く、X2が極端に低い。

X2は1550㎜以下という唯一機械式立体駐車場に入る可能性があるサイズだったりします。

実際のリアシートの居住性や荷室などはX1>ミニクロ>X2 の序列です。

X2はクーペテイストで割り切っていて、ミニクロスオーバーはサイズ感的に小さい感じですが、例えばリアシートの広さ感はX1と大差ないって感じで、狭くもないんです。

エクステリアでは共通してバンパー両サイドにダクトが付いており、高速走行時の空力についても練り込まれています。

フロントバンパーサイドの縦スリットから取り入れた空気をホイールハウスに導いて空気抵抗を減らすエアカーテンはBMWでも多くのモデルに採用されています。

高速走行時の安定感ある走りは全モデル共通と言ってもいいでしょう。

エンジンの組み合わせ

エンジンはミニクロスオーバーもX1/X2も共通のユニットで、構成も近いのですがミニクロスオーバーだけちょっとだけ選択肢が多いかも。

というか、X1もX2もモデル末期で2022年のモデルチェンジ、2023年辺りに日本導入のようであり、おそらくですがミニクロスオーバーも同様のタイムスケジュールで日本導入にはなりそうです。

そんな中でエンジンやグレードの選択肢はモデル末期相当に選択肢が狭くなっているのが現状。これであと特別仕様車をたまに出すなどして1年で売り抜く算段でしょう。

共通の1.5リッターターボのガソリンは136馬力、そしてFFのみのラインナップでエントリーグレードのみの設定。

ミニクロスオーバーでは400万円切り、X2でも500万円切りする唯一のグレードのような扱いです。

ディーゼルは2リッターターボで2つのチューニング違いがあり、150馬力仕様と190馬力仕様があり、

ミニクロスオーバーではクーパーDで150馬力のFF/4WDが選べて、クーパーSDでは190馬力の4WDもあり、X1には150馬力の4WD、X2には190馬力の4WDがある。

さらに、ミニクロスオーバーではジョンクーパーワークス、BMWではX2にMモデルとなる2リッターターボの高出力仕様があり、306馬力とエヴォリューションモデル的なものもある。(ちょっと古いJCW=ジョンクーパーワークスでは231馬力)

X1とX2では2台にキャラクターを棲み分けている物を、ミニクロスオーバーでは一車種の中で個性を選べるようなイメージです。

価格・装備品・オプション

価格はミニクロスオーバーが400万円前後~

X1とX2が500万円前後~

となっていて、ミニクロスオーバーが安いんじゃない?って一瞬思うところ。

ミニクロスオーバーは足回りでは16インチのアルミホイールのサイズから始まり(X1は17インチ・18インチ、X2では19インチ標準)、内外装も質素なグレードからスタートします。

ちなみに、X1とX2に16インチ流用して安くスタッドレスの替えセットを作ることも出来るらしい。ただし、年次・グレードによりブレーキキャリパーと干渉する可能性はあるようなので、現車でフィッティング・マッチング確認各自で願います。

ミニクロスオーバーのナビの位置やサイズに若干の気になる所はあるけども、装備としてはナビなどは備わるし、特段物足りないものもなく、オプションをお好みで~となりますが…

ミニクロスオーバーではオプションが多くて、そして高い。

トリムラインを選ぶ、みたいなセットオプションで好みの外装デザイン・インテリアの仕立て・アクセントとなるパーツ類を装着すると…

16万のクラシックトリム、

68万のオール4トリム(アウトドアルックに仕立てる)

60万のジョンクーパーワークストリム(パンチの効いたスポーツ風に)

そしてミニユアーズトリム(レザー仕立てをメインにラグジュアリー仕様に)となっていて、

さらにドライビングアシストパッケージ10万やデジタルパッケージ14万などなど、けっこう追加することも有り得る設定。

ミニクロスオーバーの売れ筋がディーゼルのFF433万、または4WD457万(FFと4WDの差額は24万円)となりますが、クーパーD4WDにオール4トリム68万付けるだけで、BMW・X1のXライン:4WDで503万円を超える(笑)

225/50R18のタイヤサイズは同じ、SUV的なアウトドアルックを強調したデザイン推しなのも同じ(笑)まさかの価格逆転お兄ちゃん超え。

そうなんです、実は、X1のディーゼルってコスパ高めなんです(笑)

まとめ

ミニクロスオーバーを選ぶ方は外観のデザイン、個性的なインテリアに惹かれて購入する方も多く、カラーのオーダーやパーツ・オプションのチョイスでカスタムルックで自分だけの一台を求めがち。

購入後もカスタムする人が多いのも特徴でしょうか。

ミニクロスオーバーはサイズ、実用性、コスパのことを考えずに見た目で選ぶクルマってことですね。

逆にX1の購入を検討していて、19インチアルミ標準で見た目でスポーティなX2だったり、かわいくて個性的なクロスオーバーもいいなぁ、と兄弟車を見比べると、値段と装備と室内空間と検証して、やっぱX1がイイやってなることもあるかもしれません。

どのモデルも2022年中には本国でモデルチェンジについて発表され、2023年には日本にやって来ることにはなると思います。

ミニクロスオーバーもX1も若干サイズアップして運転支援系もグレードアップしたりするのでしょう。そして価格もまた50万くらい値上げになるのでしょう…

人気のSUVカテゴリー、カローラクロスと同等サイズで日本でも扱いやすい兄弟車たち、チェックしてみてもいいかもしれません。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ