CRF250Lと乗り比べて見た!250ラリーとの違いは?

CRF250 ラリーとLという存在

知人のCRF250Lに乗る機会を得ました。CRF250RALLYとの比較になりますね。


試乗インプレッション短評としてまとめたいと思います。


正直、フロント周りの景色の差、くらいしかないような印象です。

ラリーはスクリーン標準


足回りやエンジンのツキ、ふけ上がりなど、やや後発のCRF250RALLYの方が洗練されているような印象ですが、基本は同じ感じかと思います。

ブレーキの効きに関しても、ラリーの方がタッチも効きも良い印象が残っていますが、かと言って250Lのタッチが悪くてプアな効きなのかと言うとそんなこともなく、必要十分かつコントローラブル、オフモデルとしては完成度は高いかと。


CRFラリーとの違いはフロント周りのスクリーン:ヘッドライトのデザイン、タンクのボリュームなどを中心にツーリング特性の差別化が比較されますが、ABSの設定の有無、というのもおおきな違いかと思います。

選ぼうにも250Lでは設定はないんですね。

ローダウン仕様はメーカーで設定があって、その辺りの配慮はあります。

オフモデルにABSは必要かどうか?というのもバイク好きの間での議論になったりしますが、私は一貫してABSアリ派なので、キャンセラーを設定してABSを装着したらいいのにな、と思います。

ラリーのABS仕様はそのようになっていますのでそれを理由に選ぶというのもあり得ますね。



シートのつくりなども基本は一緒だと思いますが、ラリーの方がややソフトで座面の幅がちょっと広め?でしょうか。

CRF250Lの方がシートがスリムで角がお尻に当たると言えば当たりますが、ラリーも似たような感じです。

オンロードモデルっぽいシートとしてはヴェルシスX250の方がソフトなタッチです。

期待値が高すぎてCRF250Lの方はイマイチ評判が…



知人曰く、CRF250Lの評判は悪く、中途半端だとか性能が悪いとか重いとか足回りがプアだとか、良くネットで批判されているのを見て悲しい、だそう。


実際のところ乗ってみても、そんなに酷いバイクではないと思いますが、CRF という名前に対しての世のライダーたちの理想が高すぎて非難したくなってしまうのではないか?と分析しているとのこと。

安いオフローダーの選択肢として


CRF250Lの最大の美点。安いと言うのが最大の魅力ではないか?と思います。定価は一応47万円ですが・・


新車乗り出しで40万円台前半と言うのも良くある話だそうで、コスパが高いのがポイントとなります。


燃費性能の良さはLでもラリーでも差は余りないそうですが、街乗りでおおよそ30㎞/Lくらいは走るそうなので通勤や足代わりにも良いチョイスになるのではないか?とのこと。


スクリーンやリアキャリアのカスタムなどで少し快適性を増し、街乗りオフローダーとしても利用価値があるバイクなのかも。

セローと共通する部分としてはマイルドな特性のエンジン、異なる部分としてはシート高の高さなどありますが、値段も含めて比較的親しみやすいオフバイクとして裾野を広げる役割も秘めたバイクなのだと感じました。


まずは形から入る、そんなときにオフロードバイクのファーストチョイスとして良いかも。


値段や程度の差が解り難いオフロードバイクの中古よりも、安めの新車、というチョイスも大いにアリです!


多少はネットで叩かれようと、人気のバイクはアフターパーツもたくさんラインナップされています。

アンチがいてもそれは人気の裏返しとも言えます。



その他のモデルの試乗インプレッションなども参考になればと思います。

アフリカツインよりもオフ車!CRF250RALLY仕様インプレ①

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です