カーボンヘルメットの買い時?3万円前後ってどうなの?

とあるバイク用品店でカーボンヘルメットを試着する機会があって・・正直なところ衝撃的な軽さでした
MFJ公認取得/ SG/PCS規格取得とのことでサーキットでも使える信頼感、行動でももちろんOKな規格クリアなどで一押しだそうで
店頭では30,000円ちょいでした
61LPxEkGKKL._SL1010_.jpg


体感するのが一番だとは思うので店頭での試着をお勧めしたいところです。
だいたい重さとしては1.2㎏くらいで、一般的なフルフェイスのヘルメットが1.5~1.6㎏くらいでしょうか。
500gの差・・と言うことになりますが、500のペットボトル一本余計に重しが着いていると思えばかなり違うというのと、1・3倍重いというのも負担としてはそれなりにあると感じるかと思います。
ベンチマークとしていたのはシンプソンのM30型の軽量カーボンモデルだそうで、1150gくらいだとか。
約10万円
それでもカーボンファイバーテクノロジーの塊としてはさほど高くないですね。

その昔のアライで出てたカーボン製のヘルメット、フルフェイスもジェット型ヘルメットも24万円したと思うので、価格的にはこなれてきているのかもしれません。
炭素繊維の加工技術や成型技術の向上でもっと安くなることに今後も期待したいですね。
AGVというイタリアブランドのヘルメットでオフタイプのカーボンヘルメットなんてのもあったりします。

オフ型でありながら1250㎎くらいとかなり軽量に仕上がっているというのと、デザイン的にイタリアンしているのがポイントでしょうか。8万円前後となっています。

システムタイプのフロントの顎部分がフリップアップするタイプのヘルメットもありますが、重いので私はあまり好きではありません。機能として中途半端な感じと、メカニズムとしておおよそ300gくらい重くなるイメージなので、ジェット型とフルフェイスと用途によって使い分ける方が快適性は高いのではないかとも思います。ヘルメットの所有や保管の関係で一個しか選べず、システム式を使っている方もいらっしゃるとは思うのでなんとも言えませんが、チョイスの時の参考になればと。
新しもの好きならカーボンヘルメット・・というほど旬な話題でもありませんが、3~10万円までと、買える値段になってきています。
ヘルメットの軽さにこだわる方は一度チェックして見ても良いかもしれません。絶対的な軽さよりもフィット感が良ければ重さを感じ難い、と都市伝説的なお話もありますが、単純に結構な衝撃的な軽さで心を打たれるかも。頭の形とのフィット感までマッチしたら、本当にラクで快適なヘルメットとなるかもしれませんね。
よきモーターライフを!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です