MT09より完成度高い?XSR900試乗記①

ストリートファイターにヴィンテージな外装

皮だけレトロクラシック風に仕立てたMT09・・

いつだかXJR400だか1200とかをトラッカー風にカスタムしたのを雑誌とかで見かけたり、メーカーのコンセプトバイクとかで見たりしたようなってところで、ヤマハのイエローのストロボカラーでデコッただけのMTシリーズか・・


そう思っていたら、見た目の変更ってだけの派生モデルというだけでなく、MT09をオーソドックスでスタンダードなバイクに仕上げて乗り易く扱いやすくアレンジと言った感じでしょうか?

MT-09の派生車種

MT09の派生車種としてMT09トレーサーと言うのがありますが、あちらはオンロードメインのアドベンチャールックのツーリングBike。

MT09自体がもともと脚長気味のモタードとストリートファイターのクロスオーバーバイクゆえに、豊かなストロークにシートやハンドルのアレンジで違った個性を出していた。

売れ筋ではないけども、個人的にはコスパの高いツーリングバイクとしての発展性・パニアやトップケースとのマッチングなども含めてトレーサーいいなぁっと思っていました。

カウルのフェアリングでの高速走行時の快適性や、ややマイルドな挙動とかね、

ところがこのネオレトロ風に仕立てたXSR、意外にもなかなかに完成度が高い。

むしろMT09のような個性の強さを抑えた分、エンジンや足回りがシックリくる人も多いのではないか?と思うデキです。

ただまぁ、ハンドル幅が広めで欧州仕様なんだなぁとは感じるであろうとも思うので、オプションでハンドルを推しているというのも解るような感じです。



まさかのセパハンキットなんてのあったり・・カフェレーサー仕様を極めようとすればこうなるのかも


3気筒だけど扱いやすく

3気筒っていうマニアックなパワーユニットはMT09に準じて110psの最高出力を発揮します。

マニアックと言ってもトライアンフやMVアグスタでも採用されているのであくまで現行国産では、となります。

レトロな見た目ですが、パワー的にはかなり闘えるバイクです。

コンピューターのセッティングの適正化かトラクションコントロールのおかげか、スロットルバイワイヤの影響からか、MT09よりも扱いやすく感じるエンジンかと思います。

かのMT09も2017年モデルからはリアのナンバーステーやカラーリングの変更などと合わせてスロットルバイワイヤシステムを採用しているので最新型どうしで比較すれば差異はないのかもしれません。

サスそのものはMT09と共有しているパーツだそうですが、若干初期のストロークが硬めでMT09よりも姿勢変化が少ない印象です。

ストローク量は変わらないそうなので、バネレートが高いのかダンパーの硬さか粘りなのか、アクセルに対する反応のマイルドさもあってMT09ほどの癖がなく一般的には扱いやすく乗り易い感じになっていると思います。

MT09のオフロードっぽいモタードテイストのシートと違い、ややレトロなデザインと感触でXSR900のシートは心地よいかも。

トレーサーのシートが一番長時間ライディングには適しているようには思いますが、XSRもタメはるくらいには悪くない感じかと思います。

アシスト&スリッパークラッチなどのメカニズムも採用され、軽めの操作感に穏やかな挙動を促す感じなど、全般的にベーシックバイクとしての資質を高める方向に振りつつ、見た目クラシックに。

そして細かなパーツの質感を高めてる感じなどあり、チョイスとしては面白いバイクと言えると思います。

MT09の挙動がピーキーと言うかトリッキーというか、扱いにくさを感じて敬遠していた人はMT07をチョイスしたりしていたそうです。

2014年ころの出た当時では強い個性としてポジティブに捉えられていても、2~3年経つと付き合うのに疲れてくる・・みたいな。

2017年のMT09のマイナーチェンジもそういったネガを潰す改良なのかも。

そして、この出来栄えであればMT07にダウングレードせずにXSR900というチョイスもアリ、かな、と思えます。

まぁ、それでもポテンシャルは高くてレトロな見た目の狼ですけど。


MT-09(2017年マイナーチェンジモデル) が1,004,400円(税込み)
XSR900 2017年モデルは2016年と変更点なく1,042,000円(税込み)


敢えて出力の低くてVツインで大排気量で装備も質素でフロントシングルディスクで正立フォークなヘリテージモデルをご所望であればヤマハであれば SCR950 106万円というチョイスもあります。

アメリカンチックなSCR950

スペックやデザイン、色んな選択肢の中からベストのバイクと出会えると良いですね。

色んなバイクに試乗してみましょう。本気で購入検討するならレンタバイクなどで長時間試乗したりするとより良いかも?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です