ゴルフとポロを比較 現行最終ポロのデキはいかに!

5ナンバーのポロは往年のゴルフサイズ

2017年初頭でいまだ現行型のポロ(形式 6R型)は5ナンバーコンパクトインポートカーで絶対的な存在を放つ車。

ポロ(全長×全幅×全高)3,995mm×1,685mm×1,460mm
ゴルフⅢ 全長4,020mm 全幅1,695mm全高1,420mm(1991年-1997年モデル)

よく引き合いに出されるのはワーゲンのゴルフ3型。寸法を見ての通り、5ナンバーサイズで当時のゴルフのサイズに近いというのが興味深いと思いませんか?

ちなみに現行ゴルフ7のサイズは全長×全幅×全高:4265×1800×1460mmとなっていて


1800㎜も全幅あるなんてプレミアムコンパクトのゴルフとは言えない大きさだ!と憤慨する人もやはり一部にはいるようですね。

しかしまぁ、モデルチェンジの度にボディサイズが大きくなるというのは世の常。

衝突安全性の確保であったり、世界的な平均身長の伸びだったり、なんだかんだと理由を着けて高級化、高価格化していったりしていますが、そこで一回り小さなコンパクトクラスに注目、というのも一理あるかと思います。

5ナンバーで現代的なゴルフを作るとポロ?

ゴルフの外観にかなり似せて作られているポロ、ちょっとずんぐりしていますが、もしかしたら5ナンバーでゴルフを作り直したらこんな車になるのではないか?と思わせるような完成度の高さかと思います。

ポロは200万円からの車で、ゴルフは250万円からの車。sizeはゴルフの方が25㎝長く、10㎝広い。

価格も50万円高く、ちょっと造りも高級感でゴルフが勝るような感じです。

車重は100kgほどゴルフの方が重く、燃費性能的はポロ22㎞/L、ゴルフ19㎞/Lくらいとカタログ上にさほどの差はなく、実燃費でもポロ14~15くらい、ゴルフで10~13くらいと7割くらいの達成というか、ちょっと悪いというかってところ。

実際所有している人からすれば給油の頻度とか維持費的な物は、正直あまり変わらない印象かもしれません。

自動ブレーキの装備や多数のエアバッグ、横滑り防止のASC(オートマチックスタビリティコントロール)なども標準なのが素晴らしいところ。

ポロであっても2009年からの型で基本設計は古くなってきていますが衝突安全性でも予防安全でも国産車よりか高いレベルを維持していると言えます。

グレードにもよりますが、ポロですらアダプティブクルーズコントロール的なものも着けることができるなど、レベルが高いですね。

運転感覚も良い両車

走りの質感で比較するとポロの方がハンドルが軽く、コーナーも軽快にクリアする感じです。

個人的にはDSGのダイレクト感はコーナリング中にこそ旨味があるように感じ、ポロの軽さと相まってアクセルのオンオフで車の挙動変化を楽しめるように感じます。

ゴルフの方がハンドル重めで安定感と大らかな感じはありますが、狙ったラインを修正舵少なく走れる優等生風なセッティングなのではないかと思います。

ゴルフはコーナーを抜けて直進体制に入ってアクセルを踏み込んだ時の挙動が滑らかで、大人な振る舞いという感じです。

ゴルフとポロのワーゲンを代表するこの2台、正直なところゴルフの方が圧倒的に売れています。

しかし、セカンドカーとしてだったり、女性にも扱いやすいサイズとしてのチョイスではポロの方が支持されているというのがあるようです。

具体的には20代後半から30代の女性の支持はポロの方が多いのだそうです。

こんな地味がインテリアが・・?と思わなくもないですが、女性だからかわいらしいインテリアが好き、と言うのは偏見で、シンプルで上質な物を求める人はいるということの表れのようです。

表層的な媚びを売ったような女性向けの車と言うのはあまりヒットせず、ヒットしてもロングセラーにはならず、といった運命をたどることも多いようではあるので、ポロ、ゴルフ、純粋に上質と評価されているということなのでしょう。

モデルチェンジ前で値引きに期待

ポロはモデルチェンジ、ゴルフはマイナーチェンジを2017年に予定しているとのことで、現状では在庫車を中心に値引きが期待できるこの2車種。

量販車種で元の価格帯も高いわけではないので大幅な値引きは難しい面もありますが、1~2割引引けると御の字といったところのようです。

ナビやオプションサービスなどと合わせて20~50万の値引きを目標にゲットできればマイナーチェンジ後のモデルやモデルチェンジ後のモデルを見ても悔しくはないでしょう。

最新型が羨ましくないと言うのであれば、最終型を敢えて購入するというのも輸入車としては良くある話。玄人風のそういうチョイスも良いかもしれません。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ