先取りしすぎて爆死 ゴルフプラスを中古で・・はススメないかな・・

余りにも早すぎる時代の先取りは時として悲惨な結末を招くこともあるのかも?

時代を先取りしすぎたゴルフ派生


コンパクトクラスでありながら上位グレードを超える快適性、居住性を持たせて新たな価値を創出・・メルセデスベンツのBクラスやBMWの2シリーズアクティブツアラーのことではありませんよ。

ゴルフプラスという過去のモデルのことです。

売れずにすぐに導入中止に。

その後に似たコンセプトのアクティブツアラーやBクラスのモデル展開や販売台数を見て、ワーゲンはどんな思いなのでしょう?ってくらい、ゴルフプラスは自動車評論家の評価や評判は良かったけど販売台数的に不人気速攻絶版車送りという不遇のモデルです。


ちなみに当時のライバルはフォードフォーカスシリーズのFOCUS C-MAXというなどのMPV的な車種がいました。

フォーカスとゴルフ、欧州では良いライバルのようですが、日本に於いては欧州フォードモデルは壊滅、というか日本撤退にまでなるほど不振で不信なメーカーに。


先取りした割にダメなモデルと言えばステップワゴン。


ステップワゴンは先走りすぎ!?5代目RP型試乗レポート
思い出した!!3代目ステップワゴンの魅力

3代目はボディ、5代目はエンジンをダウンサイジングしたのに全く評価されず不人気車になっています。そしてなぜか原点回帰的な感じの4代目だけは人気が出ていたという謎の現象が起きたりとか。

もう日本には入って来ない


話をゴルフプラスに戻して、7型のゴルフになっても日本復活はないようです。

コアなファンはいるようではありますが、ドイツ本国というか、欧州では後継車が販売されているようで、もし、日本でイギリス仕様の右ハンドル並行輸入モデルを購入しようとすると400万円を超えるような感じで手に入ります。

メカニズム的には現行のワーゲンの物なので耐久性、整備性は変わりませんが、チョイスとしてはちょっと割高かも。


ぱっと見はトゥーランのように見える海外仕様のワーゲンゴルフプラス現行。


日本に於いては大は小を兼ねる、という理屈に負けてか3列シートを備え7人乗りで荷室も広いトゥーランはそこそこの売れ筋のモデルとなっても、ゴルフプラスでは中途半端になってしまうという。

BMWはアクティブツアラーもグランツアラーも売れているようなので、当時のワーゲンの販売戦略として失敗した、という悲しい過去のようでもあります。

ゴルフのブランド性は高くとも、バリエーション戦略で逸したような感じでしょう。


ゴルフプラスは2005年から2008年前半までの3年ちょっとしか売っていなかった車です。

Bクラスと2シリーズアクティブツアラー


ゴルフⅤと共通のボディで全長×全幅×全高=4205×1760×1605mmといったサイズ感。


エンジンやミッションはダウンサイジングターボのTSIや電光石火のシフトのDSGにアップデートされずに顔つきもボヨンとしたままフェイスリフトでテコ入れもされず・・


Bクラスは
全長×全幅×全高は4400×1785×1545mm


アクティブツアラーは
全長×全幅×全高は4350×1800×1550mm


BMWアクティブツアラーやベンツBクラスと近い印象なんですが、全高が1550㎜を超えていて機械式立体駐車場に収まらない可能性が高いというネックがあります。

Bクラスもアクティブツアラーも一応そこは考慮して日本仕様はスポーツサスを装備してローダウン仕様にしたりルーフアンテナやその他調整して1550㎜に合わせてきているのでフォルクスワーゲンにしては詰めが甘い。


Bクラス VS 2シリーズアクティブツアラー どっちが良いと思う? の記事参照。

インテリアは当時のティグアンに近いテイストのもので、現代の水準では野暮ったい感じもありますが、そこまでは古臭くは感じないかもしれません。

ナビさえ新し目にリプレイス出きれば後のパーツ類はメッキの加飾があったりとそこまで貧相でもない感じかと思います。



リアシートとかは現在の水準でも十分広く、そこをうまくPRできなかった模様。


多分、パサートやフェートンを超える居住性、と言われてもピンとくる人は少なかったのでしょう。



逆に古い輸入車の方が2DINタイプのナビをキットでインストールしやすかったりします。


リアシートのスライドやリクライニングなど、現行でも素のゴルフにはないような装備があって実は快適性はワンクラス上であったりします。

中古で探すのは勧めないけども


10年落ちくらいになりますが、新車当時は300万円の車がいまや中古で50万円前後です。

走行距離はあまり関係なく、程度相応に相場は低め。

DSGとダウンサイジングターボなど先進性がないため走行フィーリングにはもっさりした感じもあるかもしれませんが、意外と排気音とかはドイツ車っぽい低音と抜けの良さを感じるかも。

メカニズム的にはDSGのような派手に壊れて50万、みたいなことは少ないようなので(器械物なんで私で保証は出来ませんが)もしかしたら車検2取りの2年で乗りつぶす足車として良いチョイスとなるかもしれません。

せめて整備記録や点検簿はしっかりチェックしましょう。たまに中古車に整備簿付き、となっていてもあるだけで整備の履歴がかなり前で止まったまま、なんてものもあったりします。

記録簿はあるから嘘じゃないけどさぁ・・って思うようなないような。

整備記録があったところで最後にどんな整備したのかは自分で確かめましょう!ってことですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。