小さいことが美徳となる125㏄以下で最小のスクーターは?

スクーターサイズで実用的なクラス最小コンパクト原2のスクーターは何か?

原付Ⅱ種とは125㏄以下で50㏄以上のカテゴリー、ナンバーはピンクとか黄色とかで税金は原付並みに安く、ここ数年で人気のジャンルとなっています。

125㏄以下でスポーティなミッションのバイクもラインナップされていたりしますが、ここは足代わりに使えるスクータータイプで小さめの車種を大雑把に紹介したいと思います。

車で既に任意保険に加入しているならばファミリーバイク特約に加入することで保険料も安くできるとメリットも多い、125(ワンツーファイブ)は要注目ですね。

ちなみに原付二種の売れ筋としてはやや見た目に大きく立派に見えつつ運動性能を高めてタンデムも快適にという良いとこどり的なホンダPCXやシグナスシリーズ、NMAXなどがありますが、ここでは敢えてその辺の定番人気車種は外して記事にします。

原付、50㏄のスクーターは全長がだいたい1650~1680㎜位です。

ホンダの50㏄スクータータクトで1675㎜とかです。



大人用の自転車であれば平均的に1700㎜前後となっているのでボディのボリューム以外はサイズ的にはほぼ自転車が停められるところには駐輪できることになりますね。

原付二種でも平均的なサイズとしては1850㎜前後となっているので駅前の駐輪場などでスクーター125㏄以下なら駐車可能、となっているのもこういった一般的なサイズを考慮してのことだったりします。

ホンダのリード125で全長1835㎜ 29万円くらい

ディオ110で全長1870㎜ 排気量は小さいけどホイールが大きくてちょっと大きい。22万円くらい。

PCXで全長1930㎜とワンサイズというかクラスが一つ上の立派さに。32万円くらい。


PCXのサイズだと50㏄のサイズに比べて25㎝くらい長く大きい計算になりますね。

となると50㏄原付とほぼ同じサイズの

スズキアドレスV125の全長1750㎜ 24万くらい
はかなりコンパクトな部類に入るはず。個人的には自転車や50㏄の原付と同じように停める場所を検討できる素敵なサイズだと思います。



見た感じで原チャリって感じ。

アドレスV110だと全長1845㎜と、大きくなっているので注意しましょう。

sizeの割に原付Ⅱ種スクーター新車で買える最安値? の筆頭となっていて
20万円くらい~ 高い50㏄と同じくらいの感じで安く買えます。



ちなみにホンダでもスズキでも(ヤマハでも)110㏄ってサイズでホイールが大きい車種が何気に安いって気付いたりしましたか?

タイであったりベトナムであったりその他の東南アジアの国であったりと、製造がそこらへんの国でコストを抑えている素敵な車種ですね。

ホイールが大きい理由としては、東南アジア諸国では道路の舗装状態が悪いことが多いようなので、走破性の高い大き目のホイールの足回りが重宝されるそうだから、だそうです。大き目のホイールは直進安定性が高く、路面の荒れなどからハンドルを取られるなどの外乱の影響を受けにくいメリットがあり、日本においても足として使う分には必要十分な性能を備えています。

ちなみにただ単純に小さい50㏄~125㏄であればエイプ100の1710㎜やグロム125の1755㎜と言うのもありますが、ここはあくまでメットインを備えたスクーターで小さくて使い勝手が良くて安くて、と言うのがポイントです。

新車で20万~購入可能な原付Ⅱ種のスクーターたち、出来ることなら新車で買いましょう。新車で値引きが結構できるケースがあり、中古で微妙な年式や走行距離の個体を買うのは割高、かつギャンブル。

ここだけのハナシ、すごく残念ですが、原付クラスのバイクのつくりはシンプル=アナログであり、メーター戻し(メーターassy交換なども)が簡単に悪いことが出来てしまうそうです・・・中古で走行距離少ない場合は逆に疑ってかかった方が良いでしょう。

フロントのディスクの厚みなどをチェックするなど、距離と年齢は誤魔化しきれない部分があると思うので、新車と比べてみると良いのかも。あ、明らかに違う、とピンとくるかもしれません。

ハズレの中古を引き当てるくらいなら、新車を頑張って値引き、の方が安パイかもしれません。

いや、むしろ何年か乗るなら新車が良いでしょう!
今回はサイズでアドレス125、値段でアドレス110がお勧めってことで。(スズキの回し者ではありませんよ)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です