カローラツーリングは何と比べて買いなのか?旧型か輸入車か・試乗インプレ④

新型カローラはお買い得?

カローラツーリングの試乗を通しての結論、果たして買いなのか??


走りや居住性、ナビのセレクトについては過去の試乗インプレからどうぞ

カローラツーリングのナビ・CDなしの価格とか総合評価!試乗インプレ③

悩ましいエンジンとグレード選び

総括すると・・


走りは良い。


エンジンの選択は悩むところで、安くてお手軽なグレードが無いのが悩みでしょうか。


ビジネスユースを想定して旧型のカローラフィールダーも併売していますが、自動ブレーキの性能があからさまに劣り、ファミリーユースで使うのであれば積極的には選ばないところでしょう。

バランスの良いSグレード

1.2リッターターボにのみマニュアルを設定していて、走りを楽しむ方やマニアックなチョイスをされる方向けのグレードではあります。


1.8リッターは長期的には主力となるモデルで、Sグレード辺りが価格と装備のバランスが良いと言えます。

2,216,500円からと言うのはカローラでイメージする価格としては少し高いなぁ~と思われる方も多いかも。

ですが、ランクと言うか、クラスが上に上がって安全装備が充実していると考えると割高ではないでしょう。

ハイブリッドのW×Bというトップグレード


新型登場時の人気のグレードとしてはハイブリッドのW×Bというトップグレードだそうで、カローラと言う名前を超越した価値を提供するミディアムサイズワゴンくらいに思うと良い感じでしょう。

距離を走ったり、毎日のように通勤などで乗り回す場合には静粛性の高さなど満足度が高いと思います。

2,799,500というプライスを考えるとカローラとは思えない!!となりますよね。

スバルのベストセラーワゴンたるレガシィツーリングワゴンとインプレッサワゴンで言うならレガシィツーリングワゴン寄り、だと思った方が良いでしょう。

燃費と静かさが強みのハイブリッド



乗り心地や走りの良さ、ハイブリッドであれば燃費性能の良さ(WLTC燃費25.6㎞/L~)くらいとランニングコストの安さが最大の強み、ドライビングの楽しめる素性などがストロングポイントでしょう。


プリウスなどと同様に強制EVモードも選ぶことが出来、深夜早朝の住宅街などで静かに移動できます。



プリウスと違いシフトレバーは乗用車的、シフトミスや誤操作はプリウスよりも起こら無そうで好感が持てます。

質感も悪くないインテリア


インテリアもドライバーを中心として考えると完成度は高いです。


W×Bグレードのメーターは液晶でカラフルで情報量多く、輸入車の上位モデルばり。



長く運転すると満足度が高く、グレードの高さでしばらくは後れを取らないレベルだと思います。

Sグレード以下ではメーターはシンプルになります。新しくなっていますが、旧型っぽいと言えば旧型っぽい。



シートも全体にボリュームがあり、座り心地やホールド感も良し、ドライバーのポジションの自由度も高く、運転者はグッド。


ただ、リアシートに関しては気持ち狭めに収まる感じで、国産トヨタの80点主義の中では割とフロントに割り切ってリアシートを犠牲にするヨーロッパ的なつくりと言えます。

セーフティセンス:安全装備のランクアップ


メカニズムとしてはジドウブレーキ&レーダークルーズコントロール(いわゆるアダプティブクルーズコントロール)が標準でついているというのがクラスを超えた装備として高く評価できます。

踏み間違いによる急発進の抑制制御なども備わり、高齢者にも良いチョイスたり得る車の完成度です。プリウスミサイルという揶揄された表現が付きまとうプリウスよりも、カローラを薦めたいですね。


小物入れなどもオーソドックスな物が備わります。付けようと思えばQi対応の置くだけ充電なども備えることも出来ますが、13200円とのことで、USBで充電するほうが良いように思います。


ナビ、というか、ディスプレイオーディオでCD再生はできないのですが、CD数枚入りそうなセンターボックス。

アームレストもしっかりあります。

ちょっとスライド式でポジションも合わせやすいです。

シートのポジションやステアリングのチルト・テレスコ調整と併せて使い勝手は良いかも。

カローラがコネクッテドカーに


ナビはスマホ連動を売りに、7インチor9インチのモニターを備え、Tコネクトと言われるコネクテッドカーとしてもアピールしています。

スマホ連動の初期設定費用が33,000円かかりますが、ナビを付けないでも道案内を可能とします。

社外品のカーナビメーカーがあおりを受けそうですが、ソコを推しています。

旧来のような道案内専用のナビ自体は既存のディーラーオプションに比べてリーズナブル、66,000~110,000円となっており、オペレーターと通話しながらナビを使うなどレクサスと同等のサービスも選択できます。

モニターで映像を楽しむ、と言うのはできませんが、ナビと通信、と言う意味では次世代っぽい感じの仕上がりで、カローラを超越した仕上がりで、日本で使う分には輸入車のコネクテッドよりも使い勝手はよさそうです。


カローラ、という名前に引っ張られがちですが、その性能はクラスレス。

ある種コネクテッドに関してはレクサスとの共有サービスも利用でき、走りも欧州車っぽい。

ネックは装備を充実させると300万円前後という価格帯でしょうか。

それでもレクサスの400~500万円台の車や、ワーゲンの300~450万円前後の車格の車より、リーズナブルであります。

ただ、過去の安い大衆車というカローラのネーミングに引っ張られる。


ある種、コネクテッドカーがスタンダードとなる次世代の大衆車の礎となる車かもしれません。

カローラが時代を拓く、と言っても良いかもしれませんね。


さて、肝心の価格に対しての値引きはどの程度望めるのか?と言うところは多くの人が興味があるでしょう。


9月の発売開始で日が浅いこともありますが、10~20万円の値引きが見込めそうです。


ガソリンモデルで1か月半、ハイブリッドモデルで2~3か月ほどの納期がかかるほど初期としては人気であり、値引きも1割引きに届かないいう渋いところ。ナビやオプションとまとめて値引き、と言うのが効かせにくいというのも一因としてあるようです。


納期的に落ち着けば1割以上は値引き交渉も可能となるでしょう。ライバルとして想定するならマツダ3(旧アクセラ)、スバルのインプレッサやレヴォーグ(ちょっと車格が上ですが)などでしょうか。

マツダもスバルもモデルチェンジやマイナーチェンジで値引きを渋く設定しがちな時期ですが、そちらも納期が落ち着くなどすると販売奨励金などで値引きが見込めるようになります。比較試乗したりしながら交渉すると良いかもしれませんね。



過去のその他の車種のインプレッションも参考になればと思います。

カローラスポーツはGRまで(もしくはマイチェンまで)我慢すべきモデル?試乗インプレ短評

レガシーを超えた?レヴォーグ 試乗インプレ①

インプレッサスポーツ試乗①・レガシィを超えるのか?
展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。




90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です