カローラがコネクテッドカーの未来を拓きそう…だね!

コネクテッドカーの未来を拓き、そしてカーナビメーカーが売り上がらなくなる・・かも。

ディスプレイオーディオ標準のカローラ


賛否両論がある、2019年の新型カローラに標準搭載されたディスプレイオーディオ。


CDやDVDなどのメディアの再生はできず、DCMを介した通信機能を全グレード標準として、新しい時代の幕開けを感じさせるものをリリースしてきました。

今後は各車種モデルチェンジを機にDCM:車載通信機能をデフォルトで搭載ということもありそうです。


カローラツーリングのナビ・CDなしの価格とか総合評価!試乗インプレ③

カローラを皮切りにコネクテッド系がベーシックに?


価格帯や車のサイズがやや上級志向になったとは言え、カローラのような大衆車・量販車がコネクテッド機能を標準で搭載するとなると、一気にコネクテッドカーが普及していくような気がします。

ビックデータと呼ばれる物も、実際に走る車が増えれば活用出来る情報も増え、フィードバックも多く集まるようになれば使い勝手も一気に加速しそうな気もしますね。


ネットに繋がると言う事だけでなく、車と車がつながる未来がすぐそこまで来ているような気がしませんか?


これまでも輸入車で上位グレードや上位車種などで、通信機能を備えた車はありましたが、価格帯も高いことがあり、一般に広く普及したとはいいがたいと思います。

ナビメーカーもスマートループやギャザズ、DCM等のティーコネクト対応ナビ、など意欲的なシステムなどもありたしたが、あくまでオプションであったり、一部のマニアックなナビ好きの人だけが選ぶものであったように思います。

使ってる人は便利さを享受できたとしても、ユーザーが多くないとメリットの拡大が難しく、他メーカーとは共有もされないため一定以上の便利さで頭打ち、ということもあったかもしれません。

旧来のDCMはイマイチだった

例えばティーコネクト対応ナビDCM搭載モデルだと普通のナビゲーションよりも40,000円ほど高価と言うこともありました。



G-BOOKと呼ばれる通信対応のナビは2004年ごろから連綿と続いてはいるものの、現行プリウス系やアルファードなどに用意されているこのDCMパッケージのナビ、あやふやなセールスのアピールでこの差額の4万円強、使うかどうかわからないものに投資する人は多くはなかったように思います。

特に、車両価格が300万円前後の場合、ナビオプションの値段で30万円程度と高価となり、車体の1割を占めるとなると、積極的に選べなかったものです。


実際、新型カローラの値上がりに関してはこのDCMと7インチ、ないしは9インチのディスプレイモニターを全車種標準という事で10万円前後は乗っかっているかもしれませんが、そこを感じ取っての車選びとなりますね。

コネクッテドの展開


新型カローラの通信システムとしては、当初対応していたスマートデバイスリンクはLINEカーナビだけでありましたが、ナビタイムも対応すると言うことになり、今後の発展性が期待できるところです。

スマホとの親和性が高いアプリなどを積極的に取り込み、ソフト面を充実させていく流れですね。

ただ、今までディーラーオプションなどで台数を稼いだり、カー用品量販店の後付けで人気があったナビメーカーなどは入り込む余地が少なくなり打撃を受ける、という事はありそうでもあります。

車両の設計段階で組み込まれたものに割って入るのは難しそうです。


使い方の良い感じのイメージはトヨタのディスプレイオーディオのサイトでチェック。


https://toyota.jp/dop/navi/displayaudio/


新型カローラツーリングではTV(フルセグ)+Apple CarPlay+Android Auto™のセットオプションで33,000円。


T-Connectナビキットはマップオンデマンドなどの地図更新サービス、オペレーターとの対話型でのナビ設定・検索などができる上位モデルで110,000円となっていて、カローラの価格的には高過ぎず、悪くない設定です。

と言うのも標準で乗っかっているDCMユニットなどで車体価格が上がっているのでソフト的な部分だとさほど高価ではないことが分かります。


現状はオペレーターとのやりとりでしかできないことでも、AIやクラウドでの情報処理速度の進化などで、殆どのことがカバーできるようになる、と言うのも現実味を帯びてきています。

メルセデス・ベンツ、BMW、レクサスなど400万円~のモデルの更にはオプションで付いてた物が、一気に200万円台のカローラに降りてきた、ここから一気に普及すると言うのも有り得る話です。



ただね、このディスプレイオーディオ(モニター)のスマートリンクやナビなど、走行中に操作できない部分が多いとかだと正直使い勝手が悪いままです。

画面の注視やタッチパネルでの操作をさせないための音声操作ではありますが、助手席の方が操作するなど状況によっては解除できるようになって欲しいもので。


TVジャンパーキットなどの後付けのメーカーの物に頼らず、色々任意に設定できるようになると良いですよね~


安いのを探すならやはりアマゾンで。車種で絞り込みましょう。

長年の歴史があるデーターシステムの物であれば信頼できるという方もいるでしょうか。こちらも定価よりかはかなり安いです。


走行中に操作できる範囲は増えた方が機能をフルに発揮できるとも思うので、参考までに。


カローラに限らずコネクテッドカーを自称する車は増えて来ています。

メルセデスベンツAクラスや、BMW、レクサスなど、実際にディーラーのデモカーなどで試乗して、色々ナビなどを操作して使い勝手を見極めましょう。

ナビの機能で出掛けるのが楽しみになるとか、近場で乗るだけであまり必要ないかとか、必要かどうかを考えましょう。

しゃべる車とAIスピーカーとAクラス(2019)そのスマートさの完成度を探る!試乗インプレ①

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です