スイフトの装備と価格 残価設定が軽よりも・・・インプレ④

安くて安全なコンパクト?

セーフティパッケージなどを考慮すると、150万円くらいの車で自動ブレーキとちょっと性能の劣るACC=アダプティブクルーズコントロール的なものが手に入るスイフト。

インプレッサだとサイズも大きく価格も200万円を超え気味な感じなので中々にツボを押さえた価格設定かと思います。

スイフトの存在価値は、5ナンバーで最大限の空間効率を狙うスライドドアミニバンなどとは違い、走行性能と安全性を優先に、ややドライバーオリエンテッドな造りの車であるという感じです。

ヨーロッパ車のコンパクトカー的な基本性能に妥協しない車でありながらも国産車的な信頼性を担保した素敵なベーシックカーであると思います。

居住性はイマイチ、荷室はそこそこ

走りの性能やハンドリングに注力している側面が強く、リアシートの狭さはちょっと難点がありますが、

荷室はそこそこ確保されています。

よほどの大型のものでなければベビーカーとバッグ位はまとめてすっぽりと収まるくらいの収納力があると思います。

どちらかというと荷室が優先でリアシートが犠牲になっている感じ。

トヨタのパッソだとリアシートはそこそこの広さで荷室を狭めに、とそれぞれのメーカーや車種での個性や大事にしているポイントが違ったりします。

オプションは豊富ではない

メーカーオプションとしてはセーフティパッケージという自動ブレーキとサイドエアバッグ、ACCのセット10万円くらいと、全方位モニターと呼ばれるものとナビのセットのもの15万円くらいのものぐらいしか設定がなく、その他細々と付けるディーラーオプションはあまりラインナップは多くはない感じです。

ちょっとしたスポイラーなどのエアロやカラードドアミラーカバーなども好みで選べますが、今後追加されるツートンカラーのルーフのモデルを待った方が色選びなどの選択の幅は広まりそうです。

おしゃれに可愛く楽しむのであればしばらく待ち、と思います。

グレードとカラーバリエーション

お勧めのグレードとしてはLEDヘッドライトが欲しいかどうかでマイルドハイブリッドの標準モデル、実用的な物をリーズナブルにであればXLが良いかと思います。

ハイブリッドの燃費で標準モデルとの差額を取り戻すのは難しく、加速の若干の良さと装備の差で納得できればハイブリッド仕様を選んでも良いでしょう。

RSに関しては決して割高ではありませんが、RSグレードでMTを選ぶとかでなければ硬めでスポーティな足回りは乗り手を選ぶ部類かもしれません。スイフトスポーツほど過激でなくともよいけど、スポーティなクルマを!と狙い撃つ感じかもしれません。

せっかくのベースグレードの安さなどをふまえてコスパとかで考えると、RSにはあまりメリットは感じない人もいるでしょう。

外装のテイストがメインなのでカラーラインナップの豊富になるマイナーチェンジ、年次改良、半年~1年で出る特別仕様車を待った方が得策なのではないかと思います。

価格としてはセーフティパッケージを装着して150万円~ ナビ付きで165万円~ となっていて、ハイブリッドシステムとLEDヘッドライトの追加で172万円・197万円~ と金額的に刻んでいく感じです。

RSのエアロと足回りで追加6万円くらいなのでグレードアップしてもいいけども、そこは乗り心地の確認として、要試乗かと思います。

スズキの普通自動車の残価設定

ブログの見出しというかタイトルにありますが、スズキでも残価設定プランでの支払いを選べたりします。

3年後や5年後の車の価値を算定し、その分を除外・別で残してローンを組み、月々の支払いを安く、最終回で残価の清算となるのですが・・スイフトの残価設定の弱気・・・3年後で30数パーセント、5年後では20パーセント前後とか、結構下落する設定です。

ちなみにスズキの軽自動であればたいがい3年後45~50%、5年後でも30%以上での買取を保証(年間走行距離9000㎞以下など条件による)となっているので、軽自動車の中古販売への自信と、普通車再販の自信の無さと、イロイロと事情がありそうです。

スイフトの下取りや買い取りは今後の人気次第ですがかなり渋め、注意しましょう。

さらには残価設定プランにすると、メーカーオプションを含んだ定価での新車価格をベースに残価を設定するローンしか組めないから値引きは出来ないの一点張り。

用品のサービスや諸費用の調整などで6万円前後は引けますが、中々に値引きは渋い。

メーカーオプションナビをやめ、ディーラーオプションナビに切り替え、そこからの方が値引き金額が動かせるようで、10万円~といったところ。

トータルで見ていくと、出たばかりで目新しさはありますが、欧州コンパクト的な結構マニアックなモデルであり、相当惚れ込んでしまったのでなければ選択肢としては微妙。

マツダデミオや日産ノート、ワーゲンのポロなども比較試乗すべきです。

金額と質感と走りと各モデルのストロングポイントを吟味してみましょう。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です