ロードスターRFを選ぶ理由とは?試乗インプレ①

希少なハードトップオープン

ハードトップのオープンカー、国産では希少です。

純粋なオープンスポーツであるロードスターは手動の幌を装備し軽量で排気量も使い切れるスペックであるべき、となるとRFは電動開閉のハードトップとなり、さらにエンジンは2リッターNAを搭載と、ファンからすれば邪道の極み。

オープンにした後にもピラー部太リアガラスが残り、ソフトトップとは違う外観でクーペともファストバックスタイルとも言えます。

そう、RFとはリトラクタブルファストバックの略であり、RFでは北米や欧州に設定される2Lエンジンと、わりと輸出仕様的な感じの成り立ちとなっています。

ロードスターの北米仕様って・・アバルト124スパイダー・・?みたいな?と連想しなくもないですが、こちらのモデルはマツダ専用のもの。

デザインのうねりや躍動感などはイタリアンデザインとは大きく方向性が違うもので、これはこれで素敵なものだと思えます。

マシーングレーというカラーが推し

マシーングレーメタリックというカラーリングが2017年のマツダのテーマカラーだとか。



照明のハイライトが入るとすごくキャッチ―なボリューム感を感じます。

ただまぁ、個人的にはBMWのZ4シリーズのようなボディの抑揚に見えなくもないかなぁなんて思います。

2座のFRスポーツのロードスターとなるとデザインは似てくるもの。

リアのフェンダー、タイヤの上の膨らみや盛り上がり、車全体でのスピード感のある雰囲気など似ているような感じがありますね。

RFのリアのセクションはBMW6シリーズコンバーチブルのバックサイドの造形にも似ているような。


シュッとしてシャープなピラーまわりの感じとか、スポーツカーっぽくていいですよね。

ソフトトップとの差

リトラクタブルハードトップと言うことで重量も増えて1.2トン弱になり、価格もグレード的に若干の上級化がなされ320万円~とロードスターの最廉価シンプルなモデルの250万円~と比べるとかなり上昇。300万円の大台に乗ってしまったって印象です。


その代わりに簡単にルーフを開閉できるメリットを手に入れ、快適性やセキュリティの安心感という違った価値を手に入れています。

同グレードで同じうような装備で揃えようとすると、ソフトトップのロードスターに比べて約50万円~アップしてしまいますが、内装の若干の高級化やエンジンの排気量アップ、電動式のルーフで相殺されていると納得できる差額かも。

2リッターになったパワー上乗せ分も攻めて走る方向でなく、オトナな乗り味の余裕として発揮されているような感じで、トルクの厚みの恩恵がおおきいかもしれません。

ATとの相性も良い感じで、タコメーターを高回転にキープして目を三角にして走る感じの車ではないかもしれません。

言い方は良くありませんが、直線番長的な使い方で丁度いいような、ややヨーロッパのGTカー的な付き合い方をするのが良い車かも?思います。

コーナリングも軽快に駆けるけども、比較的安定志向。

リアタイヤの近くに腰かける着座位置の関係からか、車体の傾きや踏ん張り・ロールを感じますが、低く構えて鋭くタックルするラガーマンのようなイメージ。

旋回していくときのフィーリングはかなり欧州車的で、ツボに入った時のBMWのFRクーペのようでもあります。

こういった爽快な走行感覚をオープンでもクローズでも楽しめるのがロードスターシリーズの美点であり、RFの剛性感の高さ、デザインのスタイリッシュさと幌に比べてセキュリティ性が高いなど、積極的に選ぶ理由ともなります。

ネックとしては価格。

ナビ装着で400万円を超える見積もりを突き付けられるとアバルト行けるんじゃねぇ・・・と選択肢を広げたくもなります。

アバルト124スパイダーの試乗記の時にも書きましたが、BMWZ4やポルシェボクスターの高年式の中古なども視野に入ってくる価格帯ともなると、色々比べて最良のフィーリングと相性の車を探したいという欲求が出てくるかもしれません。


まずは一度展示車チェック、試乗チェック、でしょう!


ロードスターRF 試乗記② に続きます。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です