値段で迷走するアウディにも自動ブレーキ搭載増えた!!

主力であるA4の値段が上がりすぎて売れな過ぎて迷走しているアウディジャパン。
コンパクトでリーズナブル、アウディの中では安い部類に入るA1やQ3には自動ブレーキの設定がなくこれまた売れず・・
ようやく、ようやくアウディA3セダンとスポーツバックに2017年1月以降のモデルに自動ブレーキを標準設定するようになりました。
対車両で10km/h~、対歩行者では10km/h~65km/hの範囲で障害物などを検知して自動でブレーキに介入作動するもの。追突予防や衝突安全としていまや一般的、特に輸入車においては設定が多い物がようやくつきました。ロングドライブでも効果を発揮する前車追従型ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)が標準装備になったことも良いですね。
車線維持でステアリング操作にアシストを加えるアクティブレーンアシストやサイドアシストといったさらなる先進システムを組み合わせたセーフティパッケージも夏ごろには追加設定されるそうで、お値段は13万円を予定しているそうです。
自動ブレーキ、先進性を売りにしているアウディにしては今さら感あるけど、めでたいことです。
グループメーカーのワーゲンよりか劣る装備の今までは何だったのか?と思わなくもないですが、日本法人が売り方や装備のチョイスを間違えまくって今の販売不振に至っているとか。
A3 スポーツバック 全長×全幅×全高 4325×1785×1465mm
1.4TFSI 293万円
スポーツ 329万円
20170.jpg
A3/S3 セダン 全長×全幅×全高 4465×1795×1405mm
1.4TFSI 311万円
スポーツ 347万円
20170126-20103093.jpg
17インチにサイズアップ、車高を15mmダウンの“sport”グレードを約24~26万円のエクストラで追加して、気筒休止システム(シリンダーオンデマンド)搭載グレードはラインナップされなくなりました。同じプラットフォームを共有するゴルフには設定は残っているので、惜しいところではありますが、今までグレード設定していたものの、敢えてそれを選ぶ人は少なかったようで、導入されないことになったとか。
A3においてはワゴンっぽいスポーツバックよりもセダンの方が高価です。
A4のセダンとアバント=ワゴンとの関係性と違い、寸法の通り、セダンの方が全長が長く、実は荷室が広めにできていたりします。

セダンの派生のワゴンでなく、ハッチバックのリアを延長したセダン、のような関係であります。

見た目のスポーティな感じで売れ筋はスポーツバックであり、標準グレードで300万円を切ったのは中々がんばったところ。A4の値段が上がりすぎて遠のいたお客様の足をなんとかアウディにもう一度向けてもらうために戦略的に値付けをしたようです。
しかし、値段の迷走は続いており、TTやA4、Q7などオプション採用されているフルデジタルメーターディスプレイ「Audiバーチャルコックピット」を4万円のオプションで設定するなど、これまたやっちまっています。A4などでは10万円を超える価格のオプションをA3で4万って・・ポジティブに取って量産効果が見込めて価格が落ちてきているということで、検討する方は積極的に検討しても良いでしょう。ナビとの連動性も高く、使い勝手としては悪い物ではないです。
カタログ燃費は19.5km/と従来型と変わらず、決して悪い数字ではないですが、日本での使用環境では12~14㎞/Lくらいになることが多いそうです。街乗りに関してはあまり燃費がよろしくないようです。
ようやく購入を検討する土俵に上がる装備を手に入れたA3シリーズ。走りの質感は高く、試乗することをオススメします。実車を見てなんぼってのがアウディの備えている質感の伝わる部分。ボディの隙間の少ない組み付け精度の高さや、緻密な操作系、そしてシンプルでゴテゴテしてないインテリアなど、雰囲気がフィットする人にはハマることでしょう。出たばかりだと値引きは厳しいケースが多いですが、販売に苦しむアウディ、交渉次第では大幅な割引が提示されることもあります。3月は決算時、狙い目かもしれませんね。
過去の試乗インプレもご参照くださいませ。

アウディA1スポーツバック3気筒1リッター 試乗インプレ スタイリッシュ都会派低燃費スペシャル

アウディA3スポーツバック 1.4リッターターボFF 試乗記 

安全性において、ようやくアウディのボトムラインがスバルインプレッサのレベルに追い付いたってところ。
インプレッサも見てみても良いかもしれません。
まるで欧州車 新型インプレッサスポーツ試乗

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ