マツダロードスターの新技術、既販売車もアップデートで追加可予定に絶賛の声

新型ロードスターのKPC

2021年マイナーチェンジモデルのマツダロードスター(MAZDA roadstar)に装着となったコーナリングコントロール技術、KPC(キネマティック・ポスチャー・コントロール)についてです。

キネマティック・ポスチャー・コントロール(KPC)は、高いGが掛かる高速コーナーや大きく回り込むようなヘアピンにおいて、リアサスペンションのリフト(リアタイヤの浮き上がり)を、ブレーキをかけることで車体を引き下げるアンチリフト力を発生させるシステム。

Gが強めにかかるようなコーナリングの際にリアの内輪にブレーキをかけることで、アンチスクワット効果でロールを抑制しながら車体の浮き上がりを抑えて姿勢を安定させるシステム。KPCによる制御はブレーキの圧力を利用して電子制御するものの、既存のABSへのプログラム追加のみという簡易であり合理的な仕組みで重量増加が無いというスグレモノ。

似たような機構はあるけども

KPCは、後輪の左右の回転速度差から旋回状態をABSのユニットなどを活用してリアルタイムに検知、ブレーキフルード圧(のみ)を強めて姿勢安定化の効果を図るもの。

同様の油圧での制御などの機構としてはブレーキコントロールによる旋回性能の向上などを図る電子制御は数多あるものの、比較的複雑なシステムで高額であったり、重量増を招くものが多かったんですよね。

アクティブサスペンションなどでは対角のサスを縮まなくしたり、アクティブスタビライザーではリアのロールを抑えたりとか出来ますが、やはり追加部品が多い。

ブレーキLSDなどもありますが、オフロード向けのスタック防止や脱出能力向上などがメインだったりします。デファレンシャルで制御する時は作動音が大きいケースもあったりします。そしてやはり部品追加にコスト高。

物理的にはリアのスタビライザーを強めるというのもひとつなんですが、良路では良くてもギャップなどでリア両輪が跳ね易くなるなどの弊害が起こることもありします。

日常走行領域ではこれまでとさほど変わらない快適性を確保しつつ、ハードな走行になればなるほど、ロードスター自身が後ろ脚の神経を研ぎ澄まし、自らの旋回姿勢を上手に整えるイメージです。

何が絶賛の的?

すでに販売済みのクルマへのプログラム更新サービスも行われる予定で、アップデートで車が古くならない、最高ですね。

今後もこういったシステムアップデート系には期待したいところ。トヨタでもPCS:プリクラッシュセーフティでの機能拡張などの対応がありましたしね。

コンピューターシステムの変更で追加もできるのであれば、逆に言えば削除も可能なのかもしれませんね。願わくば、任意にこのシステムのオンオフが出きれば理想です。

システム的な懸念

こういったブレーキシステムを活用したコーナリング制御は、マツダではG-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)などで展開しているものだったりします。ハンドルの舵角にエンジンの出力制御、ブレーキでの荷重制御などを行い、ロードスターのKPCの上位互換のようなものです。

得てしてこういったシステムで車両の姿勢をコントロールしたり、曲げたりするものは、ブレーキパッド摩耗やタイヤの偏磨耗への影響が少なからずあり、カスタムやチューニングの程度やハイグリップタイヤを装着した場合にはその影響を受ける場合もある。メーカーはそこまでのハードな使われ方や負荷をどこまで見据えているかは不明です。

他社でも名称は違えどもヨーコントロール・トルクベクタリングなどは行われており、サーキットを走るとトラブルが起こることもあり、チューニングショップ独自でキャンセラーを開発していたりもします。

マツダはタイヤサイズへ変更に対しても純正サイズ以外認めず、スタッドレスを用意するインチダウンでも新車保障を外すと純正ホイールと指定サイズのスタッドレスを買わせようとしていたりもしました。(販社によってはそこまでうるさくないけども)

今回のロードスターのKPCによるコーナリング制御も、ハイグリップタイヤを履けばコーナリングGの高まりは鋭くなるし、車高調などでローダウンしていたらロール量も変化するし、マツダとしては責任持たないとか言いそうだなってところ。問題なく作動すると謳ってもそれがネガティブに反応する面には責任持たなそうだなとか。

まぁ、チューニング車両に対しては保安基準を守っていてもいろいろ理由を付けて保障修理は拒否するのはよくあるパターンではあります。

ロードスターは人気車種で乗っている人も多く、そして走りを好む人も多く、サーキットを走る方もいるかもしれません。

マイチェン前の車両もアップデートで走りが洗練されるのは歓迎するところですが、任意のシステムオンオフ出きれば理想的で、パッドやシャフトへの影響が大きくないことを願いたいところですね。

システムのアップデートで車体はそのままで走りをアップデート、ロードスターも新しい時代に突入でしょうか。

既存のモデルの進化をする姿勢には好感が持てますので、マツダのこれからの進化に期待しておきましょう!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ