雪道への備えは大丈夫?基本装備を確認

雪道での立往生は危険で迷惑

ここ最近、ドカ雪での立往生や通行止めがニュースになることも多いです。

年末年始の帰省などでの長距離ドライブだけでなく、日帰りでも目的地周辺で大雪に見舞われたり、路面状況によって走行が困難になるケースもあります。自分が立ち往生することで命の危険もあり、そして後続車両などへも大変な迷惑をかけることになり、ノーマルタイヤでのお出かけは自粛した方が良いケースも多くあります。#ノーマルタイヤ #立往生 ってのは絶対ダメ。

ノーマルタイヤで積雪・凍結道路を運転するのは法令違反であり、反則金:大型自動車等 7,000円 普通自動車・自動二輪 6,000円 原動機付自転車 5,000円で、かつ、ノーマルタイヤのまま雪道で他人に損害を与える事故を起こしてしまうような反則制度が適用されない場合は5万円以下の罰金です。

自宅の近所ではそうではなくても、当日の出先の都市部の情報での積雪は大したことなく見えても油断は禁物。気象情報や交通情報のチェックは欠かさず、そして速報性の高いツイッターなどSNSでの情報もリアルタイムでは役に立つこともあります。

スタッドレスとチェーンは必須

雪道や氷(アイスバーン)の冬道を走る場合には、スタッドレスタイヤ、併せてタイヤチェーンなどの滑り止め装置は必須です。一般的なチェーン規制では装着していないと通行を許可されません。オールシーズンタイヤもありますが、深い雪や凍結路面での走行性能には不安が残るので、チェーンも携行するのが無難です。

ご存知ない方も多いかもしれませんが、バイク用のスタッドレスやチェーンも一部のビジネスバイクを中心にラインナップがあったりします。

雪国へのドライブはスタッドレスタイヤに換装するのが間違いありません。 やむを得ずサマータイヤで向かう場合にはチェーンが絶対に必要になり、スタッドレスを履いていてもチェーンは携行していくのがここ最近の局地的・瞬間的な豪雪に対応するためには必要だと思います。もしくは、サマータイヤなら冬はそもそも出掛けないとう事も考えた方が良いケースもあります。

スタッドレスを履いていても走れないような深い雪・チェーン装着車のみが走れるチェーン規制、いわゆる新チェーン規制と言うのも2018年に施行されていて、一部のエリアの豪雪地帯に限定されるものの、県を跨ぐ移動で対象道路を通行する可能性もあるでしょう。特に年末年始とか。

地域によって対象となるならないはあるものの、それでもスタッドレスを履いていても、追加でチェーンを付けないと走行が不可能になるケースもあるので、冬場の移動が多い方はチェーン携行は必須でしょう。

扁平率の低いワイドなタイヤを履いていたりフェンダーのクリアランスが小さかったりスポーツカーなど一部の車種では、指定されたタイヤチェーン・滑り止め具以外は装着できないケースもあります。車種によりますが、タイヤチェーンが全く装着できない場合もあるので、ディーラーやメーカー、説明書での確認も必要です。そういった場合にスタッドレスは必須で、緊急用のチェーンは指定のモノ、となるでしょう。

その他の車両の装備の確認

雪道を走行すると前走車の跳ね上げた雪やドロ、ウィンドウ表面で雪が固まるなどフロントガラスが汚れやすいため傾向にあります。頻繁にウィンドウウォッシャーを使用するため、出発前にウォッシャー液量をチェックするのと、液自体の凍結を防ぐために凍結防止の冬用、又は寒冷地用などの液に入れ替えておきましょう。輸入車などでは純正指定の冬用などもあったりするので、入れ替える時は販売店などに確認した方が良いかもしれません。

同様に、冷却水の凍結を防ぐために、マイナス何度までクーラントが対応しているかの確認も必要です。目的地の最低気温に余裕を持って適応した冷却水を入れておきましょう。

ウィンドウウォッシャー液もクーラントも、極端な気温の低下時には、凍結により容量が増えて液を溜めておくタンクが破裂するなどのリスクもあり、走行不能になる可能性もあるのでしっかりチェックを。

窓周りのモノとしては冬用ワイパーも必要です。寒冷地用ワイパーブレードは、ウィンターワイパーブレードのジョイントの金属部分をゴムや樹脂パーツで覆い、雪の付着を少なく固着しにくく作られています。しっかり窓に食いつくことで視界確保に役立ちます。

次いでバッテリー。低温ではバッテリーの能力が低下することがあり、エンジン始動か困難になることも。バッテリー液の補充や、補充電、2年以上交換していないバッテリーは電圧が低下しているなどあるので、ウィンターシーズンインの時にはディーラーで簡単な点検を受けておくと安心です。バッテリーのコンディションによっては新品にして交換しおくと安心・安全です。

備品や人の装備

深い雪に埋まってしまってスタックしそうになった時や、雪国現地での駐車場の出し入れの時にスコップがあると便利です。

窓の雪を落とすのであればスノースクレーパーやブラシなどが役に立ちます。

使い古したタオルや毛布も有効です。

暖を取るときのひざ掛けにもなるし、その他でも多少頑丈な生地であれば使い回しは効く。

一泊の時には停車時のフロントウィンドウにかけてガラスの凍結を防いだり、チェーン交換の時に足元・タイヤ周辺の作業スペースを平らにならしたり、スタックした時の脱出の時にも敷いてタイヤのグリップの補助にしたりと色んな面で役に立つ。

もちろんそれぞれ専用の装備やカーグッズもあったりして、使い分けをしてもイイでしょう。

養生用のマット・布団のような物も見た目は美しくないものの、使い勝手や耐久性は良いらしい。

スタックへの対策としては専用のラダー的なものもあります。

ボディの雪を降ろすときや、タイヤチェーンの装着時など車外作業のときには軍手などもあった方が良いだろうし、そういった車用の緊急セットのようなものも売っていたりします。

雪道では想像もしないようなトラブルが発生することがありあます。特に、標高の高い地域に出向く可能性があるのなら、各種備えは大事です。

天気予報・子打つ情報のチェックはもちろんのこと、時間的にも距離的にもゆとりのあるドライブ計画を立てることが大事です。

スタッドレスタイヤ・タイヤチェーン装着時、雪道で立往生や渋滞に巻き込まれるなど平均速度の低下でガソリンの消費・EVであれば電力の消費で燃費が悪くなりやすいです。ガソリン・充電満タンにして出発し、燃料計をこまめにチェックしておきましょう。

ちなみに、立往生で止む無くアイドリングをして夜を明かすとかであれば、換気も必要ですし、マフラー周辺が雪で塞がれると車内に排ガスが充満するなど一酸化炭素中毒にもなるので、より、注意が必要。長時間同じ姿勢でいる事でエコノミークラス症候群で血流が悪化し体調不良になるなどもあるので、もろもろ警戒が必要です。

ガソリン満タンでエアコン稼働では、多くのクルマで丸2日(48時間程度?)は持つそうなので、参考まで。電気自動車も満充電では2日程度は持つようですが、しかし、寒冷地では電気自動車の電力消費は多くなる傾向にあるのでガソリン車よりもシビアかもしれません。

ガソリン車では一酸化炭素中毒、EVでは電欠による凍死に注意です。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ