頭のAって文字の意味なに?数字大きいとエライの?アウディの命名ルール

Audiのモデル名 アルファベットの意味って何よ?
メルセデスベンツやBMWなどのドイツ車のブランド内の車種のヒエラルキーや、排気量、カテゴリーなどでアルファベットや数字が割り当てられています。ベンツだとSクラス、BMWだと7シリーズとかだとアウディだと何になるのか?メルセデスのAMGやBMWのM・アルピナってのをアウディの置き換えると何になるのか?
position_map.jpg
初めてのアウディ モデル名の由来などで公式サイトでも紹介されています。日本でも販売台数を毎年伸ばしてはいますが、車好きの中のメルセデス・BMWを外しての敢えての第3の選択肢としてアウディ、となることも多いようです。アウディのイメージは知的で先進的な面があったりします。ですが、反面ワーゲンとグループ会社ゆえに兄弟車関係になる車も多く、イマイチドイツ車ブランドの中では劣る面を感じることも。品質の高さはワーゲン、アウディ共通の美点としてありますが、あと少しメジャーになるために、モデルのラインナップや成り立ちの普及活動をしてくれてもいいのかも?
R8 Audiの最上級スポーツカーでルマン耐久レースでの優秀な戦績をフィードバックしたスーパーカー。
RSシリーズ レーススポーツの略と思っていいでしょう。サーキットで培った技術から生まれハイパフォーマンスモデル。オーバーフェンダーやカリカリにチューニングしたエンジン、激しいエグゾーストノートなどレーシーなチューニングが特徴。馬力を絞り出していてメルセデスベンツでいうところのAMGみたいなものです。
S ベーシックモデルをベースとして、よりスポーティにチューニングしたモデル。エンジンや足回りにも手が入っていますが、そこそこのレベルで仕上げたコンプリートカー的な感じ。ベンツやBMWにはないレベルのチューニングモデルかも。
S line ベーシックモデルにスポーティなエアロとアルミ、ホールド性のあるシートとカーボンやアルミをインテリアに配した見た目にこだわったスポーツ風パッケージ。
Aシリーズ AudiのA から来ていて、ものごとの始まりのA やAttractive(魅力的)に由来するとのこと。ラインアップを構築するセダン・アバントなどのコアモデル。ちなみにアウディではワゴンモデルのことをアバントと呼びます。他社ではツーリングやエステートと呼ぶこともあるかも。
TT Audiの考えるコンパクトスポーツクーペ。ツーリスト・トロフィーの略で、ロングツーリング×レースみたいなイメージを持たせている。二人旅に適しているクーペ的な。
Qシリーズ Audiが誇るフルタイム4WDテクノロジー「quattro®」に由来して「Q」となっている。基本SUVの4駆のモデルラインをQと言いますが、コンパクトモデルにはFFもあります。アウディの4WDの性能はラリーなどで証明され、スポーツカーにも4駆を、の先駆けであったりします。
数字が大きくなるにつれてボディサイズやエンジンサイズがアップします。Audi A1が排気量の小さいエンジンを積載したカジュアルコンパクトモデルで安いモデルであるのに対し、Audi A8はボディサイズもエンジンサイズもセグメントの頂点に立つハイエンドなラグジュアリーモデルとなります。間違いなく、数字が大きいとエライ、というか、価格も非常に高い。
「Vorsprung durch Technik」技術による前進、がアウディの掲げるスローガン。ゆえにステーションワゴンを「Avant」=前衛的 に銘打たれ、単なる荷物運搬用車両ではなく、先進的で合理的な乗り物という思想の表れだったりします。さらには4ドアクーペを「Sportback」と呼び、スポーティで美しいクーペフォルムをもちながらも、リアにハッチゲートを備えたファストバックであるとの意味だそうです。実用性でなく、美のために流麗なスタイルを採用しているんですね。
サイズやカテゴリ、チューニングにより、論理的にキャラクターを組み立てているイメージのあるアウディ。
各車種にそれぞれの魅力があり、それぞれに対応した価格が定められています(´;ω;`)
価格は高いですが、時期によっては値引きが期待出来たり、モデル末期の車種や販売テコ入れ車種であれば金利が0.1%であったとか、残価設定が高めになっていたりとか、手に入れやすい条件が出てくる時があります。
興味がある方は夏のボーナス時期、年末(年度末)、3月などに購入時期を当てていくと良いかもしれません。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ