MT-09トレーサーはヤマハのムルティストラーダに成れるのか?

ドゥカティムルティストラーダと同じ成り立ちと言える、MT-09トレーサー。クロスオーバー風のルックスのバイクでありながら、前後17インチのややワイドなタイヤを履いているなど、実際はほぼオンロードモデルというのが被っています。
アドベンチャーやクロスオーバーと呼ばれるモデルの市場がドル箱状態なので、各社魅力的なモデルが出てきて乗り比べるだけですごく楽しいです。ホンダでもVFR1200Xを筆頭にVFR800X、NC750X、400Xなど、オフも行ける風のアドベンチャーからオンロードメインの前後17インチモデル、エンジンのパンチが効いたもの or 低燃費スペシャルかなど、各種取り揃えています。
MT-09トレーサーはシャープなフロントカウルとウインドスクリーンとハンドガード、ボリュームを増したタンク、シート、そしてスッキリとしたテールまわりなど、全体的にメリハリがありつつもエッジが効いたデザインが特徴です。エンジンやマフラー、フレーム、前後サスペンションはMT-09と共通でちょっとチューニングを変えたくらいだそうですが、フロントのフェアリングの荷重が増えた分の微調整位だとか。MT-09のストリートファイター風のルックスよりもトレーサーのようなフェアリングがある方がなんだか自然に見えるのはなんでだろう?好みの問題かもしれませんが、結構スタイリッシュで機能美にも満ちたモデルと思います。
exterior01_002.jpg
ムルティストラーダやVFR800X、トライアンフの廃版になったタイガースポーツなど、前後17インチのアドベンチャーツアラー風のスポーツツーリングモデルは特に日本国内で99%オンロードを走ることを考えたら現実的かつ合理的な選択。MT-09トレーサーはABSだけでなくトラクションコントロールや「D-MODE」と呼ばれる走行モード切替システムで「STD」「A(ハイスロ化風のスポーツモード)」「B(穏やかで扱い易い出力特性)」の3種の出力特性をチョイスすることができます。ライダーズシートは手動で2段階に高さ調整が可能で、ハンドルライザーの組み換えで前後に10mmアジャスト可能なハンドル位置とも相まって、体格や好みに応じたライディングポジションに調整するというマンマシンインターフェースも備わっています。強いて言えばドゥカティでいうところのスカイフックサスペンション的なサスペンションコントロールまでは備わっていないのが残念ではありますが、プレミアムな感じはなくとも、ファンな感じはかなり濃いと思うので、十分なところかもしれません。ドゥカティでいうところのハイパーストラーダの方が近いかも。
846ccの水冷4ストロークDOHC4バルブ直列3気筒はMT-09譲り、110PSの最高出力と180サイズのリアタイヤなどとの組み合わせでスポーティに走ることも可能です。ライドバイワイヤでアクセルのレスポンスは良いですが、モードによっては過剰な反応をするような感じもあり、慌ててフロントブレーキレバーを引くと思いの外フロントのノーズダイブがしたりなど、ギクシャクしがちなので注意が必要です。特にノーマルのハンドルは幅が広く、操作に慣れるまでは繊細なコントロールを心がけましょう。個人的にはハンドル幅を狭めてやや手前に持って来たいと感じます。広げるのはハンドルに力を加えるようなオフ車的な乗り方には合うと思いますが、ツーリングバイクとしてスタンディングせずに乗るなら手元で操れる方がメリットが多いかと。それでも慣れれば扱いにくいこともなく、豊かなサスストロークで乗り心地の良さとコーナーでの姿勢変化などを楽しめる上に快適性もかなり高いという、素敵なバイクだと実感できるでしょう。
個人的にはMTシリーズの中のベストバイかなぁってところです。使い方によりますが、通勤メインならトップケースを着け、ツーリングメインならサイドケースを着ける、そんな感じでかなり便利に使えるバイクになるように思います。
Q5KYSK085E01.jpg
Q5KYSK069P02.jpg
トリプルボックス=フルパニアはヤマハのショップ的なにはNG・・?っぽいですが、取り付けや加工など応相談みたいな感じのようですね。
Q5KYSK085P03.jpg
耐荷重的にリアのフレームが心配と言えば心配なようなんですが、まぁ、よほどの重量オーバーでない限りは問題ないとのこと。

MT-09 TRACER ABS 1,047,600円 となっていて、MT07の 75万 MT09の 90万円くらいの価格と考えると、差額15万円、スクリーンにハンドガード、調整式のシートとハンドル、容量の増えたタンクなど、価値はあると思います。パニアケースやトップケースなどとも相性良さそうで、ツーリングとスポーツ走行のバランスの良い一台だと思います。MT-07トレーサーというのもいずれ派生車種としてラインナップされるようですが、走りのダイナミズムの高さでMT-09が色褪せることは無いでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です