新型ティグアンの本命ディーゼルは廃止?いつ来るの?

2021年の5月にビッグマイナーで大変身したけどディーゼル導入スケジュールが危ういワーゲンティグアン。

正式発表前にガソリンファーストエディションに試乗してきました。先行展示車ではRラインをチェックしています。

正式発表ではディーゼルモデルについては導入するのか、ディーゼル廃止なのかはノータッチだったりしました。

ティグアンRという2リッターターボ320馬力に4wd・21インチアルミ標準のエヴォーリューションモデルだと話題になってはいるものの、ティグアンの4WDがそれ以外にないとなると東北以北のエリアでは売りにくくなっているのはあります。

ティグアンを今買ってしまうと購入後に後悔することになるかもしれません。

ブログにまとめていきます。

当初の予定は?

2021年リリースの時には、営業の方も3ヶ月遅れくらいで導入について発表する予定だとのことでした。従前にあった2リッターの150馬力・トルク340Nm程度のターボディーゼルに4モーションという呼称の4WDを組み合わせたものを順当にラインナップに上げてくるというスケジュールであったと言います。

低価格の最低グレードは省いて中級以上のグレードに約50万アップ程度で追加予定。2リッターディーゼルエンジンで+30万、4WDで+20万のイメージでのプライスアップを予定していました。マイチェン前にあったもののキャリーオーバーで有れば法規対応や技術的な問題もほとんどなく、いくら過去にディーゼルで不正があったワーゲンでも形式認定は普通に通せるはずです。

夏には発表、ティグアン自体もそこそこ日本で歴史を重ねてきたモデルですので、ある程度の買い換え需要など汲み取りガソリンのFF、ディーゼルの4駆とで450~580万円程度の価格帯の幅で売り分けるつもりだったとも。

しかし、どうやらティグアンとアウディQ3で共食いしているのが影響してか、ワーゲングループ(アウディはワーゲン傘下)としてティグアンディーゼル導入を見送るべきでは?とのことで2021年内の導入を見送るような圧力、もとい調整があったようであります。

エンジンの形式型番・スペック的なものも、ティグアンの方が新世代で163馬力・トルク38Nmのディーゼルエンジンがアウディより先に導入され、かつアウディと値段的にバッティングするとかだと問題、というのもあるのかもしれません。

プライス的にも実は現状でもかなりバッティングしていると言うのもあります。装備揃えるとアウディの方が割高ではあるものの、値引きの状況次第では500万円代で今もあまり変わらず、もし割安にティグアンディーゼルが登場してしまうとアウディQ3を滅ぼしかねないようです。

ティグアンとQ3

下記プライスはワーゲンティグアンのグレードライン。

ちなみに2021年10月1日より、価格改定となっていて、2021年5月の発表当時から5~10万円程度値上げしています。

ティグアンRについては納車が始まってすらいないのに10万値上げです(笑)

ティグアンはエントリーのアクティブは装備は簡素化されていてナビやパッケージオプションで選べないものもあったと思うのですが、価格帯的に同じ1.5リッターガソリンターボを積む、ゴルフ8型の上位グレードと価格帯が近く、この完成度とプライスであれば、ゴルフハッチバックを選ぶ理由はないとも言えそう。

ティグアンRライン
Q3

そしてアウディQ3のプライス

SportbackというグレードはクーペSUVの派生車種で、ルーフを傾斜させてクーペルックにというBMWのX2・X4やメルセデスベンツのGLCクーペ対抗モデル。

注目するところとしては、35TDIというグレードで、2.0リッターディーゼル、マイナーチェンジ前のティグアンに積んでいたものとまったく同じで、4wdをクアトロ:quattroと呼ぶか4motionと呼ぶかの違いだけです。

35TDIのSラインで550万円くらいとなると、ワーゲンティグアンとのバランスで微妙に。オプションで多少足さないとワーゲンの方が標準装備の充実具合が違うなどありますが、ちょっとバランスを欠きつつあります。

逆にRS-Q3が高く見えますが、ティグアンRの320馬力2リッターターボとの差別化でRS-Q3は2.5リッターターボで400馬力となっています。その分の価格上昇は妥当となりそうな設定ですね。

ワーゲンが高価格化傾向にあり、アウディは下がる傾向にあるなど兄弟車で共食い、もしくは共倒れともなりかねないとも言われています。ゴルフ8でもA3でもそういった現象は起こっています。

メルセデスGLAはクーペルックでもありスタイリッシュ、GLBは7人乗りでボクシーなデザインで装備充実で人気、BMW-X1はモデル末期ながら500万円程度でディーゼル4WDが安いゆえに人気、X2にいたっては19インチ標準でめっちゃスポーティな見た目にステータス全振り。個性派に食われそうですね(笑)

上記の通り、他メーカーに対抗するためにティグアンには7人乗りのティグアンオールスペースの導入も検討されていますが、それもアウディとのバランス次第でしょう。

T-ROCのディーゼル(FFだけど)

ワーゲンの中にはT-ROCにもディーゼルはラインナップにあるものの、キャラクター的な棲み分けで4WDはなし。

現状ではT-ROCに関して、ガソリンを安くラインナップに加え間口を広くと言うのがあり、T-CROSSとともにティグアンとSUV3兄弟を形成しています。

ディーゼルを求める受け皿としてT-ROCを勧めてくることもあるようで、私が知る限り2021年5月から9月末まではずっと50万円引~で売っていたと記憶しています。

DMやメールでも購入サポートなどといろいろキャンペーンを展開し続けていたりして、2021年10月でイヤーモデルが切り替わっても一部のディーラーなどでは値引きが大きいこともあるようです。

走りに関しては2リッターのディーゼルということもあり、トルクフルに軽快に走るものの、4WDがないことと、内外装の質感的にティグアンほどの落ち着きや上質感は無いと言うのがあります。

カジュアルで気軽に乗れると言うことで人気を博し売れてはいるものの、今は値引きありきで台数を稼いでいる感がありますね。

ディーゼルは2022年

ディーラーやメーカー直営店などでは現状ではティグアンの2022年のモデルイヤーを売り始めたところです。

10月の価格改定でさらっとほとんどのモデルで値上げをしており、ある程度の値引きの見込める時期でないと買うタイミングとしては損失となり後悔しそう。アウディもワーゲンも通常でも値引きが見込めるブランドではありますが、12月、または2022年3月の決算で値引きの上乗せあってこそ、とも言えそう。

紆余曲折あるものの、大きなトラブル無ければディーゼルの販売スケジュールも2022年度にはあるようなので、早ければ情報は2022年初頭に発表、4月から発売と言うことになりそうとの情報が現場では出回っているようです。半導体の生産遅れやその他のラインナップの整理もありそうだとも言います。個人的にはトゥーランを廃止してでもティグアンに7人乗りのオールスペースをラインナップするべきだとは思いますがね~。そうすれば7人乗りコンパクトSUVはGLBかティグアンオールスペースかの2択にできる。もし万が一BMWがX1の7人乗り出した日にゃ、ティグアンはQ3と共にオワコンになっちまうリスクもあるのでね。

販売の方からすると、年度内に台数を稼ぎたいこともあり、ディーゼルならT-ROC、又はパサートオールトラックを進めるなどしていますが、やはりティグアンというサイズやブランド、SUVとしてのスタイルや使い勝手を好む人には刺さらず。

そうなると一部は他ブランドに流れることになりかねないとのことで、悩ましい販売計画だとも言います。

電動化の流れで、48Vのなんちゃってハイブリッドを加えてくるのも今後の年単位のスケジュールの計画にはあるようで、正直今ワーゲンティグアンを買うのはタイミングとしては微妙な感じです。

ディーゼルの4WDが欲しい場合には、近々でティグアンを買うと後悔することにもなりそうですので、慎重に検討しましょう。

善きクルマ選びを!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ