アルファステルヴィオは評価されない

アルファロメオ初のSUV

アルファロメオが放った渾身のSUV、ステルヴィオ。

比較やモデルの変遷共にブログにしていきます。

とりあえずSUVにしとけ、で上手くいかなかった例として上がることもあるかしら。

とまぁ、日本ではイマイチ売れていない…のかもしれませんが、マセラティやフェラーリとの繋がりをアピールして巻き返せるかってところです。

出た当時3年程前にチェックしたのと合わせて何度か試乗しているのでインプレッション交えてまとめていきたいと思います。

ステルヴィオの歴史

アルファロメオ起死回生のモデル、ジュリアでFRセダン復活の狼煙を上げ、燻ったまま燃え上がらず、そのプラットフォームを活用してSUV化、しかし、さほど盛り上がらない・・・

ステルヴィオとジュリア・現状のアルファロメオはこの2車種のみ

それまでのアルファロメオのモデルでは、FFメインでデザインにインパクトはあるものの、あまりパッとしない走りでミディアムセダンではほぼ存在感が皆無。もちろんそんな事は無い!とツッコミを受けるのもあると思いますが、もっとスペック高いFF車は国産でもゴロゴロあったし、刺激的に突き抜けたモデルはドイツ製に及ばないし…

ホットハッチとも言えるモデルも有りましたが、ドイツ製の個性豊かで性能高くて信頼性の高いモデルには歯が立たなかった感じです。GTIとかSとかRSとかね。

国内外の調査などでも正直工業製品としての品質の評価、信頼性が高くないこともあって、アルファ=故障が多い、と言うイメージも付き纏います。

私の周りでもアルファロメオ156や147やmi-toなどで痛い目にあった人ばかりです( ´•_•。)

とまぁ、そんな中でアルファロメオ的にはグループメーカーであるフィアットとの差別化を図りつつプレミアムブランドへと転身するためにFRセダンとSUVが必要で、そこでステルヴィオ爆誕と相成りました。

兄弟車にはマセラティグレカーレ・グランドチェロキー・グランドワゴニアなどがあり、プラットフォーム・メカニズムなど共有してます。アルファロメオ的にはマセラティとの繋がりはアピールするものの、アメ車との繋がりは隠しています。故障したり壊れたりした時に、やっぱアメ車か、と言われるのを嫌うためだと聞きます。

搭載するエンジンはフェラーリ由来V6・510馬力とイタリアンハイエンドメーカーの威を借る仕立てで話題作りをしている感じです。

そんなステルヴィオの歴史は浅く、2018年の日本上陸から、2022年迄毎年のように年次改良で細かな仕様変更が繰り返されていたりもします。特別仕様車ばっかりって感じも無くもない。

ゴールドの特別仕様車とか

正直デビュー当初はそれなりに話題になったりしたものの、初速だけ、そして販売台数もそこまで盛り上がらず、でもココ最近のラインナップで漸く売れ行きを伸ばせそうかも?ってところを解説していきます。

ステルヴィオの成り立ち

アルファ・ロメオステルヴィオのサイズは
全長×全幅×全高:4690×1905×1680mm ホイールベース:2820mm 
車両重量:1810kg

ガソリン2リッターのターボで馬力を絞り出している280馬力のグレードと、

2.2リッターターボディーゼル・一応スポーツディーゼルと謳い190馬力と、

2.9リッターV6ターボで510馬力というフェラーリチューンドのエヴォリューションモデル

と言うラインナップがあって、価格帯的には2.2ディーゼル:STELVIO 2.2 TURBO DIESEL Q4 TIが一番安い設定で680万からとなっています。

2022年モデルではTiと付くようになっていて、コレがけっこうオススメです。

20インチ標準でぐっとかっこよくなってバランスがよくなった

なんたってベースグレード風なのに、20インチが標準で見栄えが良い。

導入初期はアルミがイマイチだった

やはりアルファロメオはマル5個で構成された大きいサイズのアルミじゃないとダメよね。

導入初期のベースグレードは18インチが野暮ったくて、とてもでは無いけれども先鋭的なドイツ製のSUVに太刀打ちなんてのは無理だったのよ。

もちろん導入当初でもグレードによっては19インチや20インチがあったりしたものの、アルファ・ロメオ独特のあのデザインを再現したものでないと、物足りないのよね。

2019年当時の19インチ

年次やオプションでばらつきがあったりしたものの、現行の2022年モデル、モデルイヤー的には2023年モデルに差し掛かるくらいになって、アルミが20インチ~になって、価格的にも導入初期の600~650万程度だったことを考えると、高くない感じです。(樹分高いけど…)

と言うのも、ジャーマン3の同サイズのSUV、GLCとX3とQ3が軒並み700万~の価格帯のクラス感になってきているので、むしろアルファロメオは価格のやすさで見栄えが良くて大きい、と言うのが強みともなりそうです。

走りや内装などの情報は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ