新型インプ、新世代スバルの狼煙となるか!?

私はスバル車が好きです。かなり贔屓に見ますが、走りの質感的な部分で言えば、B4やWRX、レヴォーグなどは欧州車にひけを取らないレベルだとも思います。欧州車のベースモデルよりも優秀ではありますが、ハイエンドモデルと比べたりすると高級感で惨敗してしまうポジションとでも言いましょうか。なんだか良い物感がうまく伝わらず、損をしているような不遇のメーカーのように感じます。
それでも、ここ数年は自動ブレ―キの先駆者として、予防安全面で日本車や世界の車たちをリードし、小規模の自動車メーカーながら奮起しているように感じていたところ、グローバルモデルとしてインプレッサが新型になる、ということであれば、やはり記事にせずにはいられないですね。
「アイサイト(ver.3)」と「歩行者保護エアバッグ」を全車に標準装備し、第5世代となる新型インプレッサ
20160727-20102915-carview-000-1-view.jpg
全長×全幅×全高=4460mm×1775mm×1480mm となっていて、幅が広いのが問題点でしょうか。レヴォーグとほぼ変わらないとは・・・すばるで一番コンパクトなカテゴリを担うんだよなぁ?って疑問に思うレベルですが、グローバルスタンダードなモデルとしては、全長短く全幅をそこそこに、ってことになるようなので、そこが許容できればってところですね。
20160727-20102915-carview-002-1-view.jpg
見た目的にもレヴォーグっぽい。
ヘッドライトの周辺のうねりとか、デザインに頑張った感があります。コンセプトカーから引き継いだ部分。でも、全体的にアウディやワーゲンやBMWやボルボっぽいテイストに感じなくもないですね。
20160727-20102915-carview-004-1-view.jpg
リア周りもレヴォーグと共通のデザインフィロソフィーを感じます。コの字型に光るヘッドライトもテールランプもレヴォーグを踏襲したもののように感じます。
20160727-20102915-carview-023-1-view.jpg
国産車初の歩行者用エアバッグも装備した話題の安全装備面、プリクラッシュブレーキ・全車速追従機能付クルーズコントロール・AT誤発進抑制制御などに加えて、アクティブレーンキープ&AT誤後進抑制制御(後退時自動ブレーキ)が加えられて安全面がより盤石に。特に日本ではAT誤発信による事故は意外と多いので、そういった機能を盛り込んでくるのはポイントとして大きい。高齢化社会で踏み間違いが起こる可能性も上がることが想定され、そういったものを未然に防げればそれに越したことはない。
2.0リッター水平対向4気筒・直噴エンジンに、CVT(リニアトロニック)の組み合わせで150馬力くらいのせってになるそうです。デビューからしばらくしてダウンサイジングターボの1.6リッター水平対向4気筒・直噴ターボも追加予定だとかで、そちらがもしかしたら本命になるのかもしれません。駆動方式はFFとスバルお得意の4WD。スバルの呪縛ともいえる4WD、巷では スバルなら四駆じゃなきゃ → 高いなぁ → トヨタで良いか、安いし、トヨタならFFでもいいや みたいな悲しいことも起こったりしているとか。
スバル車の内装と言えば、ダサいってのが通例ですが、意外と普通。
20160727-20102915-carview-012-1-view.jpg
まぁ、先進性をPRしようとすると、まとまりがなくなってダサくなる、ってパターンから考えればまっとうな路線です。ハンドルはBMWのMスポーツではない標準グレードの物に似ているような・・・
コーナリング時の旋回性を電子制御するアクティブトルクベクタリングもオプションで用意され、ハンドリングもより新次元のものになると期待させてくれます。
年内には日本国内発表・発売、ヒットとなるかは後は価格しだい。200万円前後にはなると思いますが、装備に対してどこまで性能の高さと、それに対する割安感を出せるか、興味深いですね。
現行インプレッサは7月に受注終了、在庫限りの販売となり、在庫処分で大幅な値引きも狙えるようです。アイサイトも最新型にはやや劣りますが、トヨタのセーフティセンスシリーズよりも優秀、安全性ではアドバンテージが有るのは旧型となる現行モデルのインプレッサ。
新モデルとなった場合には、MTモデルはラインナップされなくなるそうなので、こだわりのMT派は最終型を要チェック!
インプレッサはスバル内では一番エントリーモデル扱いですが、安全面では国産、輸入車、トータルで見ても高い水準にあるモデルと言えます。自動ブレーキと言うスタンダートを普及させたスバルノNEWモデル、要チェックですね!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ