新型XVは割高かお買い得か?試乗インプレ②

最新クロスオーバーは買いか?

車にどんな価値を求めるのか・・それによって評価は変わることは百も承知、しかし、走行性能と快適性のバランスが良い車と言うのもあったりますよね?

そういった車はニッチなジャンルであってもちょっとくらいダサイとかでも売れていたりします。

まさにスバルはニッチの極みの車好きの選ぶブランド。

旧型BGやBH型のレガシーのヒットなんてものは300万円で280馬力の高速かっ跳びワインディング快速車がビシッと17インチのアルミをキメて荷室もリアシートもそこそこ広いってことで車好き・走り好きやスキーヤーなどに支持されていたりしました。

レガシーの牙城を崩すべくライバルとして登場したカルディナやその他のスペックを寄せてきたワゴンたちはことごとく敗れ去り、カタログから消えていったリしましたね・・

そんなこんなでスバルXV新型はお買い得かどうなのか?

試乗インプレ①からの続きとなります。

SUVテイストのワゴンハッチバック

XV自体が4WDのみのラインナップで、SUV的なルックスで趣味性が高い車、ということで売れ筋は価格帯は高くとも(と言っても250万円くらいから~)2リッターモデルとのことです。

約8割が2リッターモデルでそのうちのオーソドックスな L と、

スポーティでフラッグシップに相当する S の2グレードで半々となっているようです。

2リッターモデルの良いところとしては・・


インテリアのオレンジステッチ。1.6はオレンジのステッチでインテリアがデコレーションされていないそうです。


旧型モデルのインプレッサでセレクトショップのビームスとのコラボでオレンジの限定車を出して以降、スバルが時々オレンジをオシャレなアクセントカラー使って攻めた仕立てにすることがあります。


旧型のXVや新型のXVでもオレンジのボディーカラーを選べたり、クロスオーバー7でもオレンジの内装やシートを用意したりと、おしゃれなイメージを活かしてビームスを想起させるようなオレンジ使いを見せます。

インテリアの造形は実用的

正直それはアリ、だと思います。スバルの野暮ったい(ダサイ?)インテリアにはそういう挿し色が似合うような気がする。

高級感と言う路線ではありませんが、ほんのちょっとの色味の追加でかなりお洒落に見えるもんだからアラ不思議。

ナビは8インチのモデル推し。

時期によるそうですが、パナソニックやケンウッドなどのメーカーからの販売奨励金が出ている時期であればナビ半額であったり、10万円値引きなどもあるようで、車両本体の値引きが低ければそういった部分を狙っても良いかもしれません。


インフォメーションディスプレイの多彩な感じはレヴォーグやレガシィに引けを取らなくなります。

インテリア比較の参考にでもなればと思います。

コスパの面で考える

さて、コスパと言った部分ではXV、悪くないんですが・・

廉価グレードで200万円くらいから~となっていますが、
2リッターのモデルにナビETCなどを着けるとサラっと300万円超えの見積もりが出てきたりしてビックリしちゃいますね~(^-^;

4WDのデキや走行フィールとしては申し分なく、ナビもついていれば見栄えが良かったりしますが、一部安全装備が標準じゃないのがいただけないんですよね。

アドバンスドセーフティパッケージが54,000円、ドアミラーの付け根に後方から接近する車両の警告、いわゆるブラインドスポットモニタリングなるものが標準でないのが惜しい。

ボルボならグレードごとに安全装備に差を付けたりせず全部標準だぞ、とツッコミいれたくなるところでしょうか。


CVTしかない、ってのも惜しいところでしょうかね・・

普通の6速ATとかもしくはDCTとかの方がよりキビキビした感じの変速になりそうな気がします。

CVTだけどマニュアル変速モードはある


高速道路の走行時の回転数が低めなのは良いですが、出足や50㎞/hまでの加速で回転数固定で速度を上げていくフィーリングがちょっと惜しいな・・

レザーはオプションでおおよそ15~16万円アップ。グレードやエコカー減税との兼ね合いで実質の値段が少し前後するそうです。

基本は撥水系ファブリック

でもフロントシートに関してはノーマルでもレカロもどきっぽくてサポート性やフィット感は上々だと思います。

値段の割には頑張ってるシートの立派さだとは思います。

コストカットの目につく部分

リアのドアインナートリムがフロントと素材の質感が違うのはインプレッサと共通・・

フロントがツヤのある質感でテクスチャの異なるものをいくつも組み合わせている

リアは手抜き感・・っつってもカーボン風のやや艶が抑えられた感じのもの。フロントに比べての高級感の劣化がちょっと頂けないダサい感じとも・・・

っていろいろ営業さんに突っ込んだらば、オプションと言うか純正アクセサリーで22,680円でリアドアパネルキットなるものがあり、フロント周りにも別で3種類ほどの素材や色味の選択肢があるとのこと。気になる人は後付けでコーディネートを楽しんでね♪だってさ。

コンパクトSUVとしてコスパは高い

XVは2リッターの250万くらいの車体にナビなどのオプションで30万、諸費用で30万、くらいのイメージで、もろもろ300万を超えるイメージ。でも使い勝手や走りの良さで、ニッチであっても選んで後悔は少ないモデルかと思います。

実用的な4WDでちょっとおしゃれなインプレッサと思えばさほど高くはないでしょう。

色はホワイト、ブラック、そしてアイスシルバー・メタリックが売れているとのこと。

イメージカラーということで人気がある組み合わせのボディカラーだそうで。


ボルボV40クロカンとも似ていてなかなかうまいイメージ戦略なのかも。


結構似せてあるような感じしませんか?

2017年新型インプレッサXVはボルボV40クロカンを超えられるか?

ボルボは値段が100万円ごどお高い感じなので、比較する方は要るかはわかりませんが、似たテイストの車として試乗してみても良いかもしれません。どちらの車の走りやインテリアのテイストが心に響くかは人それぞれ、最高の車との出会いを求めて乗り比べてみると良いでしょう!!



展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。

90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ