実は超豪華ハイテク満載 レガシーアウトバック試乗③

レガシィアウトバックブログの続き

装備のレベルは高い

レガシーはスバルのフラッグシップであり、北米のスターです。シックススターゆえに。
装備品についても実は物凄く充実しているんですね。

特にアイサイトを軸とした自動ブレーキとアダプティブクルーズコントロール、後方や側方の危険に関しての検知などの安全装備やヒルディセントコントロール(下り坂ゆっくり下る制御)つきの4WDなど、グレード共通で標準、LEDロービームやリアランプ、オートハイビームなどもついています。

ドライビングモードのselectや、キーレスアクセス、左右独立調整フルオートエアコンにパワーシート、などなど、標準装備でもそこそこのレベルの高さですね。

価格と装備に関してはかなりの高水準なんじゃないかと思うので、センスが良いかはまた別として、ご紹介したいと思います。



インテリアはピアノブラックのパネルとシルバーの縁取りが標準、オプションで約7万~で木目に変更できます。

Si Driveと呼ばれるエンジン制御を燃費モード~スポーツモードに3段階に変更出来ます。正直なところドライビングモードセレクトを相当前から採用しており、ようやく他のメーカーもちらほら採用し出して、時代がスバルに追いついた感もあったりします。


通常グレードとリミテッドでの差はメーターリングの照明の有無が相違点。

細かいところだとアクセルぺダルとブレーキペダルにアルミのカバーがつくなどの違いも。リミテッドにはそういう装備がつきます。


パワーシートは標準で、レザーは+10万、前後4シートヒーター付き革シートは+18万のオプションです。リミテッドには4座席シートヒーター付き本革シートが標準になります。


オプションのナビは15万円~ありますが、ハーマンカードンのオーディオとSDナビのセットで30万円と言うのもあります。



ラゲッジにウーハー、ハイエンドオーディオのとのセットで割安になっているのでお得なセットのようです。


シフトレバーはオーソドックスで、電動式のパーキングブレーキが標準。パドルシフトも標準なのであまりシフトレバーは使わないかも。ドリンクホルダーは車幅・室内幅相応に横に2つ並ぶ配置です。

荷室も使い勝手良好



ラゲージの容量も広大です。使い勝手も良好。



ラゲージルームからレバー操作でリアシートを倒すことも出来ます。


パワーテールゲートはオプションで約7万、リミテッドには標準、足をかざすだけでテールゲートを開閉する機構まではついていません。


リアシートも広々、足元も頭上空間も広いです。全長x全幅x全高:4815x1840x1605mmのサイズを使い切り、



アウトバックも、アウトバックリミテッドもナビは別、

価格帯と装備


アウトバック 318万~
リミテッド  345万~


リミテッドとの差額は27万、17インチ→18インチに変わり、スタブレックスライドと呼ばれる上級サスペンションが付き、4席シートヒーターの本革シート、パワーゲートが付くかつかないかが大きな差。

革シートが必要ないというのと、17インチで標準サスの方が柔らかい乗り心地が期待できそうだというなら別ですが、装備内容と価格的にリミテッドを選ぶ理由にはなります。ワゴンとしてラゲッジルームを使用する頻度が高いならパワーテールゲートも魅力的かも。

18インチの方が欧州車っぽい絞まった乗り心地ですが国産に乗り慣れている人にはかなり硬めに感じるかもしれず、17インチでもふにゃふにゃではなく、日本車の中では硬めではあります。個人的には18インチ推しです。


在庫のみの販売、とマイナーチェンジをうかがわせる対応を取られることも良くありますが、マイチェンでなく年次改良というのが定例となっています。

A型、B型と呼ばれたりするんですね。2016年~2017年にかけてはC型になる予定で、リア用の自動ブレーキがつく予定だとか。

エンジンもターボの搭載が噂されていたりもするようですが、近いうちには日本仕様にわざわざ設定しない可能性の方が高いとか。

レヴォーグが主力ってことですかね。

ナビ装着で400万円近い乗り出しになりそうで、値引きは10~30万前後、年次改良のタイミングが値下がりのチャンスのようです。


大きいことは良いことだ、とは言いませんが、全長x全幅x全高:4815x1840x1605mmという堂々とした車格で、アイサイトという自動ブレーキなどの安全装備も充実、走りも欧州車と渡り合える安定感と操縦性を備えていて、運転していて楽しい車だと思います。

すごく魅力的なポテンシャルを秘めていますが、デザインがねぇ・・というところですね。

好みに合えば物凄くお勧めです。実車をぜひ見に行ってみましょう!

2021年アウトバック情報、運転支援などが進化しています


Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ