目が細くて背が伸びたデミオなのか? CX3試乗 走り編


CX3の成り立ち

2015年2月に登場したブランニューモデルCX3、にディーゼルエンジン1機種のみ、6MTをラインナップするなどマニアックな設定で話題になって人気が出ているようですね。

マツダのSUVといえば2012年の登場から大ヒットモデルとなったCX-5がありますが、そのコンパクト版、プラットフォームはデミオと共通しているので、大きいデミオ、と言った成り立ちです。

コンパクトSUVと言うカテゴリにはなりますが、プレミアムコンパクト、と言った一面も備えているCX3XD・FF・Lパッケージ、オプションテンコ盛りの最上級仕様と呼べるものに試乗しました。

CX3の全高は1550㎜


全長x全幅x全高:4275x1765x1550mmと幅はややありますが、ルーフの高さは1550mmで機械式駐車場にも収めることができるサイズ設定になっています。

カタログやサイトのイメージビジュアルでは18インチのアルミホイールでまるでコンセプトカーのままのようなデザインを推していますが、16インチのベーシックなモデルもあります。

冬季にスタッドレスを用意する必要のある方は16インチを選べるということもポイントかも。

Premiumコンパクト

ヤングファミリーや、子育てを終えて少しコンパクトなクルマに乗りたいミドル~シニア年代においても1台で色んな使い方をカバーできるクルマ、大型車ではないけどプレミアム感があって先進性と安全性が高い、と言う部分がセールスポイントです。


新車価格は237~302万円;+オプション代、デザイン重視でデミオと同じようなインパネではありますが、合皮や本革の内装のグレードは高級感があります。

デザインの弊害として、後部座席の窓が高い位置にあるので、後方と斜め後方の視界があまりよくないですね。

使い方をイメージしておいたほうが良いのはリアシートの使用頻度と荷室空間の使い勝手について、常に4名乗車の方はCX-5でないと厳しいかもしれません。

後は大型のベビーカーを積むとかに対応できるかは現車で確認しましょう。

パワフルなディーゼル

1.5Lディーゼルターボというデミオと同じものを搭載していますが、6ATも同じです。

デミオに比べて重くなった分のチューニングの変更としてトルクを2㎏増強しています。

エンジン音はディーゼル特有のものではありますが、2015年末に年次改良され、それまでオプションだったナチュラルサウンドスムーザーが標準になってエンジン音がやや静かになっているとのこと。

室内での騒音はデミオに比べるとだいぶ良くなってはいるように感じます。

街乗りではやや固い足回りですが、峠や高速では良いフィーリング、乗り心地の硬さはアルミが18ンチであることも要因と思われるが、ベースグレードが履いている16インチでちょうどいいのかもしれません。

4WDの設定もあり、必要な時に自動で4WDになるタイプで常に後輪に駆動力を少しかけているオンデマンドタイプで、雪国などであれば必要に応じてチョイスしてもいいかもしれません。

ディーゼルは燃費は良いけどちょっとうるさいか


燃費性能はデミオの26.4km/Lに対して、CX3は23.2km/L、一回り大きなCX5は18.4㎞/Lなので、ベースとなる性能は結構高めです。

街乗りでも15㎞/Lくらいは走る印象で、軽油の燃料代の安さもあってサイクルコスト的にコンパクトSUVとしては優秀と言えます。

ライバルとなるのでホンダヴェゼルのハイブリッドモデルか、輸入コンパクトSUV、と言ったところになりまそうです。


ただし、ヨーロッパ製のコンパクトSUVと比べると、遮音・静粛性能において負い目があります。

マツダはエンジン音を車内に聴かせるチューニングをしている、と言いますが、CX3のそれは騒音の方が多いです。

乗り心地や静粛性、快適性では輸入SUVには及びませんが、安全装備などについては一通り着いていて、内装の見た目の質感などはかなりレベルが高いと思います。

ぜひ実車を見て、欧州車と比較してみてください。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ