【スクープ】ステップワゴンフルモデルチェンジ2021わくわくは終わった←わくわくゲート廃止決定

今回のスクープは2021年10月ステップワゴンのフルモデルチェンジと、わくわくゲート完全廃止決定のスクープです。

現行型ステップワゴンはそろそろ生産終了、年内在庫で現行型5代目の販売終了見込みですね。

このオリンピック開会式のための4連休に販売店に情報が回ってます。

モデルチェンジの流れ

新型ステップワゴン・モデルチェンジのタイミングとしては、2021年10月を計画しており、ディーラーにはもう情報は回り、上得意客には案内も始めているディーラーもあるもよう。

2022年春説もありましたが、後手に回りそうで焦っているのかもしれません。

時期的には2021年秋と伝えることが多く、ディーラによってはとりあえず年内にモデルチェンジします、と幅を持たせているケースもあります。

本来は2021年10月計画でしたが、半導体の生産遅れや長引くコロナ渦、オリンピック後の社会環境などの変化・リスクを懸念して後ろにズレる見立てもあるとか。

5ナンバーミニバンのセレナ・ノア・ヴォクシーなどのライバルのフルモデルチェンジより先手を取りたいらしく、2021年中にはどうしても発表したい思惑もあり、2022年のモデルチェンジに先延ばしはしたくないみたいです。

ライバルであるノア・ヴォクシーはホンダセンシングより格段に劣る自動ブレーキ系の装備ですが、ノア・ヴォクシーがモデルチェンジでセーフティセンスのレベルが上がっちゃったらもはやホンダでは太刀打ちできない。

セレナもプロパイロットにイーパワーでモデルチェンジでワンランク上の別物になられたらホンダとしては困っちゃう。

フリードとの統廃合もうわさされていましたが、フリードは地道に販売を伸ばしシエンタを逆転、中古でも良い意味での存在感を示しています。

フリードとの統合は無く、上手く売り分けて行けるとの判断ですね。

そして忘れてならないオデッセイのマイナーチェンジから1年経たずに販売終了(笑)という事件。

迷走を極めているようなホンダの日本国内販売戦略ですが、焦りもあるのか、なんとか新型ステップワゴンを2021年内に、と言う感じのようです。オデッセイの穴を埋めさせたい狙いももちろんあるようです。

2021年のオデッセイの販売終了の時には、

2020年10月のマイナーチェンジ

2020年12月には販売店にオデッセイ販売終了の噂が流れ顧客に伝わり始め

2020年1~2月には多くの販売店でオデッセイの販売終了の知らせが回っており既存客がほぼ既知のことになり

2021年3月に販売終了の通達を全店にした、とホンダは2021年6月の公式リリースの時に伝えたと言っていますが、現場は実際のところもっと早く案内をしていました。

矛盾が多く、混迷と迷走の極み。ステップワゴンでもきっとそうなるので、正直なところ、現場に情報が降りてるのにリリースは年内ギリ、発売は2022年春になんとか、ってことも有り得そうです。

ステップワゴン現行型の現状

ステップワゴンの現行型は2015年にモデルチェンジし販売低迷、2017年にグレードの推しをスパーダにするスパーダ顔を中心にマイナーチェンジ、そして2020年にはわくわくゲートレス仕様を拡大するなど、していました。

そして、販売低迷に陥った根本的な原因が、デザインとわくわくゲートというオチです。

すべてのグレードの顔をスパーダにして、もうちょっとエアロとかアルミとかで差別化すればよかったのでは?と思われます。

ステップワゴンには一定のファンは要るものの、ハイブリッド推しにして価格が思いの外上昇していました。

e:HEV SPADA G・Honda SENSING は342万円~となっており、走りは良いのですが、価格に見合うかと言われると微妙。

現行型では性能や使い勝手としてセレナやノア・ヴォクシーにアドバンテージあったとしても、微妙に高くてダサいと言われて売れなけりゃ意味がない。

1.5リッターターボのベースグレードはスパーダのようなエアログレードに比べて見劣り感があるし、結果的に大幅な値引きが期待できるとかでないと売れない状況になっていたとも言います。

中にはわくわくゲートが(視界に)目障りだから他の車買うわ、というユーザーも一定数いたみたいで、2020年1月にわくわくゲートレス仕様を急ごしらえで作るなどそちらも迷走。

販売低迷に伴い、早いモデルチェンジも望まれていたようです。

わくわくゲートは完全廃止

2020年にわざわざわくわくゲートなし仕様の1枚で上に大きく開くオプションを追加したように、使い勝手の悪さから不評だったわくわくゲートは廃止になる可能性が言われています。

横開き、結構使い勝手悪くないんですけどね。

乗り降りだって、収納だってけっして悪いわけではない。

セレナがガラスハッチ部分のみの開閉が出来たり、ノアは1枚で上に大きく開くだけ、ではステップワゴンは横開きにもなる!と気合を入れて作った新機軸の装備が不評、そして販売の足を引っ張る始末。

スマートデジタルインナーミラーの普及が早ければ、もっと安ければ、ミラーに写る柱一本視界から消せれば、ってことです。

工夫やアイディアは素晴らしく、一歩先を行くような部分もありますが、いかんせん煮詰めが甘くて先走り感がある時があります。

ホンダらしくて良いなと思うのですが、次期ステップワゴンでは廃止とのことのようです。

追記・追加画像:2021/11時点で一部のディーラーでは廃止確定情報を乗せていたりします。

ステップワゴンまもなく生産終了につき、次期モデルチェンジにつき「わくわくゲート」は今しかない、という事は…

オマケ シャトルのモデルチェンジは?

新型シャトルのモデルチェンジはどうなったのか?

ホンダ2021年のモデルチェンジ計画にシャトル(フィットシャトルの後継よ)があったはずでは?と言った声もありますね。

フィットのフルモデルチェンジから多少のタイムラグでモデルチェンジするのが通常のところですが、ステップワゴンが先(断言)です。

シャトルは2021年のモデルチェンジでステップワゴンの発売から少し落ち着いてから、発表とのことです。

2021年は新型ヴェゼルのリリースでパクリ疑惑からの大ヒット1年待ち、オデッセイとS660などのホンダを象徴するモデルの廃盤発表、販売終了・生産終了となりましたが、ステップワゴンで再び明るい話題を振りまけるかどうか、楽しみです。

続報をお待ちください。

※発表・販売開始の時期などは社会情勢などで変更になる可能性もあります。

追記:2021年9月28日現在新型ノア・ヴォクシーの早期ご予約を開始しているディーラーもあるようです。ステップワゴンも後れをとることなくリリースして欲しいものですね。

追起その2:2021年11月18日ホンダディーラー店頭のポップでステップワゴンの年内生産終了のエビデンスとなる情報を発信しています。

わくわくゲートは今しかないという情報で、新型ステップワゴンでは廃止になる情報も追加で掲載しています。

Follow me!

【スクープ】ステップワゴンフルモデルチェンジ2021わくわくは終わった←わくわくゲート廃止決定” に対して2件のコメントがあります。

  1. a より:

    タイトルは「廃止決定」、本文は「廃止とのことのようです。」
    はい、釣られました。おたくの続報待ってないから書かなくていいよ

    1. caranddrive1 より:

      ブログに目を通して頂き、わざわざコメントもありがとうございます

      タイトルと文末の表現に関してのご指摘もありがとうございます

      続報に関してはタイミング次第ですので、当たりハズレでご評価頂ければと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です