新型カングー2023-ダブルバックドア全開オープンする手順と注意点

1ページ目の続き

ベルランゴに引っ張られた?

カングーは輸入商用車ベースのミニバンとして磐石の地位を築いておりました。

ほぼ寡占状態とも言えるニッチなジャンルのシェアをカングーが独り占めしていたようです。

そこに現れた刺客、シトロエンベルランゴとプジョーリフター。

モデル末期のカングーで自動ブレーキ系の安全装備が付かないなどで失速、特にベルランゴにシェアをガッツリ奪われたとか。兄弟車のリフターはイマイチ売れていないらしい・・・

プジョーはシトロエンとの棲み分けで高級路線を目指していることもあって、リフターよりも3008や5008を売りたいと言うのもあるのでしょう。

そんなベルランゴにシェアを奪われたものの、いわゆる輸入ミニバンの選択肢が増えたことにより、人とはちょっと違うモノを求める層の目に留まりやすくなったという、市場そのものがニッチなゾーンから拡大傾向にもあるようです。

アウトドアやスポーツ、アスレジャー的な要素、キャンプや車中泊などに活用できるという魅力を訴求しているようで、それはカングーでもベルランゴでも同じ路線だったりします。

丸被りなディーラーオプションもあったりして、その代表がカーサイドエアフレームタープとかね。

カーサイドエアフレームタープ
APPU1-KC272ZZ

カーサイドエアフレームタープ

本体ナイロン生地100%、ブラウン/ブラックのツートーン、ルノーロゴフラッグ付

タープ本体、エアポンプ、コネクションシート、ペグ、ロープ、補修キット、各収納袋

タープ本体寸法:横約2.5mX縦約2.5mX高さ約1.8m(高さについては、フレームカーブ手前迄の高さ)重量約10キロ

タープ本体寸法:横約2.5mX縦約2.5mX高さ約1.8m(高さについては、フレームカーブ手前迄の高さ)重量約10キロ
収納サイズは約340mm×340mm×530mm

カングーのDOP:ディーラーオプション 商品価格:¥93,500 (税込) PIAAの各自動車ブランド向けのOEMと言うか、別注品のようなので、品質も信頼できるかも。

じつはコレ、ベルランゴやリフターに用意されるカーサイドエアフレームタープと同一もののようです。

ベルランゴ カーサイドエアフレームタープ

ベルランゴとリフター用のモノはVer2へとアップデートされて12.5万円程度となっていて、ちょっと値上がり、ルノー向けも時期を見て新商品に更新されるようでもあります。

ベルランゴに装着された状態の展示車は以前見てきたので、フィッティングや見栄えの良さは間違いなさそうですね。

PIAAのOEM的なディーラーオプション、輸入メーカー別注品も安くはないものの、生活を彩りそうなアイテムとして注目を集めていて、どうせならフィッティングも良い純正っぽいものの需要が高いようです。

モノとしてはロゴ部分変えただけな感じですが、どちらも注目のアイテムだったりします。

ちなみに、ベルンランゴとリフターはリアハッチゲートは縦に開く一般的なタイプですが、ガラス部分のみ開くガラスハッチを採用していてそっち系で使い勝手向上を図っていたりします。

7人乗りとマニュアルと

カングーは7人乗りの設定はありません。

対してベルランゴとリフターは一気呵成にマーケットシェアを奪いに来てて、7人乗りも日本に導入開始となっています。

ベルランゴとリフターは1.5Lディーゼルターボのみで、オートマは8速もあります。

カングーはガソリンとディーザルが選べて、オートマは7速のデュアルクラッチタイプです。

旧モデルではカングーのマニュアル比率は30%程度もあったとも言われており、マニュアル車を望む声もあり、逆にベルランゴとリフターではマニュアル車の導入の可能性は皆無とも言われていま。

MTは導入濃厚か

そんなこんなで、カングーにはいずれマニュアルモデルの導入もありそうです。

そこら辺はユーザーの好みに応えてくれるのでしょうが、導入時期は未定のようです。

その他カングーには他のルノー車に採用されているマイルドハイブリッドモデルの設定や、EVバージョンの追加なども可能なようで、ユーザーの要望、世論の風向きなどを鑑みて然るべきタイミングで意表を突いたモデルも登場する可能性があるようです。

まとめ

新型カングーのダブルバックドアの操作方法を中心に、ラゲッジの使い方のオシャレイメージを解説しました。

ベルランゴとの比較や対比というのも面白いモノです。

実際カングーの展示車をチェクしたり、なんならガソリンもディーゼルも両方試乗していて、乗り味などもインプレッションとしてブログにしていけるのですが、まずは、カングーと言えば観音開きだなってことで、その荷室についての魅力を最初に記事かしています。

展示車でチェックするときの参考にでもなれば幸いです。

どんな風に活用しオシャレなアレンジをしよっかなぁ♪と妄想する時間も楽しみになる、そんなライフスタイルカー、いいですよね。

善き車選びを!

Follow me!

さてさて、2023年も引き続き納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年となっていますね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ