HONDA新型ZRV(2022)先行展示車光った?内装〇〇ライト、やはりヒントはシビックDOPからの想定される価格帯


※当サイト内アフィリエイト広告等が表示されます


1ページ目の続き

内装・インテリアの画像多めで解説続きます。

リアルな内装の内見風

かなりリアルに乗り込んだ時のイメージとしては、運転席周りはシビック、ヴェゼルとの共通の世界観を感じます。

シビックのインテリアは以下

シビックハイブリッドのインテリア

だからシビッククロスオーバーにしておけば…と思う所です。

兄弟車だってわかりやすいし、車格も分かりやすいシビッククロスならねって。価格が高くなってもシビックとの連続性でしぶしぶ納得できるでしょう。

細かな間違い探しをすると、シフトスイッチの配置、ドリンクホルダーの縦配置か横配置か、エアコン吹き出し口のツマミの形状、ドアパネル・ドアハンドル全体のデザインが違います。

同一と思われるものが、ステアリング、ナビ、エアコン周り(微妙に違うかもしれないけど)ペダルとペダルカバーなどなど。

ペダルは細かいけどシビックと同一でしょうか。

エアコンは微妙にスイッチの意匠が違うかも。

リアシートのセンターからフロントを見渡した画像。

シフト周りのフローティングした感じは、ここ最近のトレンド。

ブラック内装

フローティングセンタースタックなどの浮いた感じのセンタコンソールの元祖は近代ではVolvo:ボルボとかかなってところで、日産ノート・エクストレイルなどにも採用があるので、ここ最近はおなじみかも知れません。

特にZRVのライバルたり得る日産のエクストレイルとはガチンコですし、目新しさで負けるわけにも行かないでしょう。

リアからの眺めはシートバックが大きく、視界は広々ではナイかなぁ

マルーン内装のシートバック

フロントシートの快適性にステータスを振っているのかもしれません。

かと言ってリアシートが狭いってことも無いのがホンダの美点でしょうか。

足もと空間はおそらくヴェゼルよりも少し広いはずです。

全体を見渡して水平ラインでノイズを失くしている的な感じでしょう。

空間的な心地良さとある程度のリアシート広さとの両立でしょう。

以前のブログにも取り上げたように、荷室とのバランスもあり、乗員と荷物のキャパはヴェゼルより一回り余裕がある感じです。

ヴェゼルは数値化を避けてアピールしてましたが、ZRVでは良い数字であればガンガン出してくるかもしれません。

気になる価格

さて、ここまで内装の仕立てが同じだと、価格もシビックに準ずるものになりそうですよね。

シビックの価格帯としては・・・

現行シビックはおおまかに中間グレードの1.5Lターボが350万からで、ハイブリッドのe:HEVで400万位のイメージです。SUV化に当たっては質素にしたりチープに素材をランクダウンしたグレードを無理矢理は用意しないでしょうから、プラス50万くらい? よって、400万円くらい~になるでしょう。

シビックが高くなってしまっているので、ZRVも合わせて高くなります。

ZRVも一応ガソリンモデルを用意して、399万円~と必死に300万円台をアピールするかもしれません。

上位グレードにはアンビエントランプが付いて、下位グレードは省いたり、プレミアムオーディオを設定してもBOSEライセンスではなくホンダ自社製プレミアムオーディオに留める可能性もあるかしれませんね。

ナビについては強制的にホンダコネクトディスプレイになるかも注意点になるかもしれません。

華やかな(当座の)フラッグシップSUV

新型ZRVは、アンビエントランプのような間接照明に、レザーシートで2色用意するなど、CR-Vが日本廃盤になる中では当座フラッグシップになるかもしれません。

ボディサイズや車名でクラス感的に迷走しそうでもありますし、サイズの割に高い、と言うことにもなりそうなので、今後の情報に注目です。

マツダなんかはCX60と言うデカくて安いと言うヒエラルキーキラーを登場させようとしているので、そちらからの影響もあるかもしれません。

CR-Vが廃盤→復活となるかなど、日本向けのラインナップが危うい時期の救世主になるかも期待ですね。

Follow me!

まずはお気軽にネットから♪ 楽天Car試乗

さてさて、2023年も引き続き納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年となっていますね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢が増えてきています。

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

その他にも、『一括査定は電話なりやまねーぞ!』 でおなじみの? やりとりするのは高額査定の3社(最大)のみといった2度目に選ばれるサービスだぞ!とPRするところももあります。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

ここまでの選択肢を検討し尽くせば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ