新型ZRVやはりシビッククロスにした方が…日本仕様マセラティ風グリル採用結局ホンダアプリセンター終了で不発に終わるかもよ

ZR-V日本仕様公開

ホンダは年内発売予定の国内仕様モデル、ZR-Vのティザーサイトを公開、日本仕様のデザインを公開しています。

ZR-Vティザーサイト https://www.honda.co.jp/ZR-V/new/

2022年秋を発売日として設定、発表は恐らく10月頃、先行予約の開始は9月との予定となっています。

日本ではZR-Vとして売り出していくようですが、カローラもクラウンもクロスしている時代、シビックもシビッククロスとかシビッククロスオーバーとかにネーミングをしておいた方が、解り易かったろうに、と思います。

奇しくも新型クラウンクロス―オーバーは7月15日に公開など、タイミングがZR-Vに近いですね。

ホンダは時に逆張りするし、オオコケする時も有るので、ZR-Vという車種やサイズを一般的に想像しにくいネーミング、受け入れられるか心配ではあります。

見落としがちなディティールやグレードなど最新情報もブログで解説していきたいと思います。

外観デザインと現状判明しているグレード

ZRVの先行公開サイトにおいてメインビジュアルを飾っているのは、ボディーカラーがプレミアムクリスタルガーネット・メタリックの物で、e:HEV Z(4WD)のグレードの車両デザインです。

e:HEV Z(4WD) ボディーカラーはプレミアムクリスタルガーネット・メタリック

プレミアムクリスタルガーネット・メタリックはホンダクラリティフューエルセルで採用のあった色だったかしらね。

クラリティ-FUEL-CELL-プレミアムブリリアントガーネットメタリック

やや深みのある赤ですね。影となる部分はかなり深みのある色となり、コントラストの効いた抑揚をもたらすお色となります。

タイヤの上のフェンダーのモールはZグレードだとボディ同色になります。

e:HEV Z(4WD) ボディーカラーはプレミアムクリスタルガーネット・メタリック

その他のグレードもホンダアクセスのドレスアップラインとして用意されるホンダ純正アクセサリーPremiumStyleとして紹介されているページに、e:HEV X(4WD) 純正アクセサリー装着車の外観画像がありまして

e:HEV X(4WD) 純正アクセサリー装着車 ボディーカラーはプレミアムクリスタルガーネット・メタリック

グレードがX、e:HEV X(4WD)となっていて、タイヤの上のフェンダーモールが黒い無塗装樹脂となっている感じです。

アルミは勢いのあるデザインの物が奢られているでしょうし、フロントバンパーリップとサイドステップ部分はシルバーのガーニッシュ入りの物が装備されていますが、これらはプレミアムスタイルのドレスアップアイテムの可能性もありますので、ノーマルのXだとブラックの樹脂仕上げかもしれません。

Zグレードの方がスポーティで上位グレード、Xがベースラインとなると言うのが公開された最新情報から解りますね。

ちなみに4WDとあることから、e:HEVに4WDが組み合わせています。

同等のユニットを積んでいるヴェゼルには4WDの設定があって、シビック、ステップワゴンにはハイブリッドで4WDの設定はナシ、4WDが必要ならガソリンエンジンを選ぶか、SUVを選ぶか、みたいな感じで作り分けをしているようでもあります。

日本仕様はマセラティ風バーティカルグリル

以前に外観の公開された情報から読み解くものとして、似ている車をいくつか挙げています。

北米仕様のZRVに関しては、ランボルギーニウルスや、ポルシェカイエンのフロント、サイドビューやリアはアルファロメオステルヴィオなんかが近いとお伝えしていました。

高めの位置にあるシャープなヘッドライトと、低めに開いたグリル、似てくるのも仕方が無いところではありますが、今回の日本仕様ではマセラティギブリの縦バーグリル・バーティカルグリルのテイストを入れてきました(笑)

日本向けにはマセラティっぽい縦バーグリル

この縦棒のグリル、元ネタはマセラティに採用されていてブランドのアイコニックな部分でもあって

マセラティギブリのフロントデザイン

バーの数もホンダが12本、マセラティが10本、まあまあマセラティっぽさも入れ込んできているような感じです。

ちなみにZR-Vのグリルの中を良く見ると、フロントカメラとクリアランスソナーが備わっているのが解るので、360度モニター・アラウンドビューモニターも装着されるのでしょう。

センターにカメラ・グリルの脇にクリアランスソナーが見えます

ZRVのフロントグリルのバーティカルバーにメッキの加飾でドレスアップしてマセラティに寄せて行くドレスアップとか、出来そうだわね。

アルファロメオステルヴィオのシルエットやボディラインに近いのもあるので、今回の新型ZRVに関してはイタリアンな感じで攻めるのかも。

別角度でも中々に似ていると思うのよね。

ZRV:e:HEV Z
マセラティギブリ

ちなみにマセラティレヴァンテはMazdaCX8やCX5とも顔周り似ていたりします。

HONDA ZR-Vもイメージカラーはレッド、イタリアンなカラーでもありますね。

インテリア・内装の画像、ホンダコネクトディスプレイの危うさDOP:ディーラーオプションナビが用意されるかどうかなどで今後の評価が変わりそう…大失敗のリスク、そして逆転の可能性など、詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ