新型ランディ(90系 新型ノアOEM)は誰が買うの?謎の需要と実は割安かもしれないグレード装備の比較

スズキランディと言う車

2022年8月に新型に切り替わり発売開始となる、スズキのフルモデルチェンジ版新型ランディ。

OEM元のベース車種が日産セレナ(C27)からトヨタの新型ノア(90系)に切り替わることで話題に。

C27セレナ⇒90ノア

そもそものランディ自体が超マイナーで、果たして誰が買うの?乗るの?と疑問に思う方もいますよね。

ブログで解説していきます。

ランディの販売台数の想定

超マイナー車種と言われるランディ、セレナ時代の販売台数は、年間に700台程度と言います。

七百ですからね、七千ではなく、それも、月 ではなくて、年 ですからね?

月にすると50~60台じゃからね。

いくらバッジ違いでスズキにそぐわないとサイズや価格と言えども、モノとしては5ナンバーのミニバンの売れ筋車種セレナのハズなんです。いくら軽自動車メーカーのイメージが強いとは言え、普通車売れなさ過ぎでは??

セレナランディ

ここまでマッチしないOEMとは…となりますが、10数年歴史は続いています。

ランディの想定ユーザー

歴々セレナのOEMを受けてスズキランディとして販売していたのですが、果たして誰が買うのか、買っていたのか。

5ナンバーのミニバン(ノアヴォクシーベースだから新型ランディは3ナンバー前提ですが)でサイズもそこそこの多人数乗車としての成り立ち、ファミリー向けは間違いない。

でも、スズキでわざわざ買わず、(これまでのランディなら)日産でセレナ買うわよね。

スズキで買うのであれば、ソリオやスペーシアをファミリーカーとして買うという選択になるだろうし。

それでは、誰が買うのか気になりますね。

なんと、買う人は

購入するのは・・・スズキの役員、社員、などなどです。メインは関係者ですね。

一般ユーザーで買う人は超レアで、スズキの販社と個人的・法人的に取引があって付き合いで買う人もいなくも無いかもしれないけど、それも極小数派のようで。

自車買い、自爆買いなのか?とイヤイヤかと思いきや、むしろ逆、嬉々として買っているようですね。

と言うのも、スズキのディーラー勤務であれば、乗る車は必然的にスズキ縛りになるのですが、お子さんがいるなどファミリータイプで荷室にも余裕のある車格の車がススキに少ないこともあり、ミニバンにしたけりゃランディコースという流れがあります。

2022年8月8日新発売ノアランディ

選択肢ないし、まぁ、(従来までなら)セレナでイイか!と、なる。

そして、スズキのお偉いさん達役員や本社の方々などは、それなりに立派な車、だがしかし、スズキに限る!となり、以前まではスズキのキザシという、パトカーか覆面かスズキの関係者かしか乗らないと言われるレベルの普通車を寵愛していたものの、廃盤になってしまって後釜にはランディとなると。

スズキのかつてのフラッグシップ:キザシ(KIZASI)見たら警察車両だと思え、とのハナシ

年間の販売の多くをスズキの役員、所帯持ちのミニバンを欲する社員たち、との説も有りますね。

それが年間700台規模の販売のどの程度を占めるのか、興味深いところです。

セレナランディにくすぶっていた不満

セレナは歴々スズキにOEM供給されていたものの、3代目ランディになった時のセレナC27モデルの2016年以降のモデルでちょっとした物議が有りまして。

セレナにメーカ―オプションなどで装着されたプロパイロット、スズキ向けには設定されなかったんですよね。

時代の流れとしては当時はACC:アダプティブクルーズコントロールやステアリングアシストなどは先駆的な物で輸入車などの先進的な装備だったりして国産では採用は少なく、ニッサンは同じような機能ではあるものの、自動運転を連想させるネーミング(具体的にはテスラのオートパイロットに似せて)でインパクトを残すことに成功しています。

スズキのOEMには頑なにプロパイロットエディションは設定させず、ニッサンの独占としたかったとかなんとか。

スズキとしては自社のクルマでもACC:アダプティブクルーズコントロールを徐々に拡大してきている中で、セレナは逆に機能面でも取り残されるようにもなって来ていた感じです。

日産からセレナに乗り換える決定的な理由ではないとは思われるものの、じっさいプロパイロットの付かないセレナであれば、最新世代のノア・ヴォクシーに対してアドバンテージはなくなっているとも言えそうです。

さらには、2022年にはさりげなくセレナはモデルを終了させようとしていて、しばらく時期C28セレナのフルモデルチェンジ版登場まで間が空きそうでもあります。

諸般の事情、その他にもスズキとトヨタの協業体制の強化などもあって、セレナを切ってノアになったということです。

新型ランディの装備と価格差の内訳を分析、装着不可のオプションなど、詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ